archive: 2014年08月  1/9

中国の「不法侵入」に独自反撃できる戦力着々…自衛隊即応態勢

No image

米国防総省でも特に中国に対して強い警戒心を持っている統合参謀本部の幹部が、私にこう言った。  「われわれは、日本の自衛隊が南西諸島に新鋭の地対艦ミサイルを配備し、能力の高いレーダーを配置して中国海軍と空軍の動きを厳しく監視し、不法な侵略に対する即応態勢をとっていることに注目している。 日本は、独自に中国の不法侵入に対抗する体制を整えつつある」  沖縄や南西諸島を防衛する自衛隊・西部方面普通科連隊が...

  •  closed
  •  closed

【ヘイトスピーチ対処勧告】 元キャリア官僚で作家の林雄介氏 「朝日新聞は国連本体から勧告がきたかのように捏造報道している」

【朝日新聞の報道】 ヘイトスピーチに対処勧告 国連委、日本に法規制促す http://www.asahi.com/articles/DA3S11323735.html この報道について、元キャリア官僚で作家・政治評論家の林雄介氏が「国連人種差別撤廃委員会」についてこのように述べています。 林氏は30万人以上のフォロワーを持つことでも知られています。 国連差別撤廃委員会からヘイトスピーチ規制と慰安婦への謝罪と賠償勧告。 朝日新聞が反省したのなら英文...

  •  closed
  •  closed

「朝日新聞の撤退報道は命がけで戦った仲間全員への侮辱」 - 収束作業に当たった元東電社員

No image

東京電力福島第1原発事故の発生直後、収束作業に当たった元東電社員の男性は、現場の最高責任者が何を考え、どう行動したかを記録した調書の内容が明らかになったことを「ずっと知りたかった」と歓迎する。男性は当時、本店の幹部らを相手に一歩も引かない吉田昌郎元所長の姿を自らの支えにしていたという。それだけに「9割の所員が命令に違反して撤退した」との一部報道には「命がけで戦った仲間全員への侮辱で、悔しい」と話す...

  •  closed
  •  closed

「中国工作員すでに2000人」あけすけに手口暴露 「日本人はカネに弱い」

軍事転用可能な最先端技術の中枢部品が奪われかけた一件には伏線があった。 7月19日、 K氏は中国・深センのホテル・ラウンジで旧知の中国空軍の長老H氏と向き合っていた。 H氏は自分の携帯電話を取り出すと、「中国科学院幹部からのあなた向けのメッセージがある」と ショートメールの画面を開けた。 「日本のNICTは3D立体画像技術開発で多視点型とホログラム方式の2つのグループが技術開発に取り組んでいる。 ...

  •  closed
  •  closed

朝日新聞の慰安婦虚報は日本にどれだけの実害を与えたのか…デマ報道を基に米国で繰り広げられた反日活動

No image

朝日新聞が慰安婦問題についての誤報や虚報によって日本に与えた実害について、国際的な観点から改めて考えてみたい。朝日新聞の虚偽の報道が日本の名誉を国際的に貶めた罪に、計り知れない重大さを感じるからである。この場合の「日本」とは、日本という国家、そして日本の国民という意味である。 私がこの問題を提起するのは、朝日新聞が慰安婦問題の間違った情報を発信したために米国で起きた日本への糾弾に、私自身が直接対応...

  •  closed
  •  closed