安倍総理の米議会演説は、成功か?失敗か?


詳しくは⇒オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。




まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ




【RPE】★安倍総理の米議会演説は、成功か?失敗か?

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1194


                         2015/5/1


===========================================================




★安倍総理の米議会演説は、成功か?失敗か?



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!



皆さんご存知のように、安倍総理は4月29日、

アメリカ上下両院合同会議で演説しました。


これについて「賛否両論」でているようですが、どうなので
しょうか?



▼まず「背景」を把握しよう



どんな話をするにも、まず背景を知っておくことが大事です。


日本はどんな状況なのか?


アメリカはどんな状況なのか?


世界はどんな状況なのか?



08年、リーマンショックから「100年に1度の経済危機」が起こ
りました。


これ、本当に「1929年からの世界恐慌」に匹敵する危機だった
のです。


しかし、人類は1929年当時より賢くなっていたので、前回ほど
の悲劇は起こりませんでした。


世界の大国は、軒並み大幅なマイナス成長になった。


その中で、中国だけは、09年9.2%、10年10.4%、11年9.3%
の成長を果たし、まさに「ひとり勝ち状態」になりました。


(正確にいうと、インドも勝ち組)


これが、中国を「増長」させます。



「アメリカは没落した。

わが国は、これから自由に国益を追求できる!」



と確信したのです。


2010年9月、尖閣中国漁船衝突事件が起こりました。


これをきっかけに、中国は「尖閣はわが国『固有の領土』であり、

『核心的利益』である!!!」と全世界に宣言します。


(中国の領土要求は、1970年代はじめからあったが、大声で騒い
ではいなかった。)



日本も対抗措置をとらざるをえず、2012年9月、政府は尖閣を「国
有化」しました。


これに激怒し、中国では超大規模な「反日デモ」が起こったのです。


問題はこの後です。


中国は、どうやって日本に逆襲するのか?


尖閣国有化から2ヵ月後、中国の代表団が、(事実上の)同盟国
ロシアの首都モスクワにやってきました。


そして、「中国、ロシア、韓国、【アメリカ】で、


【反日統一共同戦線】


をつくろう!」と提案したのです。


ポイントは、「【アメリカ】も反日統一共同戦線に引き入れる」と
宣言したことです。


「トンデモ、トンデモ、トンデモ~~~」


そんなあなたの声が聞こえます。


しかし、これは絶対証拠つきの事実です。


疑っている方は、ぜひこちらを熟読してください。

http://diamond.jp/articles/-/66110



そして、ずる賢い中国は、この戦略を成就させるために、全世界で
大々的な「反日プロパガンダ」をはじめました。


韓国は、中国の先陣を喜んでつとめています。


ここ2~3年、「慰安婦問題」が大騒ぎになっていますね。


これも要するに、中国の「反日統一共同戦線構築戦略」の一環な
のです。


中国が罠をしかけたことを知らない安倍総理。


2013年12月26日、靖国を参拝しました。


すると、中韓だけでなく、アメリカ、イギリス、EU、ロシア、オー
ストラリア、シンガポール、台湾などなど、

それこそ全世界から非難されたのです。



日本政府は、中国の対日戦略を知らないので、「なんでそうなるの??」
とわけがわからなかった。


だって、「小泉総理は在任中6回靖国を参拝したのに、騒いだのは中韓
だけだったじゃないか????」と。



特にアメリカの怒りはすさまじく、ブルームバーグは、「尊大な安倍を
懲罰せよ!」などと主張していた。


中国の戦略は、まさに成功しつつあった。


そんなとき、安倍総理に「神風」が吹きます。


そう、プーチン・ロシアが2014年3月、クリミアを併合してしまった。


これで、アメリカは、日欧を巻き込んで「対ロシア制裁」を課す必要が
でてきた。


安倍叩きは、ひとまずおさまりました。


しかし、中国の「反日統一共同戦線」戦略はいまも継続中です。


中国は今年、「安倍談話」と「憲法改正」問題を大騒ぎすることで、
日米を分断させようとしている。


そして、今回の米議会演説については、保守派を支持基盤とする安倍
総理ができないのを知りながら、


「慰安婦問題で謝れ!」「アジア侵略について謝れ!」と圧力をかけて
いた。


中国のプロパガンダに侵食されたアメリカサイドから、そういう要求が
でていた。


安倍総理は、演説を前に再び苦境に陥っていたのです。


しかし、また「神風」が吹きました。


それが、「AIIB」事件。


中国主導で設立される「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)。


アメリカが「入るなよ!」と命令していたのもかかわらず、イギリス、
フランス、ドイツ、オーストラリア、韓国などが入ってしまった。


なんと57カ国が参加し、大国で不参加はアメリカと日本だけにな
ってしまった。


これで日本は、アメリカにとって、「唯一裏切らなかった忠実な友」
になった。



中国は、「覇権を狙うアメリカの主敵」。

韓国は、「裏切り者」。


こういう「追い風」の中で、安倍総理の演説は行われたのです。



▼演説の目的は



2012年11月に明らかにされた中国の「反日統一共同戦線」戦略。


プーチンロシアは、日本との関係を良好に保ちたいので、のらなかった。


韓国は、喜んでプロパガンダの急先鋒をつとめている。


アメリカは、AIIB事件前、かなり中国よりになっていた。


結局、中国世界戦略の最重要課題は、「日本とアメリカを分裂させ
ること」なのです。


GDP世界1のアメリカと3位の日本を分裂させる。


そうすれば、尖閣・沖縄を容易に強奪できる。


大きなところでは、中国がアメリカを蹴落として覇権国家になるこ
とができる。


中国の戦略の要= 【日米分断】 にある。


そうであるなら、日本の戦略の要は、【日米関係強化】 にある。

(プラスアルファで、米中分断 をするべきだが。)


というわけで、安倍演説の目的は、


「日本とアメリカの関係を強化すること」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だった。


「成功」か「失敗」かは、「演説によって日米関係が強化されたか?」

で判断されるべきなのです。



▼失敗する演説、成功する演説



演説に先立ち、RPEでは、「こんな演説はダメ!」「こんな演説なら
よい!」

と解説。

草案も出し、総理にも送らせていただきました。

(詳細はこちら↓
http://www.mag2.com/p/news/12846



失敗する演説については、こう書きました。



<【間違い1】日本の実績、安倍内閣の実績を延々と話してしまう


セールスマンの商品説明でもそうですが、「自分が優れていること」
を伝えることは大事です。

しかし 、あんまり延々とやると、アメリカの議員さんたちは「うんざ
り」することでしょう。

自慢話は、ほどほどにしましょう。

では、何をするの?


皆さん、台湾のことが好きですね?

なぜですか?

台湾が、自慢話をしたことを聞いたことがありますか?

私はありません。

しかし、台湾はいつも、「私たちは日本が大好きです」といいます。

それだけで、日本は台湾のことが 好きなのです。

だから、安倍総理は、自分の実績自慢はそこそこにして、


「私は、アメリカを尊敬している!」


「私は 、アメリカが大好きだ!」


「私は、アメリカの味方だ!」


「アメリカはすごい国だ、人類の希望だ!」



などと繰り返すべきです。

そうすれば、「右翼」「歴史修正主義者」などと呼ばれなくなるでしょう。




【間違い2】中国、韓国の悪口をいってしまう

自分の自慢話をするのと同様、中国と韓国の悪口をいうのも感心で
きません。

演説の中で、中国や韓国 を名指しして批判することは絶対避ける
べきです。

なぜかというと、アメリカの議員さんの中には、中国、韓国からたっ
ぷり金をもらい、中韓の利益のた めに動いている人がいる。

中韓を名指しで批判した途端、反発が強まり、安倍バッシングがは
じまります。



【間違い3】歴史問題で弁明してしまう

これもありがちな間違いなのですが、中韓の反日プロパガンダに議
会演説で対抗してしまう。

議会演説で説得力のある証拠を提示することは不可能。

それで、総理が何をいおうと、すべて「醜い言い訳」ととられます。

歴史問題には触れることなく、できれば記者会見なども開かない方
がよいでしょう。


何か聞かれたら、「日本は第2次大戦について非常に強く反省して
いる。日本はその反省の上に、70年間平和を維持してきた。今後も、
日本が他国を侵略することなどありえない」


などと、日本にもアメリカにも、中韓にもいいようにうまくいうべきです。>

簡単にいえば、


・自慢話はそこそこに


・中韓の悪口をいうな


・歴史問題で弁明するな


・とにかく、アメリカを褒めまくり、「アメリカが大好きである!」
ことを示せ



とまあ、こういう話だったのです。


で、実際の演説はどうだったのでしょうか?



▼安倍総理は、「アメリカ大好き民主主義者」であることを宣言した



安倍演説について、中韓メディアは、もちろん批判しています。

日本のメディアも「謝罪がなかった」などと批判しています。

しかし、皆さんは、是非安倍総理の演説全文を読んでいただきたいと
思います。


できればアメリカ人の気持ちになって。

www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H1E_Z20C15A4M10600/




まず、これを読むとわかりますが、総理は上記三つの間違いをしませ
んでした。

終始一貫して、「アメリカを褒めること」に徹しています。

見てみましょう。


<議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべて
の皆様、1957年6月、日本の首相としてこの演台に立った私の祖父、
岸信介は、次のように述べて演説を始めました。



「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則
と理想を確信しているからであります」。


以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国首相として初めて
お話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。>




これは、「私は民族主義者じゃなくて、あなたたちと同じ価値観の
持ち主なのだ」といっているわけです。




<私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生
時代にさかのぼります。

家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル・フランシア夫人。

寡婦でした。

亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパ
ーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。


 ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。

彼女が日ごろ、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないこ
とにします。

デル・フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。

彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。

その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。

驚いたものです。


 のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を
与えられました。

 上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく
意見を戦わせ、正しい見方ならちゅうちょなく採用する。

 この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議
員たちに、アベは生意気だと随分言われました。>



この部分。

安倍さんは、「私は実際にアメリカに住んでみて、アメリカを尊敬
しているし、大好きなんだ。

あまりにアメリカが好きなので、アメリカナイズされた」という意
味。

これを聞いたアメリカ人は、「全然軍国主義者じゃないし、俺たち
の仲間じゃないか」と思ったことでしょう。




<私の名字ですが、「エイブ」ではありません。

アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。

民主政治の基礎を、日本人は、近代化を始めてこのかた、ゲティズ
バーグ演説の有名な一節に求めてきたからです。


農民大工の息子が大統領になれる──、そういう国があることは、
19世紀後半の日本を、民主主義に開眼させました。

日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭
遇でした。

出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。>




ここで総理は、「リンカーン」を尊敬し、「民主主義」を非常に
大切にしていることを明らかにしています。


「アメリカとの出会いは民主主義との遭遇」だった。


「浦賀に来航したペリーは、『開国しなければ、攻撃するぞ』と恫喝し
たのです」

とはいわず、「民主主義との遭遇」とした。

「目的」から考えればまったく正しいことです。




▼安倍総理は、戦争で亡くなったアメリカの兵士に謝罪した



つづいて総理は、第2次大戦の話をされます。


< 先刻私は、第2次大戦メモリアルを訪れました。

神殿を思わせる、静謐(せいひつ)な場所でした。

耳朶(じだ)を打つのは、噴水の、水の砕ける音ばかり。

一角にフリーダム・ウォールというものがあって、壁面には金色の、
4000個を超す星が埋め込まれている。

その星一つ、ひとつが、斃(たお)れた兵士100人分の命を表すと聞
いたとき、私を戦慄が襲いました。


 金色(こんじき)の星は、自由を守った代償として、誇りのシン
ボルに違いありません。

しかしそこには、さもなければ幸福な人生を送っただろうアメリカの
若者の、痛み、悲しみが宿っている。

家族への愛も。


 真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海……、メモリアルに刻ま
れた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未
来を思いました。

歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。

私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙とうをささげました。


 親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争
に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼をささげます。

とこしえの、哀悼をささげます。>



ここで明確に、第2次大戦で亡くなったアメリカ兵士にお詫びして
います。


「中韓に謝罪しなかったこと」を理由に演説を批判する人がいます。


しかし、アメリカにいってなぜ「中韓」に謝罪しなければならない
のでしょうか?


これは、アメリカ大統領に、「中国にいったとき、『広島に原爆を
落して申し訳ない』と謝罪しろ!」というほど、おかしなことです。




▼総理は、日米の和解を劇的に演出した




この後、演説の見所がやってきます。



<みなさま、いまギャラリーに、ローレンス・スノーデン海兵隊中
将がお座りです。

70年前の2月、23歳の海兵隊大尉として中隊を率い、硫黄島に上陸
した方です。

近年、中将は、硫黄島で開く日米合同の慰霊祭にしばしば参加して
こられました。

こう、おっしゃっています。



 「硫黄島には、勝利を祝うため行ったのではない、行っているの
でもない。

その厳かなる目的は、双方の戦死者を追悼し、栄誉をたたえること
だ」



 もうおひとかた、中将の隣にいるのは、新藤義孝国会議員。

かつて私の内閣で閣僚を務めた方ですが、この方のおじいさんこそ、
勇猛がいまに伝わる栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官でした。

これを歴史の奇跡と呼ばずして、何をそう呼ぶべきでしょう。


 熾烈(しれつ)に戦い合った敵は、心の紐帯(ちゅうたい)が結
ぶ友になりました。

スノーデン中将、和解の努力を尊く思います。

ほんとうに、ありがとうございました。>




硫黄島で実際に戦ったスノーデンさん。


栗林大将のお孫さんである新藤さん。


この二人ががっちり握手する姿を見て、大きな拍手が起こりました。


その場にいたアメリカ議員さんたちも、感動したことでしょう。




▼戦後、日本はアメリカ側につくことで繁栄した



つづいて総理は、「大戦の反省」を述べます。




<戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻み
ました。

自らの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけ
てはならない。

これらの点についての思いは、歴代首相と全く変わるものではあり
ません。>




アメリカを除けば、先の大戦に関する言及はこれだけです。

それで、中韓も、日本のメディアの一部も批判しています。


しかし、アメリカの反応を見れば、この部分は「十分だ」といえる
でしょう。



< アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため
、力を惜しんではならない。自らに言い聞かせ、歩んできました。

この歩みを、私は、誇りに思います。

焦土と化した日本に、子ども達の飲むミルク、身につけるセーター
が、毎月毎月、米国の市民から届きました。

山羊も、2036頭、やってきました。


 米国が自らの市場を開け放ち、世界経済に自由を求めて育てた戦
後経済システムによって、最も早くから、最大の便益を得たのは、
日本です。

下って1980年代以降、韓国が、台湾が、東南アジア諸国連合(AS
EAN)諸国が、やがて中国が勃興します。

今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えま
した。

一方米国で、日本は外国勢として2位、英国に次ぐ数の雇用を作り
出しました。>




ここで総理は、「日本が戦後発展したのはアメリカのおかげです」
といっている。

確かに、ソ連に占領されていれば、戦後の発展はなかったことでし
ょう。




▼日本の改革は、「アメリカの利益」でもある



この後、安倍総理は、TPPの意義について語りました。


この部分は、省略させていただきます。


そして、総理は、「日本の改革の意義」について語ります。



< 私たちは、アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の
「リバランス」(再均衡)を支持します。徹頭徹尾支持すると
いうことを、ここに明言します。>




アメリカの「リバランス」とは、「アジア重視」のことです。


「アジア重視」とは、要するに「中国に対抗する」こと。


ですから、日本がこれを支持するのは当然ですね。




< アジアの海について、私がいう3つの原則をここで強調させて
ください。

第1に、国家が何か主張をするときは、国際法にもとづいてなすこ
と。

第2に、武力や威嚇は、自己の主張のため用いないこと。

そして

第3に、紛争の解決は、あくまで平和的手段によること。


 太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が
貫徹する平和の海にしなければなりません。

そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。

私たちには、その責任があります。>



これは、名指しはさけているものの、明確に、「日米で中国の野望を
粉砕しましょう」といっている。


中国が「アメリカから覇権を奪おう」と行動している。


ですから、アメリカにとって、安倍総理の言葉はありがたかったこと
でしょう。


そして、日本としても、「アメリカが中国を封じ込めてくれなければ
勝てない」という切実な問題がある。


つまりこの件で、日米は「利害を共有している関係」にあるのです。



< 日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。

実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、切れ目のない対応が
、はるかによくできるようになります。

この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同
盟は、より一層堅固になります。

それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。


 戦後、初めての大改革です。

この夏までに、成就させます。

ここで皆様にご報告したいことがあります。

一昨日、ケリー国務長官、カーター国防長官は、私たちの岸田外相、
中谷防衛相と会って、協議をしました。

いま申し上げた法整備を前提として、日米がそのもてる力をよく合
わせられるようにする仕組みができました。

一層確実な平和を築くのに必要な枠組みです。


 それこそが、日米防衛協力の新しいガイドラインにほかなりませ
ん。

昨日、オバマ大統領と私は、その意義について、互いに認め合いま
した。

皆様、私たちは、真に歴史的な文書に、合意をしたのです。>



まさに「歴史的」です。

これで、日本はもっと米軍をサポートできるようになる。

このことはアメリカの利益であると同時に日本の利益でもある。


なぜか?

日本はアメリカのお墨つきをえて、軍事力を強化していくことができる。

つまり、アメリカから抵抗を受けずに【軍事的自立】に近づくことがで
きるのです。




▼安倍総理は、日本の「世界観」と「政策」を示す




< 自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがたゆまず
続けた努力と、その両方の蓄積は、いまやわたしたちに、新しい自
己像を与えてくれました。

いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづく、積極
的平和主義」という旗です。

繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」
こそは、日本の将来を導く旗印となります。


 テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動──。日米同盟は、
これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう時代を迎えました。

日米同盟は、米国史全体の、4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢
(けんろう)さを備え、深い信頼と、友情に結ばれた同盟です。

自由世界第一、第二の民主主義大国を結ぶ同盟に、この先とも、
新たな理由付けは全く無用です。

それは常に、法の支配、人権、そして自由を尊ぶ、価値観を共に
する結びつきです。>



この部分、非常に重要です。

日本の世界観は、「法の支配」「人権」「自由」である。

つまり、「アメリカと同じですよ」といっている。


それを実現するために、


「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」


でいくと。

これは、別の言葉でいえば、「どんどん自衛隊を海外に出します」と
いうことでしょう。

批判も多いでしょうが、私はよいことだと思います。



「平和憲法さえあれば日本は安全だ」なんて、「夢物語」です。


中国はそんなにあまくないですよ。




▼総理は、「アメリカは世界の希望である!」と宣言し、アメリカ
を味方につけた



そして、いよいよ演説のクライマックスがやってきます。



< まだ高校生だったとき、ラジオから流れてきたキャロル・キン
グの曲に、私は心を揺さぶられました。


 「落ち込んだ時、困った時、……目を閉じて、私を思って。

私は行く。

あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗
い、そんな夜でも、明るくするために」



 2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。

日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったのです。

そして、そのときでした。

米軍は、未曽有の規模で救難作戦を展開してくれました。

本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子供たちに、支援の手
を差し伸べてくれました。

 私たちには、トモダチがいました。

被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。>




RPEの草案にも書きましたが、総理はラストで、東日本大震災後のサポート
に感謝しました。


しかし、ここから、さらに感動的なラストにむかっていきます。





<そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてくれた。


希望、です。


米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希
望であった、希望である、希望でなくてはなりません。

 米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼
びましょう。

アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良い場所にし
ていこうではありませんか。


希望の同盟──。

一緒でなら、きっとできます。

ありがとうございました。>



なんと、「アメリカは、世界の【希望】だ!」というのです。


AIIBでは、イギリス、ドイツ、フランス等欧州の大国、オーストラリア、
イスラエル、韓国までがアメリカを裏切った。


世界的に孤立し、不安を感じているアメリカのエリートに、安倍総理は、


「アメリカは世界の希望だ!!!」


という。


こんなにありがたく、うれしいこと言葉はなかったことでしょう。




▼安倍演説は、「歴史的」であった



詳しくみてきました。


覇権を狙う中国の最重要戦略は、「日米分断」である。


だから日本は、「アメリカを味方につけなければならない」。


これが演説の「目的」でした。


そして、安倍総理は、そのミッションを見事にはたされました。


一日本国民として、総理のすばらしい演説に、心から感謝申し上げ
ます。


北野幸伯






ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事