中国は韓国を正式名称で呼ばない

中国の習近平主席が去る7月3・4日に韓国を訪問しました。 その時にソウル大学で講演したのですが、その最後の挨拶で「大韓民国 愛しています」と言ったとして、韓国ではちょっと話題になっています。 実際には韓国語で「カムサハムニダ(感謝します)」と言ったのですが、習主席の韓国語があまりにも拙かったので、韓国人には「テハンミングッ サランハムニダ(大韓民国 愛しています)」のように聞こえて、ある放送局がこの間違いをそのまま字幕にして放送してしまったというお粗末な話です。 しかしこれが中国への親近感をさらにもたらしたらしく、この間違いを信じている韓国人が多いようです。



 ところで韓国の雑誌『週刊朝鮮』に、以上のような事情を解説する記事なかに次のような一節がありました。


中国の最高指導者が韓国の正式国号である「大韓民国」という用語を使うことは珍しい。 中国は自国のことでなければ、「大きい」を意味する「大」の字を修飾語につけることを非常に嫌がる。 実際に習近平のこの日の講演では、韓国を「韓国」もしくは「半島」と一貫して呼んだ。 韓国は21回、半島は10回であった。 




 中国は1948年に建国された今の韓国には正式国号を使わない、その理由として正式国号に「大」があるからだ、という解説です。 成程、これは当たっているだろうと思います。

 日本では社名に「大日本」が入っている企業がいくつかあります。 かなり以前ですが、その一つが中国に進出したら、社名に「大」があることで中国人から大きな反発を受けたという記事がありました。 我々は「大」があろうがなかろうが中身の方が重要なのだからと余り気にしませんが、中国人には大事(おおごと)のようです。 

 中国が他国のことで、たとえ正式名称であっても「大」の入った名前を使わないというのは中華思想そのものです。 従って韓国を正式国号「大韓民国」で呼ばないというのも、相手を見下す発想から出てきたものと言っていいでしょう。

 習主席が「大韓民国 愛しています」と言ったという間違いを無邪気に信じ、中国に親しみを持ったという韓国人が気の毒に思えます。

辻本武 tsujimoto blog より転載

2014/08/18
http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/08/18/7416402





ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しています。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。





関連記事