archive: 2013年12月  1/3

ドイツ人が世界で最も嫌いな国は韓国です

まず、ポチッと応援クリックお願いします↓国際政治・外交 ブログランキングへ■ドイツ人は世界で最も韓国人を嫌っていることが分かった■英BBCが5月に発表した国のイメージに関する調査で明らかとなった。世界25カ国の約2万6000人を対象としたもの。そのうち、世界で最も韓国を嫌いな国は、遠い欧州のドイツであることが分かった。★「韓国は世界によい影響をもたらさない」と答えた割合は、ドイツ人が65%で断トツ首位...

  •  closed
  •  closed

特定秘密保護法反対のメディアの代表は全国紙では朝日新聞…常軌を逸した朝日の報道 中身も根拠もなく「戦中に戻すな」

No image

特定秘密保護法反対のメディアの代表は全国紙では朝日新聞だ。同法が国会で成立した12月6日前後の紙面は、一言で言えば「常軌を逸していた」というしかない。翌7日の朝刊は1面が「秘密保護法が成立」の白抜き横の大見出し、2面も「数の力 強行採決」の白抜き横見出しだった。 第1社会面は「反対あきらめぬ」の白抜き横大見出しに「『廃止する活動始めよう』」の縦見出し。「怒り 列島包む」として全国5カ所の反対運動の...

  •  closed
  •  closed

【慰安婦問題】「韓国人は嘘つきだ!」テキサス親父、漫画フェス100本出品の日本人社長と“同盟”

韓国政府の暴挙に“日米同盟”が立ち上がった。フランスで来月に開催される国際漫画フェスティバルに、韓国は慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して日本を貶める準備をしているが、これに対抗する日本の会社社長と、 動画サイトで「テキサス親父」と呼ばれる米国人がタッグを組んだのだ。 米国人は、真実を伝える日本の慰安婦漫画の出品を支持するとともに、 具体的証拠を示して動画で「(韓国人は)嘘吐(つ)きだ!」と訴...

  •  closed
  •  closed

「大東亜戦争」を認めないNHKの歴史観

No image

最新の雑誌『別冊正論』はNHK批判を特集している。中でも興味深いのは桶谷秀昭氏の「大東亜戦争か太平洋戦争か」である。桶谷氏はかつてNHKのラジオ番組で「私の萬葉集」として、国民学校6年生で初めて読んだ思い出などを録音した。 ▼「大東亜戦争たけなはの昭和18年でした」と語ったのだが、その後で担当のプロデューサーからクレームがついた。「大東亜戦争」を「太平洋戦争」に変えてくれという。押し問答の末、桶谷...

  •  closed
  •  closed

沖縄振興 毎年度3000億円台 首相きょう知事と会談 政府、異例の上積み…沖縄の知事、補助金3000億円ありがとう。でも米軍基地は県外で…米軍基地を人質に、日本政府から金をせびり取る沖縄

政府は24日、平成33年度まで沖縄振興費を各年度予算で3千億円以上とする振興強化策を決めた。 安倍晋三首相は同日の閣議で「日本のフロントランナーとして21世紀の成長モデルとなるよう、国家戦略として沖縄振興策を積極的に進める必要がある」と閣僚に対策拡充を指示。「沖縄への投資は未来への投資」と強調した。 また、山本一太沖縄北方担当相は首相の意向を受け、閣議で普天間飛行場の移設予定地の名護市を含む沖縄本...

  •  closed
  •  closed

福澤諭吉が予言した「朝鮮滅亡」 韓国の屈折した負のスパイラル

No image

軍用艦命名にあたり、縁起の悪い「敗軍の将」の名をかぶせる海軍は極めて珍しい。ドイツが輸出用に開発し、韓国で建造する214型潜水艦の4番艦で、8月に進水した《金佐鎮(キムジャジン)》はそうした珍例の一つ。もっとも韓国海軍には、初代韓国統監・伊藤博文(元首相/1841~1909年)を殺害し、むしろ日韓併合(1910年)を進めてしまう頓珍漢なテロリスト・安重根(アンジョングン)(1879~1910年)の...

  •  closed
  •  closed

【韓国経済】「我々は鵜飼いの鵜」「日本の部品停止なら砂の城のように消失」自虐経済リポート 朴政権へ渦巻く不満

No image

「韓国の産業は鵜(う)飼いの鵜」「日本が部品供給を停止すれば砂の城のように消える」。 韓国国内で、日本の技術力の強さと韓国経済の致命的な弱点を認めた“自虐的”な論評が相次いでいる。 韓国が日本を評価する異例な事態の背景には、朴槿恵(パク・クネ)大統領への強い不満がくすぶっている。 狂信的な反日路線に突き進む朴政権への「退場勧告」とも読み取ることができる。 韓国の鉄鋼大手ポスコ系列のシンクタンク、ポス...

  •  closed
  •  closed

「軍備」もパクリと偽造の韓国、「兵器」は欠陥品だらけが現実…18年間も完成できない戦車、川で沈没する水陸両用装甲車

No image

安倍政権を「軍国主義の復活」などと非難する韓国だが、軍事費が国家予算の10%に上るなど自らは軍備増強にまっしぐらだ。ただその中身は何ともお寒い。新型の国産戦車「K2」は開発開始から18年を経てもエンジンが作れず、部隊配備は延期に次ぐ延期。水陸両用の装甲車は川で沈没するなど技術不足による欠陥品ばかりで、首都防衛の機関砲がパクリのコピー品で使い物にならないことも明らかになった。大阪では町工場が人工衛星...

  •  closed
  •  closed

【中国】チベット人の爪に竹串打ち込み警棒で頭強打・眼球突出 「焼身自殺の方がマシ」と悲痛な声も

No image

★中国 チベット人の爪に竹串打ち込み警棒で頭強打・眼球突出 現在もチベット各地では僧侶や市民によるデモ、治安当局との小競り合いが散発的に発生、 当局の弾圧も強化されて情勢は悪化している。 ラサでは私服の公安警察官が徘徊し、街頭に設置された無数のカメラがチベット人の動向を 絶えず監視している。不穏な動きを察知すれば、直ちに公安が駆けつけ警察署に連行する。 ビルの屋上に50~100m間隔でスナイパーが配置されて...

  •  closed
  •  closed

中国で生まれた子の出生届を日本で出し、「育児一時金」詐取する中国人たち…警察摘発後も見直しに動かぬ行政の怠慢

No image

 関西国際空港から遠く400キロ、千葉・松戸で繰り返された出産支援金の不正受給に気づいたのは、 関空に勤務する1人の警察官だった。中国に住む兄夫婦の子供2人を自分が出産したとする虚偽の 出生届を提出し、出産育児一時金をだまし取ったとして、中国国籍の女らが逮捕された。中国の 人口抑制策「一人っ子政策」が犯行の背景にあることから問題の広がりも懸念されるが、日本国内の 行政は事件後も、再発防止への取り組み...

  •  closed
  •  closed