中国が最も嫌がる集団的自衛権発動のシナリオ…海上自衛隊掃海部隊が米軍を窮地から救う


安倍晋三首相が集団的自衛権に関連して、「日本の国民生活にとって必要不可欠なシーレーンにおける、機雷除去活動も視野に入れるべきである」との発言をした。

 ペルシャ湾と日本を結ぶオイルシーレーンの第一のチョークポイントであるホルムズ海峡が、イランが敷設する機雷により封鎖された場合を想定しての発言のようであるが、実は日本周辺海域でも中国海軍による機雷戦(機雷を敷設する作戦)の脅威が高まっている。

 東シナ海や南シナ海での軍事紛争、とりわけ台湾を巡って中国が軍事力行使に踏み切った際には、台湾救援に駆けつけようとするアメリカ海軍空母打撃群やアメリカ海兵隊を積載する水陸両用即応群などは、中国海軍によって敷設される膨大な数の機雷によって行く手を阻まれてしまうことになる。対機雷戦能力が貧弱なアメリカ海軍がもたついている間に、人民解放軍は台湾(あるいは先島諸島)を“解放”してしまうことになりかねない。このシナリオは、自らの弱点を熟知しているアメリカ海軍では常識である。


アメリカ海軍最大の弱点とは



 アメリカ海軍は伝統的に対機雷戦が苦手である。

 艦艇や船舶の航行の安全を確保するために敷設されている機雷を除去する対機雷戦は、各種海軍作戦とりわけ沿海域での海軍艦艇の行動や水陸両用作戦にとっては極めて重要な役割を担っている。

 だが、対機雷戦は危険な潜水作業などを必要とし、機雷処理中はわずかなミスにより機雷が爆発し、任務に当たる将兵や掃海艇なども吹き飛ばされてしまう極めて危険な作戦である。

巨砲を打放しての砲撃戦や魚雷戦、それに現代ではミサイルを発射して敵を撃破するといった“派手な”戦闘活動とは程遠い“地味な”対機雷戦は、重要かつ危険度が高い反面、認知度は低くまさに“縁の下の力持ち”といった存在である。

 地味な任務のせいなのか、あるいは綿密な計画と器用な作業手順が要求される職人技がアメリカ国民性に合わないせいなのか、自国が機雷により封鎖される恐れがあまりないという安心感からか、ともかく米海軍は十二分に対機雷戦の重要性を理解してはいるものの、対機雷戦能力は決して高くはない。

 朝鮮戦争中、朝鮮半島沿岸海域に大量に設置された機雷のために上陸作戦や沿海での海軍作戦に支障をきたしていた米軍を中心とする国連軍は、自ら強力な対機雷戦能力を持たなかった。そこで日本海軍から唯一存続した掃海部隊(海軍が消滅させられたため、旧海軍掃海部隊は海上保安庁に所属していた)を活用することに決し、当時日本は被占領中であったために日本政府に圧力をかけて超憲法的措置として日本掃海部隊を朝鮮半島の戦闘海域に派遣して対機雷戦に従事させた。

 朝鮮戦争終結後も、アメリカ海軍の対機雷戦能力が著しく強化されることはなかった。そのため、湾岸戦争の際もペルシャ湾内に設置された多数の機雷に頭を悩ますこととなった。そこでアメリカは日本に対して海上自衛隊掃海部隊の出動を要請した。湾岸戦争継続中の掃海部隊派遣は実現しなかったものの、戦闘停止後に海自掃海部隊がペルシャ湾で大活躍したことは記憶に新しい。

 その後も、アメリカ海軍対機雷戦能力はさしたる増強がなされていない。現在アメリカ海軍が運用している対機雷戦用軍艦は、アヴェンジャー級掃海艦(MCM-1~14)14隻だけである。一方、海上自衛隊は掃海艇と掃海艦を合わせて25隻も運用しており、アメリカ海軍が保有していない掃海母艦も2隻運用している。軍艦の数だけでなく、海自の掃海能力の高さはアメリカ海軍や中国海軍はじめ世界中の海軍で定評がある。


中国海軍の強力な機雷戦力

中国人民解放軍が台湾侵攻をはじめ東シナ海や南シナ海で軍事行動を起こす場合に最も厄介な障碍となるのがアメリカ海軍の介入である。そのため人民解放軍は、空母打撃群をはじめとするアメリカ海軍艦艇や航空機が、台湾周辺海域や東シナ海、それに南シナ海での人民解放軍作戦地域に接近するのを阻むための戦略、すなわち「接近阻止・領域拒否(A2/AD)」戦略を成功裏に遂行できるように戦力を構築し、訓練に励んでいる。

 このA2/AD戦略のために人民解放軍は多数の各種対艦ミサイルや対空ミサイルを東シナ海や南シナ海沿岸地域に配備し、爆撃機や戦闘攻撃機から発射する各種対艦ミサイルの開発を推し進め大量に生産を続けている。また、アメリカ海軍空母打撃群を待ち受けて脅威を与えるために近代的潜水艦や、攻撃原子力潜水艦の建造にも余念がない。


そして、昨今アメリカ側が最も恐れているのが、アメリカ海軍航空母艦や強襲揚陸艦を撃破するために開発が進められている東風21丁型(DF-21D)対艦弾道ミサイルである。完成の暁には、中国本土から発射されるDF-21Dの第一撃で巨大な原子力空母は戦闘力を失い、第二撃で海底に叩き込まれることになる。

 しかしながら、これらの“派手”な兵器以上に、アメリカ海軍戦略家たちが“心の底から”心配しているのが、中国海軍が着々と用意している膨大な数(7万個とも10万個とも言われている)の機雷である。ちなみに、機雷の起源は中国であり、明の時代にはすでに機雷が用いられていたという。

 中国人民解放軍は、アメリカ海軍にとって最大の弱点が対機雷戦であることを繰り返し内部の論文や機雷戦教本などで指摘している。そして、その弱点を徹底的に逆手に取ることにより、全体としてはまだまだ正面衝突はできないアメリカ海軍の侵攻を挫折させようとしているのである。

 想像を絶する数を揃えている中国海軍の機雷の多くは、旧式の部類に属するものと考えられている。だが、第2次世界大戦中に用いられた骨董品的機雷といえども、触雷してしまえばどのような最新鋭軍艦でもダメージを受けてしまうため、いかなる種類の機雷が敷設されていようともそれらを除去して航路の安全を確保しなければ、海軍作戦は実施できない。

 中国海軍は、そのような古典的機雷だけでなく、ロシアから最新機雷技術を手に入れ、様々な種類の最新鋭機雷の開発も進めており、30種類近くの各種機雷を保有している。


中国機雷戦を阻止できるのは海上自衛隊

中国海軍は、台湾侵攻に際しては台湾周辺海域に1万5000個程度の機雷を敷設し、台湾を海上封鎖してしまうと考えられている。そして台湾周辺海域に来援するアメリカ艦隊の接近を阻止あるいは一時的に停止させるために、侵攻ルート上に機雷原を設置することになる。

 当然、先陣をきって出動するアメリカ艦隊は横須賀や佐世保を母港とする艦艇で編成されるため、それらの軍港周辺海域や、より幅広く日本周辺海域にも機雷原を設置してアメリカ艦艇の行動を阻止しようとするであろう。実際に、中国海軍は海軍民兵によって機雷を敷設する訓練も実施している。そのため、漁船や貨物船などにより日本領海に接近して(あるいは侵入して)機雷を設置する能力を保有していることは間違いない。


このような中国海軍の機雷戦にとって、佐世保を本拠地にする4隻のアメリカ海軍掃海艦はそれほどの障碍にならない。しかしながら、日本が台湾とアメリカ海軍防衛のために集団的自衛権を発動して海自掃海部隊を繰り出してきた場合、中国のA2/AD戦略に大きな障壁が立ちはだかることになる。

 すなわち、海自掃海部隊が機雷原に航路帯を開削することで、米艦隊が無傷で接近してきてしまい、中国の目論見の1つが崩れ去ってしまうのである。


海自対機雷戦部隊の出動は集団的自衛権発動の好事例


中国人民解放軍は、人目を引く空母建設やDF-21D開発などをブチ上げつつ、一方では人目につかないところでA2/AD戦略に勝利するための“真の主役”である対米機雷戦の準備を着々と推し進めている。

 ただし、中国海軍は、海自の対機雷戦能力が米海軍の弱体な対機雷戦能力の穴埋めをしてしまうことを恐れている。それは中国海軍が論文や教本の中で海自の対機雷戦能力の高さに言及していることからも見て取れる。

 筆者は、同盟国や友好国にあらぬ期待を抱かせる可能性のある“限定的集団的自衛権”という考え方には賛同しかねる。

 しかしながら、万端やむを得ず集団的自衛権行使の解禁をどうしても何らかの形態のみに限定して認めざるをえないのならば、「台湾を救援するために出動するアメリカ艦隊が中国が設置した機雷により撃破されないように、海自対機雷戦部隊を出動させる」という事例は、まさに集団的自衛権発動の好事例と考えられる。

 なぜならば、台湾防衛は日本の国益防衛のために必要不可欠であり(台湾が中国共産党の手に落ちると日本のシーレーンが脅かされるだけでなく、先島諸島は台湾に陣取る人民解放軍の脅威下に置かれてしまう)、強力な機雷原という急迫した危機に直面した同盟軍を救援することになるからだ。

 そしてなにより、世界屈指の海上自衛隊掃海部隊がアメリカ艦隊に協力することは中国人民解放軍が最も嫌がるシナリオなのである。

2014.06.19

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40980



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。







関連記事