archive: 2014年04月  1/4

ウクライナ問題を引き起こした張本人は米国だった…欧米では早くも「新冷戦」への準備が始まる

No image

ウクライナで米露両国による新たな戦いが幕を開けた。 ロシアが3月にクリミア共和国とセヴァストポリ特別市を領土に加えてから1カ月もしないうちに、今度はウクライナのハリコフ、ドネツク両州が独立を宣言したのだ。ロシアから見たウクライナ問題ウクライナ東部スラビャンスクで警戒にあたるウクライナの特殊部隊員(2014年4月24日)〔AFPBB News〕 日本を含めた欧米諸国では、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が強行的に...

  •  closed
  •  closed

国連人種差別撤廃委員会 「韓国は国内に蔓延る人種・民族差別の是正を」

No image

韓国は英語教育に力を入れ、世界中に進出して「国際国家」を自認するが、 一方では国連人種差別撤廃委員会(CERD)から、国内に蔓延る人種・民族差別の是正を促されてきた。 差別行為は国内のみならず海外でも起きている。3月にベトナムの韓国系企業で現地従業員が労働環境改善を求めてストライキを行なった。 米系ラジオ、フリー・アジアが地元紙の報道として紹介した内容によると、同社では、 ・1時間のトイレタイムを設けて...

  •  closed
  •  closed

【朝日新聞研究】89年“サンゴ落書き捏造”記事に見る「虐日偽善」の姿

No image

最近、慰安婦問題に対する朝日新聞の責任について、新聞や週刊誌が批判記事を掲載している。今から25年前、やはり朝日の記事に対して、日本中が激しい怒りを覚えたことがあった。1989年4月20日、夕刊1面に、大きなカラー写真付きの記事が掲載された。沖縄・西表島のサンゴを傷つける日本人のモラルのなさを、厳しく告発したものだった。 ところが、間もなく写真に疑問がもたれ、朝日のカメラマンが自分で意図的に傷をつ...

  •  closed
  •  closed

中国はわずか1%―米英学生の希望留学先

No image

英国の公的国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルの国際高等教育調査部門エデュケーション・インテリジェンスがまとめた米・英国人学生の留学希望先ランキングによると、中国を希望する学生はわずか1%にとどまった。 調査は米国と英国で1万人余りの学生を対象に行われた。中国のランキングは米国では10位と、昨年の9位から低下。英国でも昨年の9位から11位にダウンした。  調査責任者のエリザベス・シェパード氏は、多く...

  •  closed
  •  closed

韓国沈没船事故、底なしのデタラメぶり 被害者家族代表まで「偽物」だった 

No image

韓国南西部の珍島付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、デタラメな情報が次から次へと発信されて何が本当で何が嘘かわからないほどだ。このため、政府やメディアに対する不信感が一層高まっている。  政府が発表した行方不明者数が間違っていたことに始まり、偽の民間ダイバーが現れたほか、今度は新たに被害者家族の代表者の男性までも事故にまったく無関係であることも発覚した。■「家族でもないのになぜ代表をしている...

  •  closed
  •  closed

「夢の海外旅行先」、日本もトップ10入り 1位豪・伊、3位米、4位仏 国際調査

No image

「夢の海外旅行先」、日本もトップ10入り国際調査 【4月28日 Relaxnews】大手旅行情報サイト「トリップアドバイザー (TripAdvisor)」が6万人を対象に行った国際調査で、「この先2年間にぜひ訪 れてみたい旅行先」として最も人気の高い国はイタリアとオーストラリアだとの 結果が出た。 トリップアドバイザーは旅行トレンドに関するアンケート調査「トリップバロメ ーター(TripBarometer)」を半年ごとに実施している。最新の...

  •  closed
  •  closed

中国情報機関、豪議会ネットワークに侵入 豪紙「最長1年盗み見た疑い」

No image

28日付のオーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙は複数の関係筋の話として、オーストラリア連邦議会のコンピューターネットワークが2011年に中国の情報機関に侵入され、最長1年にわたり電子メールなどを盗み見られていた疑いがあると報じた。 同紙によると、中国側は遠隔操作により管理者としてネットワークに侵入。全てのメールや連絡先、保存文書などにアクセス可能だったという。 このネットワークは機密指定さ...

  •  closed
  •  closed

沈没「セウォル号」に通じる韓国海軍の「無法改造癖」と「欠陥無視癖」…何度事故が起きても繰り返す〝悪しき伝統〟

No image

死者、行方不明者が300人を越える大惨事となった韓国の旅客船セウォル号沈没事故。ずさんな安全管理態勢や乗客をないがしろにした船長、乗組員の対応が明らかになるにつれ韓国社会には衝撃と怒りが広がっているが、事故の萌芽は同国の海軍に十分見て取れた。整備不良で目標と反対側へ飛んだあげく自爆する対空ミサイル、ジグザグに走行する高速艇、重心点が高くなる欠陥改造を施したイージス艦…。海軍では事故やトラブルが当た...

  •  closed
  •  closed

ウクライナで軍事技術流出の危機…中国が早くも触手伸ばす…ソ連時代、ウクライナには陸海空宇宙にわたる多くの軍需産業拠点が設けられ、一説によれば、ソ連の軍需産業の30~40%はウクライナ領内に所在していたという。

No image

ソ連時代、ウクライナには陸海空宇宙にわたる多くの軍需産業拠点が設けられ、一説によれば、ソ連の軍需産業の30~40%はウクライナ領内に所在していたという。 一例を挙げるならば、ソ連で唯一、航空母艦を建造する能力を持っていたニコラーエフ造船所(現・黒海造船所)や、世界最大の航空機「An-225」を開発したことで有名なアントノフ設計局、弾道ミサイル開発を行っていたユージュノエ設計局、ソ連の主力戦車工場の1つであっ...

  •  closed
  •  closed

中国国民の関心はオバマ訪日よりも暴動事件…力による制圧がますます強まり、もはや一触即発の状態

No image

4月21日、浙江省温州市蒼南県である事件が起こった。行政と民が路上で衝突、それをきっかけに大きな暴動事件に発展した。筆者はこの事件に注目している。なぜならば、事件のきっかけが“ほんの些細な出来事”だったからだ。 事件の発端となったのは、通りすがりの男性が行った携帯電話による撮影だった。この男性が撮影したのは、城市管理行政執法局の係員が行った“道端の取り締まり風景”だった。 この係員は、市民からは「城管」...

  •  closed
  •  closed