「国民を欺く捏造報道」★第4号 放射能ヒステリーの正体★放射能は、どんなに微量でも危険なのか?



まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ




ステップメール講座「Media Watch 第1部 国民を欺く捏造報道」
第4号 放射能ヒステリーの正体

をお送りします。

 東日本大震災での原発危機以来、放射能に対するヒステリックな報道が続いています。これらに踊らされないためにも、科学的知見が必要です。

■初出
Japan On the Globe 国際派日本人養成講座
No.713 放射能ヒステリーの正体
平成23(2011)年9月4日発信


■■■ Japan On the Globe ■■■ 国際派日本人養成講座 ■■■

JOG-Step Media Watch 第1部 国民を欺く捏造報道
4. 放射能ヒステリーの正体

 放射能は、どんなに微量でも危険なのか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 転送歓迎 ■■■■■


■1.「微量の放射能は健康に良い」!?

「微量の放射能は健康に良い」と聞いて、耳を疑った。いかにもイカサマ科学のように聞こえたからだ。しかし、考えてみれば、大量に摂取したら体に毒だが、微量ならかえって健康増進効果がある、という話はあちこちで聞く。

 その典型例が種痘だ。かつて天然痘は40%もの高い致死率をもたらす恐ろしい伝染病だったが、イギリスの医学者エドワード・ジェンナーが、より軽度の牛痘のワクチンを接種すると、種痘にはかからないことを発見した。

 微量の弱い病原体を接種することにより、体内に抗体が作られ、感染症にかかりにくくなる免疫力がつく、というのが、ワクチンの考え方である。

 同様に微量の放射線を浴びると、体内の免疫力が増進して、ガンによる死亡率が大きく減少するという効果が、大規模な医学研究の結果、あきらかにされてきている。

 ジェンナーの種痘法はヨーロッパ中に広まったが、医学会はそれをなかなか認めなかった。また、一般民衆も「牛痘を接種すると牛になる」などという迷信から、なかなか脱却できなかった。

 いかほど微量の放射能でもヒステリックに騒ぐ今日の社会も、実は19世紀の種痘への無理解と同じような状態に陥っている。


■2.ラドン温泉でガン死亡率が減る

 微量の放射能がどのような影響を持つのか、簡単明瞭な例としてラドン温泉、ラジウム温泉の例がある。鳥取県の三朝(みささ)温泉は、世界有数のラドン温泉である。

 ウランは14回の変化を経て、最後は鉛となって安定するが、その変化のたびに放射線を出す。5回目がラジウムで、その次にラドンになる。ラドンは気体で、空中にも水中にも存在する。ラドン温泉とは、このラドンを含んだ温泉なのである。

 三朝温泉地区の住民は、当然ながら温泉に入ったり、また気体のラドンを吸い込んだりして、放射線への露出度が高いわけだが、各種癌での死亡率を見ると、以下のように圧倒的に低い数値が報告されている。

 以下は、それぞれの全国平均を1として、三朝温泉地区と周辺比較地域(鳥取県)の死亡率を比較したデータである。[1,p48]

         三朝温泉  周辺比較地域(鳥取県)
   全ガン   0.49    0.8
   胃ガン   0.395   0.8
   肺ガン   0.345   0.735
   大腸ガン  0.185   0.7

 周辺比較地域の人々も0.7~0.8と全国平均より低いのは、たまに三朝温泉に入ったり、またそこから流れてくるラドンを吸っているのだろう。三朝温泉地区の住民は、そのさらに半分から3分の一という圧倒的な低レベルである。

 ラドン温泉、ラジウム温泉は健康に良い、ということは我が国の先人たちは昔から体験的に知っていたのが、それを実証するデータだと言える。


■3.福島原発の20倍もの放射線を浴びる宇宙飛行士

 微量の放射能は健康に良い、という学説を最初に唱えたのは、ミズーリ大学の生命科学の教授トーマス・D・ラッキー博士だった。ラッキー博士はアメリカ航空宇宙局(NASA)から、宇宙における放射線の、宇宙飛行士への影響を調査することを依頼された。

 宇宙船内では、毎時45マイクロシーベルト(μSv)の放射線を浴びる。宇宙船内で約半年間を過ごすと、19万μSvほどになる。地上で我々が浴びる自然放射線量は世界平均で年間2400μSvなので、その80倍程度である。

 また福島第一原発から20~30Kmのエリアでは8月末現在で1万μSvだから、宇宙飛行士の被曝量はその19倍ほどにあたる。
(1000μSvは1ミリシーベルトmSvに相当するが、本稿では分かり易いように、すべてμSvで統一する)

 しかしラッキー博士が10年以上をかけて、多くの宇宙飛行士の健康状態を調べると、宇宙に行く前よりも、行った後の方が、良くなっている、という事実が明らかになった。

 ラッキー博士は、この研究成果を米国保健物理学会誌"Health Physics"(1982年12月号)に発表したが、世界の放射線学会からは黙殺された。

 当時から放射線の健康への影響については、放射線はどんなに微量でも有害である、と信じられていた。これは米国の遺伝学者ハーマン・J・マラー博士が、ショウジョウバエへのX線照射実験で得られた「当てた放射線量と発生した遺伝子異常の数は比例する」という実験データによる。

 過度の放射線を照射されて遺伝子変異を起こし、モンスター化したショウジョウバエの写真は、一般人にいたるまで放射能への恐怖を植え付けた。

 マラー博士は、この研究によって1946年度のノーベル生理学・医学賞を受賞し、以後、世界の放射線学会はこの考えに基づいて、放射線の安全基準を設定してきた。[2]

 ラッキー博士の発見は、これらの安全基準の正当性を根底から引っ繰り返すものであったから、当時の支配的な学者たちが黙殺した理由も想像に難くない。


■4.微量の放射線がガンを抑制する

 黙殺されていたラッキー博士の発見に、スポットライトを浴びせたのが日本の電力中央研究所の服部禎男博士だった。服部博士を中心とする研究者たちの実験観察は、ラッキー博士の正しさを証明するとともに、マラー博士の誤りも明らかにしていった。

 我々の体の各細胞は、活性酸素や自然放射線により、一日あたり5万~50万回もの頻度で、DNA損傷が発生する。これに対し、数百種類の修復酵素がDNAの修復を行う。

 DNA損傷を修復しきれなかった細胞は「老化」による休眠状態に入るか、ガン抑制遺伝子により「自殺」するかだが、それでも処理しきれなかった異常細胞がガン細胞として暴走し、時には人体自体を死に追い込む。

 強い放射線は激しいDNAの損傷を起こし、修復機能が追いつかなくなって、各種のガンで人体を死に追いやる。しかし、微量の放射線を浴びると、活性酸素抑制酵素、DNA修復酵素、ガン抑制遺伝子などが活性化して、修復機能が増進し、ガン細胞の発生が抑えられる。

 マラー博士の頃は、このDNA修復のメカニズムは発見されておらず、また博士が実験に用いたショウジョウバエのオスの精子は、もともとDNA修復力を持たない細胞だったので、微量の放射線による健康増進効果は、見過ごされてしまったのである。


■5.広島・長崎の被曝者の調査研究

 ラッキー博士と服部博士の研究から、その後、微量放射能の健康への影響が広く研究された。その重要な成果の一つに、広島、長崎の被爆者を対象に行われた様々な健康調査がある。その詳細を見る前に、ラッキー博士の総括を引用しておこう。

__________
 被爆者の両親から生まれた子供に遺伝子異常のモンスターは一人も見つかっていない。半世紀に及ぶ研究の結果、次のような点に関し統計的にみて異常と思われるような影響は見つかっていない。先天性欠陥、死産、白血病、がん、子孫の死亡率、男女割合、幼少期の成長・発達度合い、遺伝子異常、突然変異などである。[1,p73]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 個々の調査結果を見ると、「異常と思われるような影響は見つかっていない」どころか、実際には健康増進効果が見つかっている。

 たとえば広島・長崎両市で約2万μSvの被曝線量を受けた7400人の人々のガンの死亡率は、通常よりも著しく低かった。約2万μSvとは、現在の福島第一原発から20~30Km圏内では1万μSvだから、その2倍に当たる。この水準は、まだ健康に良いレベルだということになる。

 また同レベルの被曝量を浴びた母親の妊娠例5万以上では、死産、先天性異常、新生児死亡などの比率が通常の数分の一というデータも得られている。

 こうした調査を行った欧米人研究者の一人は、次のようなコメントを残している。

__________
 とりわけ、この研究成果は研究に協力してくれた数多くの日本の被曝者やその子供たちを安心させることに役立てなければいけない。なぜなら、彼らの絶大な協力がなければこの研究は不可能であったし、また彼らは長年にわたり誇張されてきた遺伝子異常のリスクを喧伝されて苦しんできた被害者なのだから。[1,p75]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 科学的な調査に基づくことなく放射能の怖さのみを訴えてきた反核派の人々は、そのプロパガンダによって、被曝者を言われなき差別で苦しめてきたのである。


■6.微量放射能の「ワクチン」効果

 さらに大規模な調査が核施設労働者を対象に行われている。8つの研究で、合計800万人年(一人10年としたら、80万人分)と、一般平均サンプル約700万人年のデータに基づいている。

 これによると、5万~10万μSv/年を浴びた各施設労働者たちのガン死亡率は、研究によってバラツキはあるものの、一般平均サンプルの10~50%の水準となっている。

 そして8つの研究のいずれにおいても、10万μSv/年程度までは、被曝量が増えるに従ってガン死亡率が減少している。

 これらの大規模な観測データは、いずれも、微量の放射線が損傷したDNAを修復する能力を高め、ガンを予防する、という医学的仮説と合致している。

 もちろん大量の放射能はDNAを損傷して危険だが、数万μSv/年という程度であれば、その微量の放射能が人体の免疫力を増進する「ワクチン」役を果たす、という事が確かめられつつある。


■7.放射能に汚染した牛肉?

 こういう研究結果をもとに、最近の我が国における放射能騒ぎを見てみよう。

 福島県の農家から出荷された肉牛から、「暫定基準値」(1キロ当たり500ベクレル)の6倍の放射性セシウムが検出されたとして、世間を騒がせた。

 1キロあたり500ベクレルの放射性セシウムが検出された肉を200グラム食べると、被曝線量は1.6μSvとなるという。広島・長崎の被曝者で、健康に好影響のあったという2万μSvの1万分の1以下のレベルである。

 逆に言うと、こういう肉を200グラムの1万倍、すなわち2トンほど食べると、広島・長崎の微量被曝者と同程度の被曝量となる。
 2トンといえば、毎日200グラム食べても1万日、すなわち、27年かかるわけで、そんなに食べても放射能としては、健康には問題のない、あるいは好影響のありうる水準なのだ。逆に、こんなに牛肉ばかり食べていたら、肥満、動脈硬化、高血圧で早死にしてしまうだろう。

 となると、そもそも、この「暫定基準値」の根拠は何なのか、ということになる。結局、これも半世紀以上前のマラー博士の研究に基づいて、「放射能は少なければ少ないほど良い」という仮説から、根拠もないままに、無理矢理低い水準を設定したものなのではないか。わざわざ「暫定」とつけている所に、そんな逃げ道が感じられる。

 こんな「暫定基準値」を何倍か越したからと言って、風評被害にあう農家の方こそ良い迷惑である。無知に基づく放射能ヒステリーが、被災地をさらに苦しめている、という他はない。


■8.中国の黄砂による放射能には、なぜ騒がないのか?

 かつての反核派は、アメリカの核ミサイルには大騒ぎしていたのに、ソ連や中国の核ミサイル、核実験にはなんら声を上げなかった。これをダブル・スタンダード(二重基準)と言うが、現在の放射能騒ぎにもそれが見られる。

 放射線防護学の第一人者・札幌医科大学の高田純教授は、中国がウィグル地区で広島の原爆の1375発分に相当する規模の核実験を行い、100万人以上のウイグル人たちが死傷している事を訴えている[a]。

 高田教授によれば、地表核爆発によって黄砂が放射能汚染され、それが偏西風に乗って、日本にも流されてきている。教授の推定では、黄砂によって日本人の体内に蓄積された放射性ストロンチウムは2千-5千μSvに達している、という。

 1.6μSvの牛肉に大騒ぎするなら、2千-5千μSvの黄砂には、その千倍以上も大騒ぎしなければならないだろう。しかし、こういう事を騒ぎ立てるマスコミはない。

「我が国は世界で唯一の被爆国」というのが反核勢力の常套文句だが、それなら放射能の被曝の影響を科学的に突きとめ、合理的な対応を世界に示す事が我が国の役割だろう。

 世論もマスコミも、そして政府ですら、根拠のない放射能アレルギーで空騒ぎをしているようでは、「唯一の被爆国」という看板が泣くのみである。

(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(625) 『NHK特集 シルクロード』の裏側
 史上最悪の危険な被爆地に、毎年数万人規模の日本人観光客が訪れている。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h21/jog625.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. T・D・ラッキー、茂木弘道(翻訳・解説)『放射能を怖がるな!』★★、日新報道、H23
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/481740728X/japanontheg01-22/

2. ホルミシス臨床研究会ホームページ、「ホルミシスの歴史」
http://www.thar.jp/contents/history.html


■「放射能ヒステリーの正体」へのおたより

■自動車事故では毎年数千人が死んでいるのに、自動車廃止を訴える人はいない(豊さん)

 放射線問題を見ているとダイオキシン騒ぎを思い出す。70年代に世界中にヒステリーを巻き起こしたダイオキシンは史上最悪の猛毒とされたが、その後の研究で90年代の終わりには人間にとっての毒性は問題にならないと言う結論になった。

 この騒ぎは多分にマスコミが煽り、一部の学者がそれに乗ってダイオキシン猛毒論を展開した事結果だ。また有名はDDT騒ぎはレイチェル・カールソンの「沈黙の春」が引き金となり、世界中でDDTの使用が禁止となった結果マラリアが猛威をふるうようになり年間100万人以上が死亡している。

 これらの環境がらみの問題は純粋に学問的な議論ではなく環境保護ありきの思想が先行した結果誤った結論を出した事が結果的に被害を広げることになっている。放射線、特に低レベルの放射線の健康に与える長期的な影響についてははっきりしておらず、現状の騒ぎはヒステリックに過ぎる。福島原発事故では放射線によって誰も死亡してはいない。

 しかし放射線問題を含む環境がらみの問題では冷静な学術的議論より感情的な環境保護論が幅を利かし、問題を複雑にしている。地球温暖化にしても温暖化反対の中心であるIPCCが科学的事実をねじまげているのではないかと当初から指摘が有り、その学術的中立性に疑問が投げかけられてる。

 科学的に結論が出なくても危険性があるものは排除するべきだと言う予防論もある。しかし、原発事故で一人の死者も無い半面自動車事故では最近は減ったとは言え数千人が死んでいる。では自動車を廃止するかと言えば誰もそうは考えまい。それは自動車のもたらすメリットがデメリットを超えているからだ。

(もっとも人間の命は地球より重いと言う発想からするとこのような功利主義的な考えは受け入れられないはずだが死刑反対論者でも自動車廃止を言う人はいないのはなぜだろう?)

 原発の廃止は考えている以上に日本のエネルギー・産業政策に大きな影響を与える。自然エネルギーへの長期的なシフトは当然として、直ちに原発を廃止すると言うのは暴論だろう。感情にながされず、冷静な議論を望む。


■放射線だけがどんなに微量でも有害だなんてあり得ない(看脚下さん)

 ラッキー教授は元々抗生物質の薬理効果の研究者で、抗生物質は少量では効かないが、多量では害になり、必ず適量があることを知っていました。その観点で放射線の生物影響に関する過去の膨大なデータを見直してみたら、放射線影響も同じだということが分かったのです。

 1970年代にフランスの科学者がゾウリムシを自然放射線から完全に遮断した状態で飼育すると生育が悪くなるのに、その培養液に微量なトリウムを加えると自然界と同じ程度に生育が回復するという結果を報告しました。私はそれを知って、放射線だけがどんなに微量でも有害だなんてあり得ないと確信しました。

 ラドン温泉が治療に効くことは経験的に知っていますが、それが放射線の正しい理解に繋がらないのは、国際放射線防護委員会(ICRP)が未だに直線仮説を維持していて、それに基づいて法規制が行われているからではないでしょうか。

 科学的根拠のない直線仮説を維持することによって、どれほど一般公衆に精神的ストレスを与えているか、更に法規制によってどれだけ無駄な税金や民費が費やされているかなどを検証してみる必要があると思っています。


■この種の事実は学界の主流派には決して取り上げられない(達朗さん)

 この”国際派日本人養成講座”は、かなり前から読ませていただいております。なかなか得られない情報があったり、ユニークな見解があったりして、貴重な情報源として活用させて貰っています。今回の”放射能ヒステリーの正体”も数人の友人に早速転送したところです。

 思うに、この種の事実、情報は現在、学界の主流派や、準主流派には決して取り上げられるとは思いません。自分たちの立場を不利にするからです。こういうことは、何も学界に限ったことではなしに、社会現象といってもいいくらい蔓延しているのが現状です。残念なことです。

 大分前の話になりますが、田中角栄元首相の贈賄記事が文芸春秋に掲載され、彼にはこれが決定的な打撃になったように記憶しています。又、米国のウオーターゲイト事件はワシントンポストが執拗に追いかけたからあからさまになったと考えています。

 云うまでもなく、従来の説をひっくり返し新説、新理論を唱えるのは至難の業ですがかといって、これから逃げていたのでは世の中の進歩はありません。

 私の言いたいことは、ご指摘の内容と意見をもっと広く多くの人たちに伝えることを期待したいのです。私も陳腐な考えは出来ますが、是非とも経験豊富な皆さまの知恵を結集して、やり方を編み出して実行してください。


■特定の考え方が固定されて、政治上の主義主張に利用されるのは不幸(匿名さん)

 昨今の福島第一原発の事故に伴う農産物の風評被害に心を痛める一人です。メルマガにも記述されていた通り、ラッキー博士の研究成果を参考に客観的に見る分には私は福島県産農産物は普通に消費して全く問題ないと考えます。JOG読者のみんなで福島県産農産物をネットで購入して消費していきませんか?

 自然科学で研究者による実験・観察・検証・考察から導き出される結論には、残念ながら間違いもあります。福島県民の皆様に決して皮肉を言うつもりではないのですが、あの野口英世博士が出した研究成果も後世の研究者によって次々と否定されているではないですか?

 いま、現在得られる客観的なデータ・事実に基づいて言えることをもとに、基準や政策は決めるべきです。それは決して最終的なものではなくて、新たな問題提起がなされたら、政策当事者や関係者はただちにそれを現行の基準に影響がないか、検証して適宜、基準や政策の更新・アップデートをすべきです。どんな分野でもその繰り返しの歴史ではないでしょうか?

 知らぬ間に考え方や基準が固定されて、それがもとで利権が生まれたり、政治上の主義・主張に利用されるならばこんな不幸はないと思います。伊勢氏が指摘される通り、一部の政治集団は中国やソ連の核に対しては何も抗議しないというダブルスタンダードを犯しており、その様な集団が主張する反原発運動には胡散臭さを感じます。

 確か、あのチャップリンだったと思いますが、原子力に対して人を大量殺害する兵器としてでなく、電力供給の様な平和的なことに使えばいい、と部分賛成していました(出典を忘れました)。

 物事は少しずつ変わるものです。まだ私も手に取っていませんがラッキー博士の著書をみんなで広く世間に紹介していきましょう。


■我々は正しい情報を基に行動出来ているのか?(siketioさん)

 ラッキー博士や服部博士らの研究がを知り、大変驚きました。なぜこのような膨大なデータに基づく成果が殆ど紹介されないのか、理解に苦しみます。

 今回の原発問題を始め様々な議論について、多角的な知見やデータを示す事を通じて、事実に基づいた冷静且つ成熟した方向に導くのは、本来マスコミの使命の筈です。しかし、現状は、その役目が果たされているとは思えません。

 今まで、日本が国として深刻な状況にあるのは、産業構造の変化、BRICSなど新興諸国の台頭が主要因だと思っていましたが、今回の記事を拝読して、それだけではない気がしております。我々は、正しい情報を基に行動出来ているのか、常に肝に銘じる必要がありそうです。

■伊勢雅臣より

 微量放射能の影響については、科学的には決着がついてないようですが、「自動車事故では毎年数千人が死んでいるのに、自動車廃止を訴える人はいない」という豊さんのご指摘は、この問題に関する二重基準をついたものです。

以上




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しています。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。







関連記事