archive: 2012年04月  1/1

100年前の朝鮮の現実…「肺結核や解熱として小便を飲む。大便を食べる」

■100年前の朝鮮の現実…「肺結核や解熱として小便を飲む。大便を食べる」■「最近朝鮮事情~朝鮮の人々」明治39年 荒川五郎 署より・衛生観念は全く無く、獣に近い ・勤勉とか責務という観念は無く、雨が降ったらそこらじゅう水だらけになるので仕事をしないで呆然としている。 雨が降ると動かないので雨具が無い。日本の傘を入手すると嬉しそうに周囲に自慢している。 ようするに、治水という概念が無い。 ・雨が降って水が濁...

  •  closed
  •  closed

日本へ朝貢にきた「朝鮮通信使」の見た日本…朝鮮との差に愕然とする朝鮮通信使(朝貢使)

No image

日東壮遊歌(朝鮮通信使の見た日本)摂津大坂(大阪)を見た時の記録三神山の金?銀台とは、まことのこの地のことであろう。 人家が堀や軒をつらね、その賑わいの程は、わが国の鍾絽(漢城の繁華街)の万倍も上である。 北京を見たという訳官が、一行に加わっているが、かの中原の壮麗さもこの地には及ばないという。 我が国の都城の内は 東から西にいたるまで一里には及ばない 富貴な宰相らでも 100間をもつ邸を建てることは御法度 ...

  •  closed
  •  closed