archive: 2016年04月  1/7

日本野党の「不都合な現実」…安倍外交に米・アジア共鳴「東南アジアでは絶大な人気」

No image

ワシントンの外交政策論壇は国際情勢の今を敏速に映し出す。各国の学者や政治家の見解が論文その他の形で常に公表され、論議を広げるからだ。  その中で顕著なのは、安倍晋三政権の対外政策への評価が米国だけでなくアジアの多数の国々でも急上昇していることである。日本の野党や「権力の監視」を自任する一部メディアの対応とは正反対の注視すべき現実だといえよう。  アジア研究が主眼の「ワシントン東西センター」は「モデ...

  •  closed
  •  closed

韓国軍憲兵隊の幹部、兵士に「床の水なめろ」と指示=韓国ネット「軍隊は前からクズ」「これが本当に韓国なのか?」

No image

2016年4月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国軍憲兵隊のある捜査官が部下の兵士らに繰り返した 暴言や不当な指示について、韓国国家人権委員会が人権侵害に当たるとの判断を下した。 韓国・大田市内の部隊に勤務する53歳の捜査官は昨年、理由なく兵士を殴ったほか、点呼の際に掃除が 行き届いていないとして、床にたまった水をなめるよう兵士に指示したとされている。人権委は捜査官が暴言などを 禁じた軍の規律に違反し...

  •  closed
  •  closed

「中絶大国」韓国の実態 男子選好出産の弊害 断ち切れぬ悪循環

No image

韓国が「売買春大国」「強姦(ごうかん)大国」であることは、よく知られている事実だが、いま一つ知られていないのは「中絶大国」であることだ。売春婦や強姦被害者の中絶もあるだろうが、大きな比率を占めるのは男児を得るため、女児と分かった場合に措置をするケースだ。 結果として、韓国がいま直面しているのは、結婚適齢期の世代の「男性>女性」問題だ。しかも、適齢期の女性のうち数万人は「海外遠征売春」に出ているのだ...

  •  closed
  •  closed

イギリス高級住宅街にオーストラリア人経営の日本料理店の看板に「売春婦あります」「やリまん」の看板 「日本を侮辱」猛抗議で撤去へ

ロンドン中心部にある創作日本料理店に、思わず目を疑ってしまうこんなネオンサインが掲げられていました。「売春婦あります」。現地の日本人らが「日本人を侮辱している」「女性への差別だ」などと声を上げたところ、ロンドンのフェミニスト団体がこれに呼応。ツイッターでボイコット運動を展開した結果、看板は取り外されることになりました。しかしオーストラリア人店主は「これはアートだ」などと持論を語っていました。店の従...

  •  closed
  •  closed

「韓国守る必要なし」トランプ氏に喝采送る米有権者、かつて「敵前逃亡」した韓国軍に“根深い”不信

No image

この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m↓国際政治・外交 ブログランキングへ■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまっ...

  •  closed
  •  closed