archive: 2013年01月  1/4

飢餓地獄の北朝鮮で人肉食相次ぐ 親が子を釜ゆで 金正恩体制下で大量餓死発生

No image

北朝鮮南西部の穀倉地帯、黄海南北道で昨春来、数万人規模の餓死者が発生していたことが、北朝鮮の内部情勢を独自報道してきたアジアプレスの石丸次郎氏が率いる取材チームの調べで分かった。金正恩第一書記デビューの舞台となった首都平壌建設や、北朝鮮人民軍の掌握のための食糧調達を、穀倉地帯から強制収奪した結果の飢餓発生だったもようだ。目撃証言は一家自殺や人肉食など凄惨(せいさん)な内容で、石丸氏は飢餓の実態と背...

  •  closed
  •  closed

米中戦争はできればしたくない共産党幹部、軍事衝突すれば莫大な在米資産を失う

No image

中国の軍拡は周知の事実だが、実は追い詰められない限り、中国共産党は戦争をしたくない。それにはさまざまな理由があるが、そのうち一つは共産党幹部の対外資産だという。ジャーナリストの富坂聰氏が解説する。  * * * 共産党幹部の資産の多くはアメリカにある。失脚した薄熙来は5000億円もの賄賂を受け取り、その多くを海外送金したと言われている。 また温家宝首相はニューヨーク・タイムズに一族で少なくとも27億ドル(...

  •  closed
  •  closed

水師営の会見 ~ 乃木将軍とステッセル将軍 ……敵将に対する仁愛と礼節にあふれた武士道精神は世界に感銘を与えた

■1.日露友好の写真 不思議な一葉の写真がある。日露戦争中、日本軍とロシア軍の幹部が仲良く肩寄せ合って並んだ記念撮影である。あまりにも自然に親しげにしているので、あたかも同盟国どうしの軍事演習での記念写真かのように見えるが、それは違う。[1]水師営の会見写真 これは両軍合わせて約8万7千人もの死傷者を出した旅順攻囲戦でロシア軍が降伏した後の水師営(すいしえい)の会見での記念写真である。通常、降伏した側...

  •  closed
  •  closed

日本が再び重要な国になっている。実に二十数年ぶりのことだ。 ( 英フィナンシャル・タイムズ紙)

No image

日本が再び重要な国になっている。実に二十数年ぶりのことだ。  1990年代に入った頃の東京には世界最大の株式市場があり、日本の銀行や輸出業者、不動産開発業者は世界を支配していた。それ以降、多くの投資家に関する限りは、すさまじい下落相場のせいで日本はどうでもいい存在になっていった。 ここ数年、日本の名前が出てくるのは注意が喚起される時だけになっていた。日本の教訓は、デフレが定着し、金融政策が効果を発揮しな...

  •  closed
  •  closed

「悪巧みで大成功した中国人」雑誌記事は人種差別 差別報道が続いているフランスで中国人団体が提訴

No image

2013年1月17日、仏週刊誌「LE POINT(ル・ポワン)」は、在仏中国人への差別報道問題に回答する記事を掲載した。  2012年8月、LE POINTは「悪巧みで大成功した中国人」とのタイトルの長編記事を掲載し波紋を呼んだ。 フランス華僑青年協会は偏見や差別に満ちた記事だとして、仏反人種差別団体・SOSラシスムを代理として LE POINTを提訴た。  1月17日、LE POINTは「愚かな論戦を終わらせるために」と題した記事を掲載した。記事は...

  •  closed
  •  closed

「アルジェリアで日本人が一番多く殺されたのは、軍事力を放棄してるから。テロリストには通用しない」…フランス人綴る

No image

フランス人男性が、アルジェリアでの一連の人質事件を受け、自身のブログ「L'Heretique」で、日本の防衛に関してつづった。  筆者は、今回人質がとられた国の中で、日本人が最も多く殺害された事実はとても残念なことだと述べた。  それとともに、その背景について自身の考えを述べた。  筆者は、植民地として古くからアフリカとの関係が深かったフランスなどのヨーローッパ諸国と比べると、  日本とアフリカの関係...

  •  closed
  •  closed

ニミッツ提督と東郷元帥……ニミッツ元帥が戦後、三笠や東郷神社の復元に寄せた好意

No image

■1.ニミッツ提督■  チェスター・W・ニミッツは、日本軍による真珠湾攻撃後に 更迭されたキンメルの後任として、アメリカ太平洋艦隊司令長 官に任命された。  開戦直後から終戦に至る全期間、米海軍の太平洋方面の最高 指揮官を努め、延べ5千隻の艦船、1万5千機の飛行機、2百 万の将兵を統率して、米国に勝利をもたらした。  そのニミッツ提督が尊敬してやまなかった海軍軍人が、皮肉 に...

  •  closed
  •  closed

中国が求める小型潜水艦を・・・フランスの「邪心」

No image

安倍晋三首相(58)と1月9日、電話会談したフランスのフランソワ・オランド大統領(58)は「安全保障・経済」協力にも期待した。2012年8月には「日本にふさわしい関心が払われてこなかった」とも公言している。兵器に関する外国との共同研究や取引を視野に入れた、民主党政権の数少ない功績「武器輸出3原則」緩和も意識した発言だと感じた。同時に昨年10月、海洋軍事産業見本市(パリ)で、仏大手国策造船会社が発表...

  •  closed
  •  closed

中国は貿易依存だが日本は違う、韓国は貿易滞ればたちまち干上がる

No image

中国の機嫌を損ねたら13億人の市場を失って日本は大打撃を受ける──という説がまかり通っている。 だが、実は日本が受ける経済的な打撃は軽微であり、本当に困るのは中国のほうだと経済評論家の三橋貴明氏は指摘する。 2011年末の日中両国の輸出依存度(純輸出のGDPに占める割合)を見てみよう。 日本:14% 中国:26% ちなみにアメリカは10%、韓国は50%である。日本は貿易立国と言われるが、実際には内需大国だ。韓国は貿易が滞...

  •  closed
  •  closed

日本が重要製品を売ってくれない…中国原発業界が困難に直面

No image

中国経営報によると、原発関連株の取引が再開された現在、原発業界内から楽観視できない情報が伝えられた。中国の原発大型設備は依然として課題が山積しており、特に鋳造品の面で日本の輸出規制に直面している。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。 ********** ■技術の壁 福島原発事故後、中国の原発事業も20カ月にわたって停滞した。中国国務院常務会議は2012年10月24日、「原発安全計画(2011-2020年)」、「...

  •  closed
  •  closed