日本語で文章を書くときの自由度の高さは、英語とは比較にならない…K・ギルバート氏

まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ








私はブログとフェイスブックに載せる記事を、原則として日本語と英語の2カ国語で書いている。 記事の題材や資料が英語の場合、先に英語で書いてから日本語に翻訳する。この場合はあまり苦労を感じない。  しかし、参照する資料などが日本語だった場合、先に日本語で記事を書いてから英語に翻訳する場合が多い。このパターンは少々やっかいだ。

 日本語は漢字という1種類の表意文字と、ひらがなとカタカナという2種類の表音文字を組み合わせて表記できる。
しかも、「助詞」をうまく使えば、日本語は文の中で語順を入れ替えることすら自由自在だ。  他方、英語はアルファベットという26文字だけで全てを表現しなければならない。便利な「助詞」は存在せず、倒置法などは限られる。

 ちなみに、日本語の仮名は「五十音」と言われるが、「がざだば」行の濁音、「ぱ」行の半濁音、「ぁ」行と「っゃゅょゎ」という捨て仮名を入れると、ひらがなは76文字。 カタカナは「ヴ」も使うから77文字ある。加えて、常用漢字は2136字/4388音訓もあり、同じ言葉でも、どの文字種を使うかで微妙に意味を変えられる。

 従って、日本語で文章を書くときの自由度の高さは、英語とは比較にならない。 うまい皮肉を日本語で思い付いても、英語で表現しようとすると本当に大変なのだ。

 世界に誇るべき日本語の表現力だが、前回の連載で、君が代の変遷について書く際に、日本の初代文部大臣の森有礼(ありのり)について調べていたら、驚くべき事実を知ってしまった。

 森は10代で英国に留学しており、英語が非常に堪能だった。 この日英バイリンガルの大先輩は「日本語を廃止して、英語を日本の国語にすべきだ」と考えていた。漢字の複雑さを特に問題視していたようだ。  確かに、明治初期の漢字は今よりも複雑で数も多かった。話し言葉は口語、書き言葉は漢文という不自由な習慣もあった。 西洋に後れた政治や経済、科学などの学習に必要不可欠な英単語は、日本では概念すら存在しないものが多かった。

 例えば、「社会」「存在」「自然」「権利」「自由」「個人」「品性」「人格」「情報」「近代」「美」「恋愛」「芸術」「彼・彼女」 などの言葉は、江戸時代の日本にはなかった。明治期の先人が苦労を重ねて生み出したのだ。  もし、これらの言葉が使えなかったら、日本語の文筆作業は相当もどかしい。だから、当時の森の気持ちも理解できるが、現代から見れば、満41歳で暗殺された森の考えは若気の至りだった。


 ところが、本当に漢字を廃止して、独自の表音文字だけにした国が、日本の近くに存在する。 結果、国民の大多数が、わずか70年前の書籍や新聞を全く読めず、真実の歴史に向き合えない。悲劇と呼ぶべきか、喜劇なのか。それが問題だ。
K・ギルバート

2015.03.25
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150325/dms1503251140002-n1.htm?view=pc






語源への手掛かりを失うハングル

韓国語では、化学元素H(hydrogen)のことを「suso」という。

これは漢字で書けば、「水素」で、日本人が作った和製の漢語なのだが、私の受けた学校教育の場では、化学用語として、とにかく「スソ」というのだと教えられただけで、それは漢字で「水素」と書くのだとは、教えられていない。

だから、「スソ」は日常世界とは何ら関係する事のない純学術用語以外のものではなくなる。

現在の韓国のように、漢字を排除して殆どハングルだけを使っていると、言葉に漢語や日本語のイメージは全く浮かぶ事が無く、語源の手掛かりも失うため、全てが固有語であるかのような錯覚が生じてしまう。

だから、「スソ」は日常世界とは何ら関係する事のない純学術用語以外のものではなくなる。


しかし、日本語では「水素(スイソ)」という単語を教われば、誰の頭にも「みずのもと・水の素」という訓が浮かんでくる。

そのように純粋な化学用語でも、日常的な和語の世界に抵抗なくはいる事が出来る。そのため日本では、韓国やラテン語から引用する欧米のように、学術用語が専門的な教育を受けたものにしか解らない、日常世界から遊離した言葉になる事も、それほど多くはないのである。


「日本的精神の可能性」 呉善花 より


--------------------------------------------------------------------------------




■ハングル一辺倒になって多くの語彙が失われた■

こうして、せっかく自国の伝統を生かした漢字ハングル混じり文という、独特な書き言葉表現の形が出来たのに、戦後は漢字を廃止して表音文字のハングルだけにしてしまった。

そのため、韓国でも北朝鮮でも、書き言葉独自の豊かな表現の大部分を失ってしまった。その代わりに促進されたのは、口語中心の言文一致政策である。そうして、文語の中に脈々と生きていた、含蓄に富んだ漢字語表現の多くが死語と化していったのである。

北朝鮮は韓国よりも極端である。

例えば、北朝鮮の新聞を読んでいて「たくさんの水が溢れる」といった表現があって不思議に思った事があった。これは、「洪水」という漢語をハングルの固有語に言い換えた言葉だったのである。

戦後の韓国・北朝鮮で漢字が廃止された事によって弊害の中でも、最も大きなものは、日常的にあまり使われない漢語、しかし、物事を考えるには非常に重要な語彙が、一般の人々の側から次第に失われた事である。


特に高い精神性と抽象的な事物に関する語彙の大部分が、多くの人々にとって縁遠いものとなっていった。そのため一般の韓国人は、そして北朝鮮人も、まちがいなく日常的な感覚から離れて、高度な議論を深めていく事が全く不得手な国民となってしまっている。


たとえば、東方研究会会長の金膺顯氏は、次のように言っている。

「戦後、国粋主義者たちによって、漢字が学校教育から疎外された結果、意味も解らないままに言葉を使い、80%以上の語彙を失い、現在では世界最低の読書率を記録するに至ってしまった。一朝のうちに国民全体が非識字者のどん底に陥った事を痛歎しないではいられない。」

(ハングル+漢字文化1999年8月刊)


--------------------------------------------------------------------------------


80%以上失われたという語彙の大部分が、日常的にはあまり使われない、しかし、文明を論じたり、高度な思考を展開したりしなくてはならない概念語、抽象語、専門語など「漢語高級語彙」の一群なのである。

そのため、韓国には国民一人当たり年間平均購読量が世界最低という、惨憺たる知的荒廃が生み出されている。

「韓国人から見た北朝鮮」呉善花より










漢字が表す二つの世界

                 文 中国社会科学院文学院 李兆忠


http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200303/fangtan.htm


 
 四角い小さな漢字の中に、二つの異なる世界が存在している。

 一つはもともと中国で造られた中国製、もう一つは日本で改造された日本製である。この二つの世界は、「あなたの中に私がいて、私の中にあなたがいる」ようなもので、コミュニケーションにはとても便利だ。しかし多くの場合、この両者は、うわべは親しそうに見えて実は心が通わず、似て非なるものなのである。

 日本語の中の多くの語彙は、見た目では中国語とまったく同じだが、実は意味が非常に違う。中国から来たある代表団が日本の工場を見学したとき、工場内に掲げられている「油断一秒、怪我一生」というスローガンを見て、その文字面だけから「これは油が大切だと言っているのだな」と憶測した。中国語では「一秒でも油が切れれば、生涯自分が悪いと思う」という意味になるからである。


 しかし実は日本語では、これは安全生産のスローガンなのだ。「油断」は「不注意」、「怪我」は「傷を負う」という意味だとわかって大笑いになった、という。

 中国人と日本人がつきあうとき、この種の誤解は避けることができない。私の友人に「猪木さん」という人がいるが、彼はよく私に文句を言う。それは、彼の中国の友人たちがいつも「猪」と「豚」を混同し、日本人はどうして「豚」という姓を好むのかと不思議がるからだ。おかげで彼は、泣くにも泣けず、笑うに笑えない心境に陥るのだという。



 中国語では、「猪」と「豚」の二つの漢字が同じ意味で使われていることを彼は知らない。もっとも、古代漢語では少し違いがあり、「豚」は子ブタを意味していたのだが……。

 日本語の中で使われる漢字の語彙には、中国人の想像を超えるものがほかにもたくさんある。たとえば、中国語での「無理やり」を意味する「勉強」は、日本語では「学習」の意味で使われる。中国語で「夫」を意味する「丈夫」は、日本語では「頑丈」の意味だ。このように、表面の「毛皮」を傷つけることなく、中身の「肉」をすっかり「すり替え」てしまう日本人の知恵と想像力に、感心せざるを得ない。


 しかし、われわれ中国人は、これに驚く必要はない。率直に言えば、現在の中国で使われている中国語の語彙の多くは、20世紀初めに日本から導入されたものだからだ。たとえば、「金融」「投資」「抽象」など、現代中国語の中の社会科学に関する語彙の60~70%は、日本語から来たものだという統計がある。

 
 漢字文化圏に属する多くの国家や民族を見回して見ると、漢字をこのように創造的に「すり替え」、もう一つの漢字王国を樹立し、かつまた中国語へ「恩返し」しているのは、日本だけだ。

 日本のすごいところは、中国の漢字に対して、受動的にそのまま受け入れるのでもなく、愚かにも高慢にそれを拒否するのでもない、自発的にそれを手に入れ、徹底的にそれを消化した後、自分の必要に応じて大胆な改造を行い、自分の言語にしてしまうところだ。だからこそ漢字は、日本にしっかりと根を下ろし、西洋文化の猛烈な襲来に耐えること
ができたのである。


 客観的に見れば、この奇跡は、かなりの程度、日本が島国であるという特殊な地理的環境によっている。広大な太平洋が天然の要害となり、異民族の鉄騎兵の侵入を阻止したばかりでなく、文化的に異民族に同化される運命から逃れることができた。大陸とも適当に離れているため、日本は必要に応じて、自分より先進的な中国の文化を摂取し、ゆっくりとそれを咀嚼し、消化して改造することができた。異文化をどう受け入れるか、その主動権は完全に自らの手中にあったのである。


 これと同時に、1200百年前、日本は漢字を大規模に導入するとともに、「ひらがな」を発明した。ここで日本は自分の文字言語を持った。「ひらがな」は完全に漢字の草書体に啓発されて造られたものではあるが、大和民族の魂の深いところにある必要性から発したものでもある。


 日本人から見るとおそらく、基本的に一つの漢字に一つの音がちゃんと対応している四角い漢字は、柔らかくて滑らかな日本語の感覚や、長さにこだわらない語彙とは多少隔たりがあり、曲線が美しく、簡潔な「ひらがな」こそが、日本人の発想や言語感覚により合致すると映るのだろう。

 「ひらがな」は日本語の形を完成させた。それを用いて発音を表記することができ、漢字の発音を日本化させた。また、直接、日本固有の語彙を書き表すこともでき、助詞として用いてセンテンスを構造することもできる。まさに一石三鳥とも言うことができる。

 「ひらがな」の創造は、日本語が自分の「形」と「心」を探し当てたことを意味する。これによって漢字は第一線から退き、一つの重要な材料として日本語の構造の中に組み入れられた。この時、漢字の固有の意味は、時間の流れとともにひっくり返されたり、「すり替え」られたりすることが必然的に発生した。全体からいえば、漢字の語彙の意味が厳格で重厚な
歴史の含蓄を持っているのに比べ、日本語の漢字の語彙は明らかに軽く、生き生きとしている。使い方もそれほど厳格ではなく、通常、いくつかの異なる漢字を使って一つの日本固有の語彙に表している。それによって人々はさらに、一種の遊びの味を感じるのである。

 漢字に対する違った考え方が、二つの異なる漢字の世界をもたらした。その優劣は、一概に論じられない。しかし、西洋文明が東側に浸透してきた「近代化」の歴史背景の中で見れば、その優劣ははっきりと示されている。当時、激しく湧き起ってきた近代化の流れと西洋の科学文化に直面した中日両国の学者たちは、まったく異なる姿勢と反応を示したのである。

 たとえば、西洋の科学に関する著作を翻訳する際、清朝末期の中国の学者は「中学為体、西学為用」(中国の学問を「体」とし、西洋の学問を「用」とする)という文化的な信念を堅持し、中国の古典を引用して西洋科学の概念を既存の語彙に置き換えようとした。例えば現在の「経済学」を、「計学」あるいは「資生学」と翻訳したり、「社会学」を「群学」と訳したりしたのである。しかし結局は、どうにもならなくなってしまった。

 しかし日本の学者は、実用的で柔軟なやり方で、「文字本位制」の制限を受けずに、意訳の方法によって、数多くの多音節の語彙を作り出し、みごとに西洋の概念を置き換えることに成功した。これによって、日本が西洋に学び、「近代化」の道を歩んでいくうえで、言語の面で道路が舗装されたのだった。


 もし日本が、漢字を借用して西洋の概念を置き換えることをしなかったら、現代の中国語はいったいどのようになっていただろうか。おそらく今よりも寂しいものになっていたのではないだろうか。多分、強い刺激や栄養に欠けているため、すばやく「近代化」することが難しくなったに違いない。


 こうした角度から見れば、日本語の中国語への「恩返し」の功績を、われわれは決して忘れてはならないのである。


http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200303/fangtan.htm











直接 注射 出口 傳染病 電子 動脈 原子 百貨店 入口 時間 決算 企業 小型 工業 廣告 國際間 民族 農民 大型 歴史 劣勢 政黨 社會 市場 自然科學 所得 出版 主體 相對 體育 體操 投資 優勢

これらの言葉の共通点をご存じですか?ちょっと見ればまったく関係ないように見えますが、一つ共 通点があります。すなわち日本が作った漢字という点です。

先月7日、日本の英字紙ジャパンタイムスにアメリカ人ジャーナリスト、マーク・シュライバーさんの「日本漢字の中国語侵入」というコラムが載せられました。日本の明治時期(1868-1912)、幾多の西欧の知識と文物が日本人によって漢字に翻訳されました。これらを日本人たちは‘和制漢語’と呼びます。

中国では‘日本漢語’と翻訳します。‘中華人民共和国’、‘一党独裁政権’、‘高級幹部指導社会主義市場経済’皮肉としか言いようがありませんが、現在中国でたくさん使われるこの三つの用語のうち、中華’の二つの字を抜けば、残りはすべて‘メイド・イン・ジャパン’です。

中国語の中の外来語を研究する専門家の言葉によれば、過去にはサンスクリット語やペルシア語が影響したと言います。ところが現在、中国語の中に日本漢字が約10%を占めると言います。特に社会科学や自然科学用語のうち、約70%が日本漢字だと言います。また、英語を漢字に翻訳しながら中国の古典を借用したことも多いという点もおもしろいです。経済が代表的です。魏国を立てた曹丕が言った「経世済民」を借りてeconomyを翻訳したのです。

このコラムは「日本の明治期(1868-1912)に幾多の西側の知識が漢字に翻訳されて、中国が世界を理解するのに大きな助けになった。日本のこのような作業がなかったら、今日の中国はどんな姿だっただろうか」という日本で中国語を教える中国人教師の手紙を受けたという文章で始めます。コラムの終りもその教師の次の文章で終わります。「漢字の起源はたとえ中国でも、私たち中国は‘和製漢語’ のお陰で世界を理解して学ぶようになった。私はもっと多くの中国人たちが、日本のこんな面を知ってくれたらなと思う」

このコラムは中国語にもすぐに翻訳されて多くの中国メディアサイトに載せられました。翻訳された記事に中国ネチズンたちのコメントが一つも付かない点も珍しいです。

ソース:中央日報(韓国語) [シン・ギョンジンのサーフィン・チャイナ]日本漢字中国語侵入期
http://news.joins.com/article/3386377.html?ctg=13

元記事:New Japanese makes inroads into Chinese vocabulary
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/ek20081007a1.html











ハンギョレ新聞(韓国語)
■世の中の中心で'韓国'を叫んで ■



ネットで「日本語残滓を無くそう」という内容の文を読んだ。「ハングル愛」運動をする人のブログであったが、「家族(カジョク)」という言葉は日本語残滓だから替わりに「食口(シクク)」という国語を使おうという主張だ。
ネチズンが好きそうな内容だった。日帝残滓を無くして私たちのものを活かそうという運動はこれまでもたくさんあったし、日本に対する反感が作用して多くの共感を得たからだ。

しかし、私はそれが「生半可なポピュリズム」という気がする。なぜか?その人は日本語と韓国語の語彙、言語を理解していないように見えたからだ。母国語を活かして理由もなしに私たちの生活に入り込んだ外国語由来の語彙をすべて置き換えることができたらどんなに良いか?しかし、それは現実的に不可能な話だ。その人は現在、韓国語の中の日本語がどれほど多いか知らないからそんなことを簡単に言うのだ。


よく韓国語語彙の80%が漢字語といわれるが、その大部分がまさに日本語に由来している。

注意、請願、交通、博士、倫理、想像、文明、芸術、古典、講義、医学、衛生、封建、作用、典型、抽象、哲学などの単語が日本から来たものと言うのはよく知られた事実だ。そのすべてを変えようという話なのか?

「家族」と言う単語を使うと「親日的感情」があるのか?そうではない。語彙は必要によって借用、導入、適用して使うものであって「言語的民族主義」によって強制できるわけではない。

こんな話をすると、よく「親日派」「日本人」と言われるのがおちだ。しかし「家族」を「食口」と叫ぶ人のブログタイトル自体が「XXX文化研究所」という日本語が混じっているのを見たら、むなしい笑いが出るだけだ。

日本式漢字語を使うのは日本が良いと思うわけでないし、数十年間、問題なしに使っている語彙をむりやりに国語に変えることが「愛国」と考えるのは相当な錯覚で危ない発想だ。

残念ながら日本式語彙なしに私たちは言語生活が不可能な状況に来ている。しかし、それは「言語的自尊心」とは関係ない事だ。中国共産党が第二次大戦の時、日本と戦いながら日本の語彙「共産党」を使っても恥ずかしい事ではないだろう。それより、もっと気づかわなければならないのは新しい概念、語彙を無分別に直訳して持ちこんだり、日本式に翻訳して使っている現実だ。特にマンガ、ゲーム、アニメを見ればそんな点が目立つ。

これに似た感じを受けるものの一つが黄海を西海にしようとする主張だ。これもネチズンの全幅的な支持を受けるている。しかし、世界がYellow seaと数百年間使って来た名前を急にwest seaに変えるって?韓国が世界の中心か?
東海と日本海問題は「日本」という特定国家の名前が入っているから気分が悪い。しかし「黄海」に何の問題があって「西海」に変えよう、と世界を歩き回って名称変更運動をするのか分からない。ただ私たちだけが「西海」と呼べば良いことではないか。どうしてそんな名称を世界に強要するのか?

そしてネチズンはそんな人々を愛国者とか独立闘士のように思う。それでは、地名である「黄海道」も「西海道」と歌い、韓国の西方の海の向こうにある中国を「西洋」と呼んで、東海の向こうにあるアメリカを「東洋」と呼ばなければならないので
はないか?どうして外国人らが勝手に決めた「西洋」/「東洋」という言葉を使うのか?

韓国は世界の中心ではない。ただ「中心」にいたがるだけだ。

ホクソンタルチュル






ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事