米長官「もううんざりだ」、中国の非合法活動を激しく非難 中国将校5人起訴

 【ワシントン、北京】米連邦大陪審が中国人民解放軍将校の5人をサイバー攻撃による
スパイ行為の容疑で起訴したことで、安全保障上の利益が損われているとの
米国の危機感があらわになった。米政府の動きに中国政府は早くも反発、
今後も激しい駆け引きが展開されそうだ。

 ホルダー米司法長官は19日、司法省での記者会見で
「もううんざりだ。オバマ政権は、非合法的に米国企業に損害を与えようとする
どの国の活動も見過ごさない」と述べ、強く中国を批判した。

 米国がサイバー攻撃で被る損害は年間240億~1200億ドル(約2兆4000億~12兆円)に上るともいわれる。
長官はサイバー空間での脅威が深刻であると「警鐘」を鳴らす意図があるとも強調した。

 米コンピューターセキュリティー企業「マンディアント」は昨年2月、米企業や政府機関への
ハッカー攻撃に中国人民解放軍の「61398部隊」が関与している可能性を指摘する報告書を発表した。
今回の起訴はこれを裏付けた形だ。

 ヘーゲル米国防長官は4月、中国の常万全国防相との会談で、双方が
サイバー能力を開示すべきだと伝えたが、中国側が対応しないことに業を煮やしていた。

 中国はサイバー攻撃を仕掛けているとの指摘を一貫して否定。
ロシアに亡命した米国の中央情報局(CIA)元職員の証言などを引用し、
中国こそが米国のサイバーテロの被害者だと強調、歩み寄る気配はない。



【用語解説】61398部隊

 中国人民解放軍に所属し、上海市内に拠点があるサイバー攻撃の専門部隊と
される。米マンディアント社の報告では2006年以降、100以上の米企業から
データを盗み、コンピューターの専門知識や英語に精通した数百~数千人の要員がいるともいわれる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140520/amr14052008100003-n1.htm



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。




関連記事