category: 中国問題  1/16

劉暁波氏――中国が消せなかった人

■やはり、英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません■これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で...

  •  closed
  •  closed

【中国の犯罪】「未婚女性は30万人から50万人ぐらいが中国に強制連行された」ウイグル人らが人権弾圧の実態を報告

■英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません■これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英...

  •  closed
  •  closed

■■ 国際派日本人養成講座 ■■米国はシナの経済発展を助けることで、世界に牙を剥く虎を育ててしまった。その虎から、どう世界を守るのか。

No image

この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m↓国際政治・外交 ブログランキングへ■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまっ...

  •  closed
  •  closed

Students for a Free TIBET Japan★『中国はいかにチベットを侵略したか』 マイケル ダナム著 (講談社インターナショナル)

No image

この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m↓国際政治・外交 ブログランキングへ初めは友好的に振る舞い、そのうち暴力的になる。既成事実を周到に積み重ね、不条理を条理とする。これが彼らの常套手段だ。中国の侵略の実態。多くの民衆が多くの民衆が、手足を切断され、焼かれ、死んでゆく中、不気味な力に勇敢に立ち向かったチベットの戦士たちが伝える警告の書。-それはさながらこの世の地獄だった。1956年は...

  •  closed
  •  closed

【中国】定員オーバーで閉まらぬエレベーター&クレーム専門レジ&水洗トイレで洗濯…真珠湾慰霊で見えた中華帝国の正体

No image

この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m↓国際政治・外交 ブログランキングへ教室からイデオロギーを排除し、国家を愛する若人を育て上げてくれている福岡教育連盟・機関紙のコラム(平成28年12月号)と、米ハワイ州真珠湾における安倍晋三首相&バラク・オバマ米大統領の慰霊演説の内容が、小欄の頭の中で一つに重なった。コラムは補足すると、次のような内容を記していた。 《台湾への修学旅行の折、高...

  •  closed
  •  closed

【日本人に擬態する中国人】国外で「私は日本人だ」と偽る中国人留学生たち 「chinese」という言葉は「蔑む言葉」だ

No image

日本学生支援機構によれば、2015年度に日本が受け入れた外国人留学生のうち、中国籍の留学生は全体の45.2%を占めた。 日本と中国は地理的に近いうえ、中国は人口も多いこともあって、日本で学ぶ留学生の多くが中国籍の学生だったということになる。 また、米国の一流大学においても中国人を中心としたアジア人学生が急増しているとの報道がある一方で、中国人留学生たちはカンニングなどの不正が多いとの指摘があるのも...

  •  closed
  •  closed

「人口侵略」という中国共産党の長期戦略

No image

東南アジアへの中華圏の急速な拡大  2014年10月~12月にカンボジア、ラオス、タイを周遊した際に夥しい数の中国語の看板に圧倒された。ギリシアのロードス島で中国人の小売業の展開に気付いてから外国を歩いているとなにかしら“中華経済圏の世界的拡大というトレンド”が知らないうちに急速に進行しているのではないかと常にモヤモヤと潜在的な脅威のように感じてきたのである。  インドシナ半島のこれら三カ国では中国系銀行や...

  •  closed
  •  closed

通州事件 目撃者の証言

No image

通州事件 目撃者の証言 (自由社ブックレット5) 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/7 藤岡 信勝 (著) 内容紹介1937年7月、通州で、支那人の保安隊と学生による日本人居留民大虐殺があった。 事件の翌日、居留区に入った日本軍は二百数十名の遺体を目にし、絶句した。切断された四肢や頭部、えぐり取られた局部や目、剥がされた頭皮、割かれた妊婦の腹…およそ人倫に外れた、凄惨な暴虐の限りを尽くした痕跡の数々――。 日本では戦後、...

  •  closed
  •  closed

【イタリア】フィレンツェで中国人300人が警官と衝突=警官数人が中国人に拘束され高速道路を封鎖する事態に発展

No image

2016年6月29日(現地時間)、イタリア・フィレンツェの衛生部門と警察当局が工場への定期検査を行った際、工場内の華人らともみあいになる事態が発生し、約300人の華人が関与した。環球時報が伝えた。 イタリア紙ラ・レプッブリカによると、フィレンツェの衛生部門と警察当局は29日に3年に一度の定期検査を実施。その際、4人の警官は検査に協力的でないとして華人ともみあいになった。 ところが、警官が幼児をだっこしていた年配女...

  •  closed
  •  closed

【米中新冷戦】習氏訪米のたびに顔に泥塗る米国 数年前には考えられなかった“敵対的メッセージ

No image

米国と中国が「新たな冷戦」に入っているという認識は、日本ではあまり指摘されない。だが、他国、特に一方の当事者である米国の識者には口にする人が少なくない。  冷戦といっても、当然、かつての「米ソ冷戦時代」とは大きく違い、オバマ大統領と習近平国家主席は多くの場面で顔を合わせ、 会談している。互いに最大貿易相手国の1つであり、二国間のハイレベル対話もある。ただ昨年来、その「接点」において、 米国は中国に...

  •  closed
  •  closed