「増税は財務省の陰謀」は言い過ぎ ひび割れた庁舎で働くエリート、高給を望むなら最初から一般企業に就職したはず。ひび割れた庁舎で働く「青臭い」超エリートたち


「御社は昨年くらいに一度建て替えたの?」。
ある財務省幹部が本紙を訪れた際、エレベーターホールで出迎えた私に耳打ちした。 私が「(建て替えたのは)10年以上も前ですね」と告げると、幹部はどこか納得いかない様子で周囲を見渡した。

ただ、幹部がそう感じたのは無理もない気がする。 彼らが勤務する財務省庁舎は昭和18年に完成した。 壁のあちこちにはひびが入り、節電のためか館内全体が薄暗い。 それに比べれば、たかだか築10年前後のビルなんて、まさに新築同然に見えるのだろう。


一般的な尺度でいえば、財務官僚は「超」が付く優秀な人材だ。 東大首席卒業や国家公務員試験トップといった経歴の持ち主がずらりと並び、語学も堪能。 司法試験の合格者も多数いる。 そんな、一般企業に就職したなら「引く手あまた」の人材が、ひび割れた壁に囲まれ、 一般的な公務員とほぼ変わらない給与で、昼夜を徹して働く仕事を選んでいる。

なぜだろうか。 陳腐な言い方になるが、財務官僚は「青臭い」のだ。
取材で話をするたびに、理屈っぽくて、足元よりも先を見すぎる財務官僚の言い分には首をかしげる部分も多いが、 彼らの主張する消費税増税にしろ財政健全化にしろの思想の底流には国の先行きを憂い、 国政の“台所”を預かるものとしての自負がある気がする。

だから、よく週刊誌の記事などでみられる、「財務省の陰謀」や「増税の黒幕」などといったバッシング記事には違和感を覚える。 記事では、財務官僚が出世のために増税をもくろむとか、政治を操っているなどの記述が満載だ。

だが、彼らが高給取りを望むなら、最初から高給企業に就職したはず。 もちろん政策実現のため、多少の政界工作はあるだろうが、悪意がない以上、「黒幕」はちょっと言い過ぎではないか。

年末にかけ、財務省は平成27年度予算の編成に向け、各省との折衝に入るほか、与党とも協議しながら、税制改正大綱の策定を進める。 この時期、財務官僚は今年も休日返上、夜を徹して業務に当たることになる。 取材する私たちも一つ屋根の下、眠れぬ日々が続く。 彼らの「青臭さ」に敬意を払いつつ、政策を厳しくチェックしていきたい。


産経新聞 2014年11月24日(月)20時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00000562-san-bus_all





ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しています。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。







関連記事