archive: 2012年10月  1/23

【カナダ】中国人の移民受け入れを縮小 中国人移民はマナーが悪く、経済的にも貢献は少ない

No image

2012年10月29日、網易は記事「カナダはなぜ中国人移民を拒絶するのか?少ない貢献、嫌われる悪習」を掲載した。 先日、カナダ市民権・移民省(CIC)は新たな技術移民規定を発表した。語学力や学歴に高いハードルを設けるもので、 中国人にとってクリアするのは容易ではない。すでに投資移民の縮小も図られており、移民受け入れに寛容だった カナダが方針転換を図ったと嘆く中国人も少なくない。 なぜカナダは中国人移民受け入れの...

  •  closed
  •  closed

広島や長崎の放射線量は福島の約2千万倍だったが、除染もせずに広島湾の魚介類を食べても平気だった

No image

■1.「本卦還り」「本卦(ほんけ)還(がえ)り」という言葉がある。「生まれた年の干支(えと)と同じ干支の年がくること」という原意から「もともとの本性に戻る」などという意味で使われる事があるが、この言葉に関して渡部昇一氏の新著『日本国国論』にはこんな一節がある。__________ 私にはこの頃、本卦還りという言葉がしきりに浮かんでならない。原発事故発生時の首相だった菅直人氏、前官房長官の枝野幸男氏、...

  •  closed
  •  closed

尖閣諸島をめぐる中国の言動について、ある気鋭の中国研究者が、文化大革命時代を思い出しますね、と言っていた。すなわち「文攻武嚇」。狙った相手を文章で攻め、武力で嚇(おど)す、その激しさが文革の際の中国によく似ている、というのである。

No image

中国攻勢への抵抗が新時代開く尖閣諸島をめぐる中国の言動について、ある気鋭の中国研究者が、文化大革命時代を思い出しますね、と言っていた。すなわち「文攻武嚇」。狙った相手を文章で攻め、武力で嚇(おど)す、その激しさが文革の際の中国によく似ている、というのである。 ≪文で攻め武で嚇す文革の手法≫ 文革時代は毛沢東主席に逆らう「反革命分子」が相手。だが、いまは、尖閣諸島を国有化し、胡錦濤主席が「絶対に許さな...

  •  closed
  •  closed

中国人作家のノーベル文学賞 国家ぐるみでの買収疑惑が浮上「中国から投資を受ける代わりに、スウェーデンは文学賞を与えた」

No image

◆中国人作家のノーベル文学賞 国家ぐるみでの買収疑惑が浮上 村上春樹氏が本命視された今年のノーベル文学賞は、中国の作家・莫言氏が選ばれたが、 この受賞に物議を醸す爆弾証言が次々と飛び出している。   文学賞の選考委員として莫言氏を推したとされるスウェーデンの中国研究家・ マルムクヴィスト氏は、記者会見で「中国当局者から書画や古書が贈られてきた」と 口を滑らせたために、“文学賞買収疑惑”が持ち上がった。   ...

  •  closed
  •  closed

尖閣問題で中国高官が「核兵器」で日本を恫喝…中国は日本が恐れる核兵器を持っている。…核兵器の保有それ自体が、中国の不敗を保障する最後のカードになり得る

No image

中国と日本が尖閣諸島(中国名:釣魚島)で局地的異な海戦を行ったら日本側が圧倒的勝利を収める、という自衛隊のシミュレーション結果が明らかになった。これに対し、中国国防省が反発している。 中国国防省の楊宇軍報道官は今月25日の定例ブリーフィイングで、この件に関する立場を尋ねられると「日本は最近、周辺諸国と緊張状態にある。日本のすべきことは、むやみに武力を誇ることではなく、こうした状態に至った原因を深く反...

  •  closed
  •  closed