朝鮮戦争での李承晩と金日成…典型的な臆病で卑怯な朝鮮人

■朝鮮戦争での李承晩と金日成…典型的な臆病で卑怯な朝鮮人■

▲朝鮮戦争で、李承晩は、北朝鮮の侵攻直後から逃げてばかりで、
北朝鮮軍がまだ、ソウル近郊にも達してないのに釜山近くまで逃げて行方不明状態になり、
途中の太田付近で米軍の少尉に説教を食らうと、韓国軍の指揮権を米軍に委譲すると言って、
さらに列車で逃走w

安全で敵も遠かった釜山近郊でも、すぐそばで、米軍の大砲の試射音がしただけで、
李承晩は顔色を変えて日本に行くと言い張り出して、アメリカの大佐から、
あんたの部下は戦ってるよと長々と小言を言われたw

日本にいたマッカーサーも呆れ果てて、何があっても日本には上陸させないと打電。
(それに対して、李承晩は北九州がダメなら、島根、鳥取でも良いとアホな返電w)

▲金日成も、米軍の仁川上陸に慌てまくり、まだ、平壌から米軍は遠いのに、
中国国境まで不眠不休で逃げて逃げて逃げまくり、
国境線で鉢合わせした中国軍司令官の膨徳懐に、列車から引きずり降ろされてビンタ3発食らった。

さらに、膨徳懐に、「もう、戦ってるのは中国兵だけだから、我々の戦争だ。
お前は命令書に名前だけ書いてろっ」 と一喝されて指揮権を剥奪され、
それに「ええ、同志に任せます」とへつらって従った。

開戦直後から、南北ともに軍最高司令官が逃げ出し、指揮権を奪われた屈辱民族www

両方とも、実際に見た人達の証言が中国・ソ連、米国それぞれに残っているので、
疑いようのない「史実」w








■武器を放棄して逃げまくる韓国軍■


朝鮮戦争の戦史なら、必ず出てくるけど、李承晩が韓国軍が弱いのは連合軍、米軍が新式の
装備をくれないからだ、 同じものをくれれば米軍よりも強いと言い張って、マッカーサーに直訴、
他の米軍将軍らが猛反対したが、米軍の一般部隊よりも装備は良かった。

韓国軍は供与された新品の戦車、装甲車、自走砲、対空機関砲、野砲、無反動砲、重機関銃、迫撃砲、
バズーカ、小銃拳銃、それら弾薬ともどもすべてを遺棄して、
大半の新品トラックも置き去りで逃走、

毎度毎度、チャルメラだけで潰走して、最新式の武器弾薬を中国軍に献上、
それで、後半戦の中国軍は俄然、戦闘能力が上がり、特に野砲、無反動砲で米軍を駆逐することが増えた。

もの凄い量の韓国軍の遺棄武器弾薬で、それがなかったら、中国軍は休戦時期に頑張れなかったのは事実。

最前線の米軍の大佐や大尉が切れて、何度か李承晩を大統領府から襟首を掴んで引きずり出し、
韓国軍の前で、

「外国人が戦って、肝心の韓国人は逃げてばかり、おかしいとは思わないのか」と演説させた。

これが事実、史実だからね!

それでも相変わらず逃げるので、遂に韓国師団は解体されて、米英師団に吸収され、
韓国兵は雑用にだけ専念させることになった。




■物乞いに成り済まして逃亡する韓国軍の将軍たち■

朝鮮戦争のとき、中共軍と北朝鮮軍は韓国軍だけを狙った。いい獲物だったからだ。
1951年の敵による春季攻勢では、中共軍の小部隊が韓国軍3個師団の後方にある峠道
を1本占領したところ、たちまち数万人の大部隊が浮き足立った

将軍たちは物乞いに成り済まして逃亡した。米軍の指揮官があきれ返り、韓国軍の
軍団長に「あなたの軍団はどこにいるのか」と尋ねたところ、軍団長は「知らない」
と答えた。恥ずかしいという言葉ですら、表現し尽くせない

そのとき中共軍に捕らえられた数万人の韓国軍捕虜が、端が見えないほど長い列を
作っている写真を見た。「今は違う」と、幾度も自分に言い聞かせた。しかし現在の
状況は、果たして韓国軍の本質がその当時とは違うのか、と問い掛けている。
また、韓国国民本質がその当時とは違うのか、と問い掛けている

http://www.chosunonline.com/news/20101205000023



★チョーセンジンって、古代から現代まで、いつの時代も「臆病者」で「卑怯者」なんだね


ポチッと応援クリックお願いします






















関連記事