韓国で『猫鍋』・ナビタンが話題…釜山では600匹の猫を茹でた男も★驚きの猫肉料理





詳しくは⇒オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。



まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ


★韓国でも“猫鍋”が話題! その驚きの実態とは……

日本で数年前に話題なった“猫鍋”をご存じだろうか? 土鍋の中に猫が入って寝ているという写真が話題になり“猫鍋”と名付けられマスコミがこぞって取り上げた。 猫はああいう冷たくて収まる空間が好きだと言う。

お隣韓国でも“猫鍋”が話題になっている。韓国語で「ナビタン(나비탕)」と呼ばれており、 また「ミョタン(묘탕)」と呼ばれることもある。しかしこの韓国の“猫鍋”の実態は日本の可愛らしい物とは全くことなった。

この“猫鍋”の実態は、猫を釜に入れて煮込んだものだそうで、一部地域では今でも食べられている。民間療法てきな漢方としても用いられるとか。猫は生きたまま沸騰した釜に放り込まれ調理される。 猫を生きたまま入れる理由は、猫の悲痛な鳴き声を聞いたら、年の厄を防いでくれると信じられていた。

また大事なお客さんに振る舞うことがあり、その際は生後3ヶ月の猫を用いるようだ。

今はほとんど食べられて居ないが、釜山でも先日も600匹の猫を茹でた男性が逮捕された。このように地方では未だに続く習慣なのである。この“猫鍋”は違法だとして韓国の動物愛護団体も批判を浴びせている。

実はあのトンスルの中にも猫が入っていたのは有名な話。トンスルを売っていたおじさんも釜山なので、この近辺ではまだ途絶えていない文化なのかもしれない。

下記の写真は釜山の南浦洞(ナンボドン)の路上で撮影されたもの。この中には猫が生きた状態で入っている。

ナビタンという名前は、韓国人が猫に良く付ける名前や猫を呼びかける言葉の「ナビ」をそのまま料理名に使ったようだ。
実際の猫は韓国語「コヤンイ」である。ちなみに「ナビ」は韓国語で蝶を指すので混同する人も多い。

日本の可愛い“猫鍋”を想像していた人は非常に残念だが、これが事実なのである。 「ナビタン(나비탕)」のWikipediaが見当たらないのは削除されたのか、まだ知っている人が少ないのか……。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=TxoFnGl-TXI

http://gogotsu.com/archives/7839




neko1.jpg




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事