ロシアビジネスのカギを握るフィンランド…ロシアと西欧に挟まれた苦難の歴史がいま実を結ぶ

や旧聞に属するが、昨(2013)年11月、在京フィンランド大使館でビジネスセミナーが開催された。「欧州のハブ、ロシアへのゲートウェイ」と題されたセミナーは、フィンランドから外務省対外経済関係担当次官が来日する熱の入りようだった。

 さらに興味深いのは同セミナーに対しては在ヘルシンキ日本大使館が積極的にサポートしていることである。


日本とフィンランドが組んでロシアビジネスの拡大狙う


フィンランドと日本がタッグを組んでロシアビジネスを開拓しようというのは、特に現在のようなロシアを巡る国際情勢が困難な時期にあっては大いに検討の余地がある。

 なぜフィンランドか?

 フィンランドと言っても日本には残念ながら馴染みの薄い国である。多くの日本人にとってはサンタクロースとムーミンの国というイメージしか湧かないのではないだろうか。

 余談だが、在京フィンランド大使館員の名刺にはムーミンの登場キャラクターがプリントされている。大使の名刺ではスナフキンがアコーディオンを奏でている。クールジャパンにもこれくらいの徹底ぶりが必要かもしれない。

 フィンランドはロシアの北方に位置し、国土面積は34万平方キロメートルと日本と大差ないのだが、人口はわずか530万人の国である。

 中世から冷戦終結に至るまでスウェーデンとロシア(ソ連)という両大国の支配を受け、特に第2次大戦後は自由主義・資本主義体制を維持しながらソ連との政治的関係も維持するという非常に難しいバランスを維持し続けた国である。

 1984年、当時の中曽根康弘首相が「日本が防衛努力を怠ると、フィンランドのようにソ連の属国になる」と発言して物議を醸したことがあったが、フィンランドのソ連との苦渋の付き合いは、現代になって両国ビジネスに大きな成果を生んでいる。

 フィンランドの有利な点はこうした歴史的背景ばかりではない。


 昨年発表されたOECD(経済開発協力機構)の国際成人力調査(PIAAC)のランキングではすべての項目で2位となるなど国民の教育レベルは高く、さらに2013年の「Transparency International」では国の非汚職度ランキングが3位、同じく世界銀行の「Doing Business」ランキングは12位と、ビジネスには世界でもトップクラスの環境が整っている。



問題児ロシアの隣国は優等生

問題児ロシアの隣国だけにその優等生ぶりは際立っている。

 筆者もヘルシンキには何度か立ち寄ったことがあるが、モスクワと比べてすべてがキチンとしていて安全な街との印象がある。フィンランドではフィンランド語とスウェーデン語が公用語だが多くの国民が英語を話し、さらにロシア語を話す国民の数も多い。

 先に述べたように日本では印象の薄いフィンランドであるが、ロシアではフィンランド企業は大きなプレゼンスを誇っている。

 その筆頭は、現代のロシアでは政府高官からオリガルヒ、学生から田舎に暮らすバーブシュカ(ロシアのお婆ちゃん)にも欠かせない必需品、「携帯電話」、そのリーダーであったノキア「Nokia」である。



 日本は世界でも例外的なマーケット(ゆえにガラパゴスとのちに揶揄されるのだが)であったためピンとこないが、スマートフォンが普及する以前は携帯電話と言えばノキアであり、世界中至る所であのノキアチューン呼び出し音を耳にしたものである。

 ロシアも例外ではなかった。モスクワ中心部にあったかつてのノキアのショールームは今やサムスンに取って代わられたのであるが、ロシアでは現在でもノキアの人気は高く、スマホでも「Windows OS」を使う人が比較的多い印象を受ける。

 また、1990年代にモスクワで生活する外国人には不可欠の存在であったスーパーマーケット、ストックマン(Stockmann)もフィンランドを代表するデパートである。

 ヘルシンキの本店は、東京・日本橋の三越本店を連想させる建物で、北欧では最大のデパートである。

 同社は1989年からロシアにおいて輸入食料品・日用品をスーパーマーケット形式で、つまり顧客が自分の手でカートに入れる形式で販売し始めたのであるが、ロシアでは今でこそスーパーマーケットは珍しくもないが、当時のロシア人には大きなカルチャーショックであったに違いない。


筆者がモスクワに住んでいた2000年当時はストックマンは市内中心部に食品・日用品のスーパーマーケットを運営するだけであったが、現在ではモスクワの大型ショッピングセンターで衣料品や雑貨までを扱うデパート形式の店を5店舗(うち1店舗はアウトレット)、サンクトぺテルブルク(規模は最大)、エカテリンブルクに各1店舗を展開している。

メディア産業にもフィンランド企業が続々参入


フィンランド企業が活躍するのはBtoCビジネスだけではない。ロシアでは外資系企業が参入するのが難しいと思われている分野、「メディア」である。

 フィンランドの大手メディア企業ソノマ(Sonoma)社はオランダの投資家と共に1992年にソノマ・インディペンデント・メディア(Sanoma Independent Media)を設立、現在では50タイトルの雑誌(海外ライセンス中心)・新聞を出版、購読者数は1200万人、雑誌広告市場の25%のシェアを誇る。

 同社の雑誌タイトルにはロシア国内女性誌でナンバーワンの人気を誇るコスモポリタン(Cosmopolitan)、我々ビジネスピープルには欠かせない経済紙ヴェドモスチ(Vedmosti)、1992年創刊の日刊英字紙「The Moscow Times」、意外なところでは Harvard Business Review などがある。


 また、こうした雑誌の多くがフィンランドで印刷製本されロシアに輸入・販売されていることも注目に値する。

 さらにフィンランドの強みは、個々のビジネスマンがロシアビジネスに深いネットワークを有していることである。

 筆者の知人のフィンランド人バンカーは1990年代からロシアの外資合弁銀行で取締役を務めていたのであるが、つい数年前まではロシアの最大手銀行であるズベルバンクで唯一の外国人役員を務めていた。

 ズベルバンクはロシア中銀が過半数を保有する国営銀行である。彼は現在はロシア大手商業銀行の頭取を務めている。

 ロシアのローカル銀行で外国人が頭取を務めている例は筆者の知る限りほかにはない。フィンランドがいかにロシアビジネスに深く浸透しているかを示すよい例であろう。

 しかし、フィンランドから見習うべき点はそれだけにとどまらない。フィンランドに感心させられるのは、ロシアビジネスの次の段階、すなわちロシアからフィンランドへの投資促進に周到な準備をしていることである。

6月初めにモスクワ郊外スコルコヴォで“StartupVillage”と題するベンチャー向けの一大イベントが昨年に続き開催された。


ロシアビジネスを考えるならフィンランドと組むのも1つの手


主催はロシア版シリコンバレー計画を担う「Skolkovo Foundation」であり、ロシア全国26都市で開催されたスタートアップ企業750社によるピッチコンテストの最終選考の舞台である。

 2日間のイベントには9000人の参加者が集まり、2日目にはスコルコヴォ計画の提案者であるドミトリー・メドベージェフ首相も登場した(ちなみに、会場は当日朝から厳戒態勢で数時間前にはスナイパーまで配置されていた)。

 そしてこの Startup Village を企画したのはフィンランド人 Pekka Viljakainen 氏である。同氏は Skolkovo Foundation のCEO(最高経営責任者)ベクセルベルグ氏のアドバイザーという肩書であるが、テクノロジーの分野でもフィンランドの人的ネットワークには感心させられる。

 またフィンランドの政府系イノベーション投資機関であるTekesは今回のイベントの後援に加え、ピッチコンテストの審査員、スタートアップ向け講義セッションの主催など、活躍が目についた。

 ロシアに対する経済制裁が取り沙汰されている状況下だけに、ひときわ印象的である。さらにTekesはSkolkovoとの間で、両国のテクノロジー企業提携に対する共同投資のスキームにも合意している。

 フィンランドとロシア、筆者が見るに共通点はサウナとウオツカとアイスホッケー(いずれも日本は縁遠いのだが)くらいだが、彼らがロシアで成功した背景・要因を日本が一朝一夕で得ることは難しい。

 フィンランドとの協力を進めることで、これからロシア進出を企図する日本企業が得られる経験・ノウハウは貴重である。



2014.06.20

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41011





ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事