FC2ブログ

category: この本、絶対に読むべし  1/4

人口で語る世界史

No image

人口で語る世界史 単行本 – 2019/8/29 Paul Morland (原著), ポール モーランド (著), 渡会 圭子 (翻訳) 内容紹介人口を制する者が、世界を制してきた──ロンドン大学・気鋭の人口学者が、“人口の大変革期”に当たる直近200年を叙述。 「人口」×「歴史」を交差させた、全く新しい教養書の誕生!・産業革命のもといち早く人口を増加させた英国は、植民地政策のもと世界の覇権を握った ・猛追するドイツとロシア。人口膨張へ...

  •  closed
  •  closed

『暴力が支配する一触即発の世界経済 』 ★ 元経済ヤクザが明かす「仁義なきマネー戦争」の実態

No image

『暴力が支配する一触即発の世界経済 』 元経済ヤクザが明かす「仁義なきマネー戦争」の実態 内容紹介【大反響につき発売前重版】! ! !元経済ヤクザが明かす「仁義なきマネー戦争」の実態世界再編が始まった!「食うか食われるか」の国際金融は「黒い武器」「黒いカネ」「黒い水」の3つで決まる! !2013年から一体、世界の「何」が変わったのか?グローバルに暗躍する“極道の男たち"の狙いを大開帳!【本書の内容】第1章 巻き起こ...

  •  closed
  •  closed

★注目記事⇒【岩波書店問題】 『紫禁城の黄昏』 映画「ラスト・エンペラー」が大ヒットしたので、岩波書店が岩波文庫として刊行.。しかし著者のスコットランド人宣教師が、日本の満洲国の統治、日本軍の治安への貢献を絶賛してる部分はすべて削除。さらに意図的に「誤訳?」して原文とは正反対内容にすり替える。これが岩波書店です

No image

イギリス人のレジナルド・ジョンストンと いう人が書いた『紫禁城の黄昏』(Twilight in the Forbidden City)という書籍は戦後長らく世界中で再出版されませんでした。 東京裁判でも貴重な資料として提出されたのですが、日本を猛烈に擁護しているので却下されたのでした。 しかし映画「ラスト・エンペラー」が大ヒットしたので、岩波書店が岩波文庫として刊行したのです。 ところが、この岩波文庫ではシナという国のあり方を説明...

  •  closed
  •  closed

安岡正篤『人間を磨く』を読む★「人間を知らない人間の作った世界」の不幸から人間を救い出すために。

No image

■■ Japan On the Globe(1111)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 国柄探訪 : 安岡正篤『人間を磨く』を読む「人間を知らない人間の作った世界」の不幸から人間を救い出すために。■転送歓迎■ H31.04.28 ■ 50,167 Copies ■ 4,584,111Views■無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.「無意味な読物、音楽鑑賞、映画見物などが病癖になって」  最近の電車の乗客は10人中8、9人は携帯を覗いている。音楽を聴いている人...

  •  closed
  •  closed

【この本 読むべし】ルトワック(著) 「日本4.0 」 国家戦略の新しいリアル (文春新書) 新書 2018/9/20

No image

「日本4.0  国家戦略の新しいリアル 」 (文春新書) 新書 2018/9/20 Edward N. Luttwak (原著), エドワード ルトワック(著), 奥山 真司 (翻訳) 内容紹介内戦を完璧に封じ込めた「1.0」=江戸、 包括的な近代化を達成した「2.0」=明治、 弱点を強みに変えた「3.0」=戦後。そしていま、日本は自ら戦える国「4.0」に進化する!世界的戦略家による緊急提言!日本に核武装はいらない。 必要なのは「先制攻撃能力」と「作戦実行...

  •  closed
  •  closed

【この本 読むべし】ルワンダ難民救援隊ザイール・ゴマの80日★我が国最初の人道的国際救助活動

No image

ルワンダ難民救援隊ザイール・ゴマの80日 我が国最初の人道的国際救助活動新書 2007/4/25 著者:神本光伸発行:内外出版発行日 2007/4/25 ■目次はじめに第1章 派遣準備 1.難民発生の経緯  2.派遣準備は誰がやる  3.出発までに悩んだこと第2章 編成完結からゴマ到着まで  1.部隊の編成  2.派遣準備からゴマへの移動 第3章 活動基盤の整備  1.ゴマ地区について  2.合い言葉は「直線・直角」と「部隊...

  •  closed
  •  closed

【この本 読むべし】 英国スパイ物語 (中公選書) 単行本

No image

英国スパイ物語 (中公選書) 単行本 2018/2/21 内容紹介 ボーア戦争からはじまるイギリスの20世紀は、二つの世界大戦とロシア革命への対応を柱に、一大情報戦争の時代でもあった。それを現場で担った情報機関と、闇にかくされたスパイの群像を多くの史料をもとに、本書は詳しく追っていく。 敵の組織に潜入して情報を得るために彼らが行った手法の数々、相手を欺くため周到な準備のうえに行われた大がかりな秘密作戦の全貌。...

  •  closed
  •  closed

【この本 読むべし】THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき) 単行本 2013/8/26

No image

THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき) 単行本 2013/8/26 アレン アイルランド (著), 桜の花出版編集部 (編集), Alleyne Ireland (原著) 内容紹介植民地研究の第一人者の日韓併合分析。20世紀初頭の朝鮮半島の真実が語られている。 本書冒頭で、北東アジアにおける朝鮮の地政学的重要性について、「近東におけるトルコ、大英帝国におけるエジプト、あるいは米国におけるパナマ運 河地域が重要なの...

  •  closed
  •  closed

【この本 読むべし】差別された韓国で気づいた ふるさと日本  単行本 2018/5/8

No image

「差別された韓国で気づいた ふるさと日本 」単行本 2018/5/8 金田正二 (著) 【店内全品5倍】差別された韓国で気づいたふるさと日本/金田正二【3000円以上送料無料】価格:1188円(税込、送料別) (2018/12/23時点)楽天で購入内容紹介日本のために尽くすことこそ在日の生きる道韓国の大学で学び、兵役にまで就いた在日朝鮮人3世帰化人の著者が、ニュースの表面からは決して見えてこない韓国・北朝鮮情報の裏側、在日問題の真実...

  •  closed
  •  closed

【この本 絶対に読むべし】山岡鉄秀『日本よ、情報戦はこう戦え!』​新刊本

No image

★山岡鉄秀『日本よ、情報戦はこう戦え!』新刊本、ご紹介。 新刊本、ご紹介。◆山岡鉄秀 『日本よ、情報戦はこう戦え』の詳細、Amazon購入はこちら↓ ↓ ★本書の主な構成はこちら★ ・情報戦は「総合格闘技」だ ・情報戦が世界一苦手な民族・日本人・優位戦の議論と劣位戦の議論を峻別せよ ・議論する相手の性質を見極めよ ・内なる敵を克服せよ ・即時性の重要性を理解せよ ・カウンター・ナラティブを英語でつくれ ・情報戦に勝...

  •  closed
  •  closed