archive: 2013年05月  1/4

韓国人が靖国神社で放尿しネットで自慢 「日本の政治家が妄言が続くたびに放尿する」

靖国神社と言えば過去に首相が戦没者の追悼のために参拝しようとするだけで、 韓国や中国、ましてや一部の国内からも反感を買うことがある。 そんな靖国神社に韓国人と思われる男性が放尿しネットで自慢しているのが発覚した。 男性は靖国神社の池に放尿するだけでなく、手すりにまで放尿を行い、次のような書き込みをおこなっている。 「今後も日本の政治家が妄言が続くたびに、 愛国人の放尿が続く」 日本の政治家の靖国参拝を批...

  •  closed
  •  closed

朝鮮人の自称「元慰安婦」のキム・ボットン、証言と自身の年齢のつじつまが合わず

No image

沖縄タイムスは20日、[元「慰安婦」証言]「私の存在が証拠です」と題した社説を掲載しました。 その社説には、旧日本軍慰安婦とされる韓国人の金福童(キムボクトン)さん(87歳)が 18日に沖縄の証言集会に参加したことに触れて、以下のように書かれています。 金さんは14歳のころ、旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と日本統治下の韓国から連行された。 アジア各地の前線を転々とし、8年間、「慰安婦」を強いられた。 ...

  •  closed
  •  closed

BBC世論調査2013 ドイツ人の65%が韓国を否定的に評価 国際社会での韓国の評判が悪化し中国未満の評価

No image

BBC世論調査2013ドイツ人の65%が韓国を否定的に評価 国際社会での韓国の評判が悪化し中国未満の評価BBC世論調査2013、国際社会での韓国の評判が悪化 国際社会での韓国の評判がやや悪化 31%が "否定的" (総合) 昨年より4%pアップ 韓・中・日は互いに不評 36%は "肯定的" ドイツが肯定59%で1位 カナダ - イギリス - 日本 - フランスの順 (ベルリンㆍソウル=連合ニュース)我が国の国際社会の評判が多少 悪化したことが...

  •  closed
  •  closed

アベノミクスの革新的な力…日本はついに、経済を修復し「失われた20年」に終止符を打つのに必要な真に革新的改革を講じ始めたのか

No image

15日に発表された日本の1─3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率3.5%成長となり、日本経済が先進7カ国(G7)の中で最も急拡大を遂げている可能性を示した。 日経平均はちょうど半年前に底を打ち、以来約80%も急騰した。 一方、円は対ドルで半年間として過去最大の下落を演じた。これらすべての出来事は安倍晋三首相の就任と、彼が日銀に据え付けた体制に関連しているように見える。 日本は20年間もの停滞を...

  •  closed
  •  closed

「安倍首相は洗練された政治家であり、外交的にも難しい諸懸案にうまく対応している…大宰相の可能性」右傾化批判一転、米国で高評価の兆し

No image

安倍晋三政権に対し「右傾化」しているという警戒心が米国内でくすぶる中、最近になって、経済政策「アベノミクス」や尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる対応など、安倍首相の政権運営を評価する論調が出始めた。 質の高い論評に定評がある米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」は16日の電子版で安倍首相へのインタビュー記事を掲載し、「安倍首相の政権復帰は当初、投資家や有識者を当惑させたが、就任後間もなく、日本経済...

  •  closed
  •  closed

韓国人売春クラブの経営の韓国人女、年商1億超 でも「都営住宅」に住み、生活保護も受給

No image

東京・歌舞伎町の韓国人クラブの経営で、少なくとも1億2700万円の売り上げがありながら無収入を装い生活保護を受給していたとして、警視庁組織犯罪対策1課は詐欺の疑いで、クラブ「パートナー」経営で韓国籍の許愛栄(ホエヨン)容疑者(54)=東京都新宿区戸山=を逮捕した。警視庁によると、許容疑者は「お金をいっぱいためたかった」などと供述。許容疑者の年商は1億円に上っていた可能性もあるが、生活保護の不正受給...

  •  closed
  •  closed

韓国人留学生は、西欧の大学では「盗作予備軍」扱い

No image

論文盗作問題をめぐって先月22日に行われた韓国の有識者による対談で 「クリエーティブに文を書く」能力が足りないアジアの学生が欧米の大学で「潜在的盗作者」扱いを受けている、ということが話題になった。 ソウル大学の李準雄(イ・ジュンユン)教授(言論情報学科)は「米国で勉強を終えて韓国に戻り、再び米国の母校を訪問したとき、指導教授から『韓国の研究倫理は一体どういうレベルなのか』と厳しく尋ねられた」と語った。...

  •  closed
  •  closed

尖閣紛争でアメリカは日本を支援しているのか?…自主防衛努力を怠る国を助けてはくれない

No image

昨今、多くの日本メディアの尖閣諸島防衛に関する論調は、自主防衛能力構築とは対極にある“情けない”論調が目立つ。 多くの日本メディアは、アメリカの政府高官や軍首脳それにシンクタンクなどが尖閣諸島領有権問題でどのような言動をするのかに神経をとがらせ、少しでも“日本の肩を持つ”ように受け取れるコメントに接すると、針小棒大とまではいかないにしても「国務長官が踏み込んだ発言」「国防長官が中国を牽制」「アメリカ軍...

  •  closed
  •  closed

「日本は核武装する」安倍首相が目指す脱米国頼み…安倍首相がオバマ大統領に送った重要なシグナル…尖閣問題に関して、我われはアメリカに何も望んでいないし、助けてくれとも頼んでいない

No image

憲法記念日――評論家の西村幸祐さんをお迎えして、憲法改正論議のポイントや日米安保について幅広くお聞きしました。また、最近安倍晋三首相に会った際の報告や、靖国神社に祀られる英霊をめぐる誤認識についてもお聞きしました。憲法改正はまず9条2項の削除から西村現在いろいろな憲法改正草案が出ています。自民党もそうですが、読売新聞は何年も前に出していますし、産経新聞も今年出しました。鳩山由紀夫(元首相)さんも自分で...

  •  closed
  •  closed

英誌エコノミスト最新号は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を考察する巻頭記事を掲載、日本の株高や安倍晋三首相の高支持率などに触れ「政治不信に陥っていた国に衝撃を与えている」と評価した。

 17日発売の英誌エコノミスト最新号は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を考察する巻頭記事を掲載、日本の株高や安倍晋三首相の高支持率などに触れ「政治不信に陥っていた国に衝撃を与えている」と評価した。 表紙には「あれは鳥? それとも飛行機? いや、日本だ」という見出しとともに、スーパーマン風の衣装で力強く空を飛ぶ安倍首相のイラストが載った。首相の胸には円マークをあしらい、日本経済の復調を強調した。...

  •  closed
  •  closed