archive: 2014年05月  1/5

外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増

No image

政府与党は来るべき人口減少化社会に備え、移民受け入れの本格的検討に入った。しかしすでに国内に多く住む在日外国人との間で、残念ながらトラブルが起きているのも事実。日常的なトラブルを克服して外国人との共生を模索する地域でも、世代の重なりと共に新たな課題が生じている。 愛知県豊田市の保見団地は住民約7100人のうち、日系ブラジル人を中心とした外国人住民が約3200人。国内で外国人比率が最も高い地区の一つであり、...

  •  closed
  •  closed

ロシアは中国と仲良くならない、むしろ中国を脅威視し日米と組みたいはず=米戦略家エドワード・ルトワック氏

No image

濃紺のネクタイとスーツに身を包んだ米国人が20日午後、首相官邸にやってきた。著名な軍事戦略家として知られるエドワード・ルトワック氏(71)だ。 講演のために来日した折に、安倍晋三首相とも会うことになったのだ。  話題になったのが、中国とロシアの動きをどう読むか。ウクライナ危機をきっかけに中ロはさらに接近し、日米へのけん制を強める……。 世界ではこんな見方が多いが、ルトワック氏の予想はちがった。  ロ...

  •  closed
  •  closed

台湾EMS大手、「韓国人は工場進入禁止」 機密漏えい警戒で対策―台湾紙

No image

台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、台湾積体電路製造(TSMC)は韓国人の 設備エンジニアが修理のためTSMCの工場に入ることを禁止している。機密漏えいを警戒 しての対策だ。台湾・自由時報の報道として、元器件交易網が23日伝えた。 TSMCの張忠謀董事長は自社がもはやほかのファウンドリーと競合するだけの存在ではな く、半導体メーカーの米インテルや韓国のサムスンと競争する新たな段階に入ったと認...

  •  closed
  •  closed

自国民も呆れる韓国軍の素人ぶり…解体「海洋警察」だけじゃない、韓国「軍」も「外交部」も基本おろそか 「やるべきことをやっていない」

No image

韓国旅客船「セウォル号」沈没事故を機に、韓国では、社会の安全性が問われている。もっとも、事故以前にも安全を軽視した事案は数え切れないほど出ていた。例えば、北朝鮮からとみられる無人機が相次いで発見されたが、国防部門の脆弱さが問題化。その上、韓国軍は壊れたトイレのドアを無人機と誤認する始末で…。さらに、外交機関ではウイルス対策などのサポートが切れた基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」搭載のパソコンが...

  •  closed
  •  closed

対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き「日本人は海に沈め。地震起きて死ね。対馬は私たちの領土」

No image

長崎県対馬にある神社の絵馬に落書きをする韓国人が増えている。「お前ら日本人は海に沈め」「地震起きて死ね」 「対馬は私たちの領土」といったハングル文字による反日的な書き込みが目立つという。 絵馬は自分の願い事を書いて奉納したものであり、神社側はいたずら書きされたからといって撤去するのは難しいと嘆いてる。 ネットで写真付きで報告されているのは、例えば「大学に合格できますように」と願いが書かれたその上に...

  •  closed
  •  closed

【書籍】 『南京虐殺はなかった』めぐる議論が混迷―英国人著者が弁明、共同通信の「無断加筆」報道を否定

No image

■「南京虐殺はなかった」書籍めぐる議論が混迷―英国人著者が弁明 日本軍が1937年に南京で中国人を虐殺した事実はないと論じた「英国人記者が見た連合国戦勝史観の 虚妄」の著書ヘンリー・ストークス氏(75)は、その内容は正しいとあらためて強調した。この著書をめぐっては、 翻訳・編集したチームがストークス氏の許可なく内容に加筆したのではないかとの疑問が報道がされている。 ストークス氏はニューヨーク・タイムズやフィ...

  •  closed
  •  closed

【軍事情勢】韓国がおびえるオーストリア正史 戦争責任すり抜けられた理由

No image

JR恵比寿駅(東京都渋谷区)を通る度「韓国」の二文字が頭に浮かぶ。ホームに流れる発車メロディーが、1949年製作の英国映画《第三の男》のテーマ曲であるせいだ。映画の舞台が第二次世界大戦(39~45年)直後のオーストリアで、加害者が被害者に成りすます筋書きが、韓国を彷彿させるのだ。 被害者に成りすまし オーストリアは「ナチス・ドイツに併合された、ナチスによる最初の犠牲国」と、先頃まで言い張った。韓国...

  •  closed
  •  closed

中国、韓国に属国要求「朝貢外交の復活を」 籠絡工作に米国警戒

No image

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による、対中接近が止まらない。来月にも、中国の習近平国家主席とソウルで首脳会談をする見通しで、両者の会談は5回目となる。こうしたなか、習氏の外交ブレーンから「中国と韓国が同盟関係を結ぶべきだ」という驚きの提案が飛び出した。政府間でも、中国側が「朝貢外交」の復活を持ちかけていたことも発覚した。韓国が米国中心の自由主義陣営を離れて、中国にひざまずく日が来るのか。 「朝貢...

  •  closed
  •  closed

沖縄を第二のチベットに   経済効果をエサに県政財官界を“洗脳”

No image

2年前、沖縄県に仕事で行く機会があった。その際、財界を中心に多くの県民が、中国にある種の「甘い期待」を抱いているよう感じ、心配になった。ホテルや店舗も、中国語の表記やアナウンスが目立っていた。 中華人民共和国は建国以来、次から次へと近隣諸国を侵略し、現在の広大な領土を手にした。 領土拡張主義国家の手法は、相手国に潜伏し、洗脳し、撹乱(かくらん)させ、分断を図り、最後に武力で侵略を完成する。自国の侵...

  •  closed
  •  closed

産業スパイで韓国特許庁のデタラメ結論、国ぐるみの技術窃取

No image

■産業スパイで韓国特許庁のデタラメ結論 国ぐるみの技術窃取 韓国企業が急速に技術力をつけた背景には、日本企業から技術を入手していたことがある。 東芝のNAND型フラッシュメモリーに関する機密情報が2008年に日本人技術者(東芝の提携会社、 サンディスクの元社員)によって不正に持ち出され、転職先の韓国SKハイニックスに流出した事件は その象徴だ。 3月13日に不正競争防止法違反(営業秘密開示)で警視庁に逮捕された技...

  •  closed
  •  closed