【朝日新聞問題】 中国大好き、韓国ラブラブ…朝日新聞はやっぱり日本がお嫌い?

まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ







他の紙面審議会委員は、奥正之委員(三井住友ファイナンシャルグループ会長)は慰安婦問題の検証他を『編集担当の記事は自己弁護』 と厳しく言い、斎藤美奈子委員(文芸評論家)も『わかりにくい検証記事』と言った。

湯浅誠委員(法政大学現代福祉学部教授)も『さらけ出した自分への甘さ』と苦言を呈しているのに対し、中島センセイだけが「朝日の取り組みを評価する」などとおべっか……、もとい、お追従……、でもなく、理解を示すようなことを言い続けている。

中島センセイは第五回『大佛次郎論壇賞』の受賞者なのだけど、これを主催しているのが朝日新聞社だからなのかな。自分に賞をくれた 新聞社に厳しいことが言えないとか。本気で朝日新聞社を擁護していたらよっぽどのバカだけど。でも、中島センセイが朝日新聞社の御用 学者であることに違いはない。

慰安婦問題や本多勝一氏の著作を見てもわかるように、親中友韓と書いて「あさひしんぶん」と読んでもいいほどに朝日新聞は中国と韓国がお好きだ。その朝日新聞の二面には、不定期で『ひと』というコーナーが載る。小さな囲みで、文字数はおよそ六〇〇字弱。かつては吉田 清治氏もこのコーナーで紹介された。


この『ひと』コーナーは、ちょっと話題の人にスポットを当てているのだが、昨年あたりから、私にはどうにも取り上げられる人に「偏り」がある ように感じられていた。

気のせいかもしれないが、駐日韓国大使に就任した柳興洙氏、台湾で日本の弁当本を出版したチューシャンイー氏、残留孤児の映画を撮った山田火砂子氏、五度目のお遍路を歩いた韓国人・チェサンヒ氏、中国で抗日映画に出演する三浦研一氏、台湾の映画監督ウェイ ダーション氏……、といった面々が昨秋から年明けまでに取り上げられている。

「国家が作るウソを見破るのはいつの時代も簡単ではない。でも、それに従った開拓団が客観的には侵略者だったという事実は消せない。 国家に尽くした日本国民は、加害者であり被害者だったのです」

残留孤児の映画を撮った山田火砂子さんはこんなことを言っている。開拓団が侵略者という件はなかなか過激だ。

『米アカデミー賞の審査を待つのは「活下去」(生き続けろ)という短編。扮する隊長が中国の寒村に踏み込む。若い女性を根こそぎ拉致する。麻袋に身を潜めた少女だけは、なぜか見逃してしまう(中略)日本軍による収奪場面の連続は、反中意識を刺激しかねない。逆に、 日本兵の良心という主題は中国内では相当にきわどい。批判を招くのはまちがいない。


三浦さんが出演した映画の説明だ。必ずしも中韓万歳的な内容ではないにしろ、中韓に関わりのある人や、中国台湾韓国の人たちが多く紹介されることに私は首を傾げている。もっと取り上げられるべき「日本人」もいるんじゃないだろうかと。

その朝日新聞の社会面には、『ニュースQ3』という、なんだかむかしのダイヤルQ2みたいなタイトルのコーナーがある。縦二段横一列を フルに使った大きなコーナーだ。昨年六月に、このコーナーにはこんな記事が載った。

『「嫌中嫌韓」ブーム 出版界から「これでいいの?」』

昨年上半期の新書・ノンフィクション部門の売り上げは「韓国人による恥韓論」「犯韓論」をテーマにした書籍が七冊もトップ10入りしたが、 このブームはおかしいと朝日新聞は取り上げた。

『他国や他民族への憎悪をあおる言説に出版界の中から歯止めをかけられないか』

『関東大震災で朝鮮人虐殺をテーマにした「九月、東京の路上で」は初版二二〇〇部が、発売二ヵ月で既に三刷に。出版元「ころから」 の木瀬貴吉代表は「初版を十年かけて売るつもりの本だった」(中略)「嫌中嫌韓に反対する本も話題になる可能性がある」と期待する』

出版界に注文をつける前にあんたんとこの新聞の偏りを何とかしろよ、と言いたいところだが、親中友韓社からすれば、嫌中嫌韓ブーム は見逃せなかったのだろう。大好きな中国や韓国があしざまに言われているものだから、歯ぎしりしていたのかもしれない。



そんな新聞社だから、三原じゅん子参院議員の発言も見逃さなかった。

さっそくこのダイヤルQ2……、じゃなくてニュースQ3で大々的に取り上げた。

金八担任の不良娘も気づけば政治家になっている世の中だが、予算委員会で企業の国際的な課税回避の問題を取り上げた際、セクシー ナイト三原議員は「八紘一宇」という言葉を使ってしまった。

「ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇であります」

こう前置きしたうえで三原センセイは続けた。

「八紘一宇の理念のもと、世界が一つの家族のようにむつみあい、助け合えるような経済および税の仕組みを運用していくことを確認する崇高な政治的合意文書のようなものを、首相こそがイニシアチブを取って世界中に提案していくべきだと思う」

八紘一宇という言葉は、ご存じのように戦時中に使われたスローガンだ。戦時中の朝日新聞はナチスを礼賛した新聞社だったが、戦後は中国大好き韓国ラブラブ新聞にシフトした。だから、日本は、南京で「三〇万人」もの中国人を虐殺し、朝鮮半島で女性を「強制連行」したと報じるのだ。そんな朝日が三原発言を見逃すはずがない。


ダイヤル……、もとい、ニュースQ3では、昭和五四年の宮崎国体に昭和天皇が出席した際、県立平和台公園にある「平和の塔」で歓迎を受けるはずだったが、塔に「八紘一宇」と刻まれていたため、陛下の意向で場所を変更された――、との記述もある。とどのつまり、陛下で さえ八紘一宇をお気にされたのにセクシーナイト三原はどうして国会でその言葉を使うのだ、というようなことを言いたいのだろう。

八紘一宇の由来は「日本書紀」にあるのだそうだ。神武天皇が大和橿原に都を定めたとき「八紘(あめのした)をおいて宇(いえ)に為(せ)んこと、またよからずや」と語ったのが大本らしい。地の果てまで一つの家とすることは良いことではないか、という意味になる。

これを、国柱会という宗教団体の創設者・田中智学が「八紘一宇」の造語にした。

三原議員の発言は、迂闊だった。彼女自身の考えで発言したのか、それとも側近が用意した原稿を棒読みしただけなのかは定かではないが、 誤解を招く言葉くらいの判断は事前にできたはずだ。さらに言えば、八紘一宇なんて言おうものなら朝日新聞が我先に食いつくだろうことも。

『ニュースQ3』という、かつてのダイヤルQ2みたいなタイトルのコーナーは、朝日新聞の「本音」が実によく見え隠れするコーナーでもあるのだ。 嫌中嫌韓がブームになれば「親中友韓」な朝日新聞はそれとなくヘイトスピーチまがいの偏向思想を危惧し、未熟な議員が未熟な知識で戦時 中を仄めかすような発言をすればすぐに飛びつく。

そして、「最近、日本の文化を外国人にほめてもらったり、海外での日本人の活躍ぶりを紹介したりするテレビ番組が増えている。「数字」も いいらしい」とダイヤルQ……、もとい、ニュースQ3は書き、「どうして?」と続ける。

いかんのか、日本が褒められちゃ。いかんようだな、朝日的には。

以前、TBS系で放映されていた『ここがヘンだよ日本人』に出演していたガーナ出身のサミ・ポップ氏に朝日新聞は取材している。番組では、 外国人にアパートを貸さない、電車内でお年寄りに席を譲らない日本人について「おかしいよ」を連発したそうだ。収録中、日本人タレントと 大喧嘩をしたこともあるらしい。

『ポップさんは、東京五輪開催が決まり、番組の作り手側にも日本をよく見せたいという意識が高まっているのではと感じる。

「外国人がほめれば日本人は安心するのかな」

それもヘンだと、ポップさんは考える』


記事中には、TBS系の『所さんのニッポンの出番!』やテレビ朝日系『世界の村で発見!こんなところに日本人』、テレビ東京系の『世界ナゼ そこに?日本人』『和風総本家』といった、日本を見直すような番組が軒並み高視聴率を上げている、とある。高視聴率の背景を、番組プロ デューサーはこう説明した。


「いまの視聴者にはバラエティー番組から有益な情報を得たい欲求があり、日本を肯定したいという時代の空気も感じた」

そして、ダイヤルQ2はこう続く……、もとい、ニュースQ3でした。

『精神科医の香山リカさんは、「不安が多い時代に自信を取り戻したいという気持ちはわかる」としつつ、批判的な面を伝えず褒めるばかりでは客観性に乏しいという。

「近隣国との歴史認識問題などで、ともすれば『自虐』とされた態度への反動としての『日本を取り戻す』動きなのかも』

香山氏は朝日に言わされてるようにも感じられるが、朝日新聞はやっぱり日本がお嫌いで、だから日本が外国人に褒められるのも面白くない らしい。そもそも「外国人にほめてもらったり」という表記そのものに朝日の本質が見えるではないか。

香山氏が言った「自虐」という言葉も、これももともとは朝日新聞がお家芸にしている「自虐史観」が源泉だ。昨夏、朝日新聞が「世紀の大誤報」 を認めなかったら、日本はいまだに韓国人女性を「強制連行」し、「性奴隷」にした国という目で見られていた。

ソウルの日本大使館前に慰安婦像が設置され、カリフォルニア州グレンデール市をはじめ全米各地に慰安婦像が建てられても、私たちの反論は防弾ガラスに雪の玉を投げつけているかのように微弱だった。反論できなかったのだ、朝日新聞が「強制連行は嘘だった」と言わなかったから。 同じように、中国では、日本兵は南京で三〇万人を虐殺したなんてとんでもない言説がまかり通っている。

全部、朝日新聞のでっちあげと虚報が真実のごとく広まったからではないか。

お前らの本社は中南海か青瓦台にあるんじゃないのか、なんて思ってしまう。

政府や企業に不祥事が起これば、朝日新聞はこれでもかというくらい追及してきた。でも、自分たちが「大誤報」を演じ、今度は説明責任を問われる立場になったら逃げまわってばかり。お詫びしますと言っておきながら、韓国中国をはじめ諸外国への説明や国連への働きかけもして いない。揚げ句は中島岳志センセイのような御用学者を使ってフォローさせる始末だ。

そんな新聞社の報道を誰も信用しないよ。

だから、朝日新聞にはいい加減に気づいてほしいんだ私は。朝日新聞には、朝日新聞の虚偽報道が原因で失墜させられた私たち日本人の名誉と信頼を取り戻す義務が課されているってことを。日本と日本人の誇りをこれだけ貶めたのだから、汚名を返上するのは朝日新聞の仕事だ。

中国万歳韓国大好き新聞でもいいけど、日本と日本人の尊厳を売るような報道は、もうやめようよ。それと、国益を損なうような恣意的な報道もね。みんな、それを願ってる。

参考記事:週刊新潮2014年8月28日号
朝日新聞3月13日付他


ソース:ダイヤモンド・オンライン 2015年3月21日
http://diamond.jp/articles/-/68857






ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事