【調査】アメリカ人の好きな国、嫌いな国「日本、好きな国3位」「中国、嫌いな国3位」

米シンクタンクのピュー研究所は、「アメリカ人の好む国、好ましくない国」の調査結果を発表しました。
「好む国」1位はカナダ、日本は3位にランクインしています。


■アメリカ人の好む国、好まない国(カッコ内の数値は「好まない」と答えた率)

1位 カナダ   81%(9%)
2位 英国    79%(9%)
3位 日本    70%(20%)
4位 ドイツ   67%(16%)
5位 ブラジル  61%(15%)
6位 イスラエル 61%(26%)
7位 フランス  59%(24%)
8位 インド   46%(33%)
9位 メキシコ  39%(52%)
10位 中国    33%(55%)
11位 ロシア   32%(54%)
12位 サウジ   27%(57%)

出典 Pew Research Center


同じ隣国でもカナダは「好む国」の1位ですが、不法移民の問題があるメキシコは「好まない」という回答が半数以上。

第二次世界大戦の敵国であった日本は、世界経済のライバルでありながらも、「好む国」の3位にランクイン。
しかし、「好まない」と答えた人も5人に1人います。

環境問題、個人情報の方針で食い違いのあるドイツは4位。ドイツを「好まない」と答えた人は16パーセント。

「好まない国」の1位サウジアラビアは、シリア問題を巡って米国とは異なる方針であることが原因であると、同研究所は分析します。

ロシア、中国については、「共産主義VS資本主義」といった過去の冷戦時代の名残と、旧敵国の急速な経済発展に対する
米国人の複雑な心情が正直に表れた結果でしょうか?

日本でも同じような調査が行われた場合、どのような結果になるのかと興味津々です。

Which countries Americans like…and don’t.
http://www.pewresearch.org/fact-tank/2013/12/30/which-countries-americans-like-and-dont/

提供:マイナビウーマン

アメーバニュース 2014年10月01日 23時09分
http://news.ameba.jp/20141001-675/




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しています。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。







関連記事