日本が残した建築は・・・「300年使える」と台湾・台東県知事


詳しくは⇒オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。













まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ







台湾南東部の台東で、日本統治時代の1915年に建築された台東県長官邸が18日、完成後100周年を迎えた。黄健庭県長(県知事)は笑みを浮かべて「日本式の建築物は、保存が良好なら300年間は使える」と述べた。台湾メディアの中時電子報などが伝えた。

 台東県長官邸は木造で、1945年に日本が撤退してから、台東県長公館と改称され、県長公邸として使われた。台東県は同建物を「県で最も価値ある歴史建造物」に指定して保護している。

 黄県長によると、父親の黄鏡峰氏が第6、7代の台東県長を務めたので、子どもの時に同官邸に住んでいた。放課後になれば、近所の子が大勢集まり敷地内で遊んだという。黄県長は「自分が第16、17代の県長になり、再びここに住むことになるとは思いもよりませんでした。私はたぶん、この建物に一番長く住んだ人でしょう」と述べた。

 日本統治時代の建物に詳しい建築家の張玉〓さんは、「この木造建築は、(完成後は)外観にあまり手を加えていません」、「100年間は居住することも可能です。すばらしいたてものですから、きちんと手を入れれば、ずっと後の子孫の時代になっても、(たとえ住めないとしても)建っている姿を見ることができると思います」と述べた。(〓はさんずいに「黄」)

 18日には、県内に住む100歳のお年寄りを招いて、皆で誕生ケーキを食べるなどの「お誕生会」を開催。敷地内を一般開放し、建物前で結婚記念写真を撮影することも認めた。現れたカップルは、「2人で一緒に」あるいは「女性が単独でウェディングドレス姿を」と、さまざまな写真を撮影した。「末永くお幸せに」と祝福したくなる光景が展開した。

**********

◆解説◆
 台湾では古い建造物が「古蹟」としして保護されている。1級古蹟はすべて清代以前のものだが、2級古蹟としては、日本統治時代の建造物として1912年完成の元台南地方裁判所や、1914年完成の下淡水渓鉄橋が指定されている。それ以外の国定古蹟には、台湾総督府、台湾総督府博物館、専売局、監察院、行政院など、日本統治時代の建物が多く登録されている。市や県が「古蹟」に指定した日本統治時代の建造物も数多い。

2015-04-25

http://news.searchina.net/id/1571330?page=1







ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事