ユダヤ人を虐殺したドイツ人と助けた日本人…慰安婦問題でも両国に大きな差、誤読され続けてきたワイツゼッカー演説



まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ









このところ、ナチス・ドイツに関係する話題が続いた。1つはアウシュビッツの絶滅収容所が解放されて70年の式典であり、2つ目はユダヤ民族の絶滅という大罪を犯したドイツに反省を促す演説をしたワイツゼッカー元大統領の死去である。

 ワイツゼッカー演説は日本人に好評で、被害者への補償ではドイツを見習うべきだという声が多い。

 しかし、ナチスという特殊集団が罪を犯したもので、ドイツという国家・国民ではないという観点からの補償に終わっていることには理解が及んでいない。

 筆者はアンネ・フランクの隠れ家やカウナスの領事館、さらにはアウシュビッツなどホロコーストに関わる諸所をここ数年で訪ねたことがある。

 そのため感慨一入であると同時に補償問題などの議論に関心を持つものである。



犠牲者はユダヤ人だけではなかった

 ナチス・ドイツによるホロコーストは強制労働による絶滅ばかりでなく、身障者の安楽死、人体実験、断種不妊手術など、優生政策に基づく拷問・虐殺以外の何ものでもなかった。

 しかし、民族的迫害はユダヤ人だけではなく、ポーランドやソ連の知識人、少数民族の絶滅も計画していた。

 多数民族が軽蔑の意を込めて「ジプシー(文化のない野蛮人)」と呼ぶロマ民族も、「犯罪種族」「純潔を乱す劣等人種」「反社会的な労働忌避者」などと見なされ、多く(50万人と言われる)が強制収容所へ連行・虐殺された。

 ただ、ユダヤ人犠牲者の多さ(約600万人)に加え、1948年にはユダヤ民族国家のイスラエルが建国されたことなどから、ユダヤ人犠牲者を主体に対処が進められてきた。

 ロマに対しては依然として偏見と差別が存在し続けた。特に西ドイツやオーストリアは民族差別的態度をとり続け、ロマがようやく連帯して「ロマ協会」を作ったのは1989年であったとされる。

 10歳でアウシュビッツに収容され、その後ビルケナウ、ラーヴェンスブリック、ベルゼン・ベルゲンなどの収容所を2年半にわたって転々とした後、生きて帰ったロマ人の記録(チャイヤ・シュトイカ著『ナチス強制収容所とロマ』)を読んだ。

まともに衣食住が与えられなかったので、「人肉を食べている人も少なくない」とか「錆びた釘が突き出た床のため、(寝るために)ワラクズを集めた」などが書かれており、生き地獄そのもので、涙なしには読めない。



 EU結成後の欧州では経済的な発展が見られ、少数民族問題は忘れ去られた感があった。しかし、ここ数年の経済状況の悪化で、苦境にあえぐ国々からはまたもロマ追放の動きが起きている。

 アウシュビッツ絶滅収容所跡地で2015年1月27日に開かれた記念式典には関係各国首脳や数少ない生存者などが集まったが、解放したソ連(当時)からのウラジーミル・プーチン大統領の姿はなかった。

 EU加盟を熱望するウクライナ、それを阻止しようとする親ロシア派の多い東部ウクライナとロシアの確執から、EU加盟国の一員であるポーランド大統領からの招待状が発出されなかったからである。ここに見られるのも、根本的には民族問題である。




ユダヤ難民を救出した日本軍

 ヒットラーのユダヤ人迫害から逃れるため、多くのユダヤ人が助けを求めて日本人と接触してきた。最も知られているのはTVドラマ「命のビザ」で知られる、カウナス領事代理であった杉原千畝の功績(約6000人救出)である。

 当時の領事館は「希望の門 命のヴィザ」という表示とともに記念館として保存されている。

 イスラエルに勤務し、その後ウクライナ大使を歴任した馬渕睦夫氏の調査によると、杉原宛て外務省訓令は、(1)最終目的地の入国ビザを持っていること(2)旅行中の生活を支える資金を持っていることの条件でビザを発給する内容となっているそうである(『いま本当に伝えたい 感動的な「日本」の力』)。

 杉原の人道的行為は敬意に値するし、九死に一生を得たユダヤ人が杉原への感謝を込めて「正義の人」に推薦し、追悼セレモニーなどが行われたことなどから、「訓令に違反して」ビザを発給し「解雇された」という美談に仕立てられたようである。


 その一方で、軍部がさらに多く(約2万人)のユダヤ難民を救出したことが忘れられている。

 無謀な戦争を仕かけて敗戦をもたらし、国民を塗炭の苦しみに追い込んだ軍部とみられてきた日本においては、致し方なかった点もあろう


しかし、東京裁判で日本無罪論を展開したパール判事の言葉ではないが、戦後の70年を迎えた今日、真実は真実として語られなければならないであろう。




カウナスの領事館

 ドイツを追われたユダヤ人はポーランド(「欧州のユダヤ国」とも呼ばれるほどに多くのユダヤ人がいる)を希望するが果たせず、ソ連入国を目指してシベリア鉄道で満州国境までやって来た。

 当時、日本はドイツと友好関係にあり、ユダヤ人受け入れに関してドイツからクレームが来た。しかし、関東軍参謀長であった東条英機中将は「人道問題」として満州入国を許可する。

 杉原の行為(1940年)に先立つ2年半前のことである。ユダヤ難民を救った軍人2人は、ハルピン特務機関長の樋口季一郎少将と大連特務機関長安江仙弘(のりひろ)中佐である。

 樋口は「敗戦の故に彼(東条)の長所の全部を抹殺することには賛成しない。彼は正当なる考慮に出たものとして敬意を表する」と記している(『陸軍中将 樋口季一郎回想録』)。

 ユダヤ民族に貢献した人やユダヤ人を救済した人を顕彰する、イスラエルで最も権威ある『ゴールデン・ブック』に2人の名は記載されており、平成23(2011)年5月、「自由社」発行の中学社会『新しい歴史教科書』にも記載された。




今も聞こえてきそうな生々しい声

 アウシュビッツには130万人が収容され、80%が虐殺されたとされる。筆者は2014年6月、アウシュビッツを訪ね、持参のお線香を手向けた。すぐ近くにはロマ人を収容したビルケナウ収容所がある。

 当時この地はドイツに占領されていたので、ドイツ語名でアウシュビッツと呼び続けられ、ユダヤ人虐殺記念館となっている。しかし、周辺は住宅地などに整備され、今日ではポーランド名でオシフィエンチムと呼ばれている。

 アウシュビッツが強制収容所に選ばれたのは、方々にいたユダヤ人の中心地的な場所だったからである。

 1月27日のNHK「ニュース9」は、解放された日のアウシュビッツ収容所から多くの子供たちが出てくる姿を映し出し印象的であった。


今も残る収容所の建物や彼らを運んだ列車の引き込み線、建屋内に残された拷問跡や焼却炉、さらには子供たちが履いていた靴や絨毯にも使われたという女性の髪などを見ると、人間がやることかとおぞましくなると同時に、声が聞こえてきそうであった。



 ヨーロッパ各国では語り継ぐために、学校の教育に取り入れ、若者たちに収容所を訪ねることを奨め、今では訪問者の7割にもなっているそうである。

 しかし、こうした残虐が過去の歴史であるばかりでなく、今も存在するところに悪寒を覚えずにはおれない。言うまでもなく北朝鮮やISIL(Islamic State in Iraq and the Levant=イラクとレバントのイスラム国)の断末魔的な凶暴である。

 ISILに夢を持って入国し、実情に失望した若者120人を直近の半年間で処刑している。そればかりではなく、日本人2人を含む多くのジャーナリストや医療・人道支援者などを身代金目的などで殺害してきた。

 また、やむなくISILの勢力圏に組み込まれた人々に対しても、有無を言わせない強権で拷問などが繰り返されているようである。



民族抹殺と南京事件は次元が違う

 補償問題などで、日本はドイツに見習うべきだと朝日新聞などは主張する。しかし、日本は他の民族を抹殺するようなことはしていないし、南京事件や慰安婦問題は戦争に伴って起きた通常の事件・事案でしかない。

 中国や韓国が事実を歪曲して誇大に喧伝しているだけである。

 ドイツは優生思想からユダヤ民族などを迫害し、絶滅計画を持ち、実際にアウシュビッツなどで大量虐殺を行った。これは戦争で起きる通常の犯罪ではなく、人道に対する大罪である。

 このことをドイツが認めると、国家そのものが成り行かない。そのために、どうしても国際社会の関心から逸らしたい一心で、何かと日本をやり玉に挙げ、糾弾に走る傾向がある。

 日本は迫害どころか、多くのユダヤ人の命を救ったことは先述した。南京事件の補償問題でドイツに見習え論がよく出されるが、その誤りを指摘するのは西尾幹二氏である(『日本はナチスと同罪か 異なる悲劇・日本とドイツ』など)。


ワイツゼッカー大統領(当時)は、「過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」で膾炙される演説で、犠牲者の冥福を祈ると同時に、ドイツ国民に責任の自覚を求めた。この演説は国際社会で評価され、ドイツの信頼回復に大きく寄与したとされ、東西ドイツの統一への道を開いたともいわれる。

 ただ、ワイツゼッカー大統領は、ナチスという特殊集団が12年という限定期間に罪を犯したもので、ドイツ「国家」が犯したものではないと、ナチスとの非連続性を強調した。

 従って、国家としての謝罪はしていないし、国家の謝罪というものは、国家が成りゆかないほどに重いということである。




おわりに

 ワイツゼッカー演説は従軍慰安婦問題で日本を批判する場合にも適用される。本論の主題からはそれるが、ナチは徹底した管理売春制度を持っていたことを付言しておきたい。

 「少女や女性が迫害され、強制売春に使役された。暴行されたユダヤ女性は『戦場娼婦』という焼印を押されるか、刺青をされ」、『ヒットラー軍団御用達』にされた」(ヘルケ・ザンダー編著『1945年 ベルリン解放の真実―戦争・強姦・子ども―』)。

 また、「捕えられた少女や女性が行軍中の兵士や将校を満足させるために『強制労働』(註:文脈から慰安とみられる)をしなければならなかった。慰安婦勤務の際には微笑みを絶やさぬことという規定があった。

 少女や女性たちは、ドイツ人に満足しなかったと『報告』されやしないかという、死の恐怖のもとにあった。3回そのような報告がされた者には死刑執行場行き、即ち死が待っていたのである」。

 他方で、SS(ナチス親衛隊)が婦女暴行などを行った場合(要旨)は「故国と異なる状況下の生活、大きな精神的圧力などで、謹厳にして勇猛な隊員たちも自制心を失う。加えて性的欲望充足の機会も不足して、しばしば緊張をもたらす。厳罰を課すべきであるが、通常の状態であれば適切であるような罰を常に課すのは不要領である」と、特殊状況を考慮して量刑を軽減するように指令している。

 日本にはワイツゼッカー演説の信奉者が多いが、軽々に引き合いに出すべきではないことが理解できよう。


2015.02.16
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42915



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。








関連記事