ロシア、シリア空爆の【裏側】▼反アサド派、驚愕の正体とは?▼なぜ今空爆をはじめたのか?ロシアの情勢判断





まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ







【RPE】★ロシア、シリア空爆の【裏側】

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1269


                         2015/10/2


===========================================================

ロシアがシリア空爆をはじめました。

「イスラム国」を空爆するはずが、「反アサド派」を攻撃
しているとアメリカ・メディアが怒っています。


★ロシア、シリア空爆の【裏側】


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まずはお知らせから。

CGSさんから新しい動画が出ています。

今回は、神谷さん、KAZUYAさん、北野が、


【移民問題のウソ】


について話しています。

「少子化で労働者が不足するから、移民不可欠だよね」

と思っている人、是非ごらんください。(無料です)

https://www.youtube.com/watch?v=0y-f1KmszGI



では、本題。

昨日目が覚めたら、アメリカの読者さんから、こんなメールが届い
ていました。



<北野さん、大変ですね!!

那由他です。

すみません、返信いただいたばかりなのでついつい気軽に用件だけ
送らせていただきます。

今日は朝からTVではロシアのシリア空爆で持ちきりです。

明らかにISISのいるところではなく、反アサドのいるところに
空爆したと、みな怒りまくっています!!

確かにインタビューでもプーチンは、アサド支持をはっきり打ち出
してはいましたが、このタイミングでこんなことしてプーチン(の
ロシア)が得することはあるのでしょうか?

私にはとうていそうは思えないのですが、いったい何が起きている
んでしょうか???!!

100歩譲って本当にあるとして、このタイミングでのこの行動の理
由はなんでしょうか?

このタイミングだからこそなのでしょうか?

朝から悩んでいましたががまんできなくてメールしてしまいました。

きっと北野さんも今、説明記事を考えているところかもしれません
ね。

待ちます。>


ポイントを整理します。

1、ロシアは、「シリア空爆」をはじめた。

2、プーチンは、「イスラム国を空爆する」といっていたが、
実際は、「反アサド派」を空爆している。


どの新聞にも出ていますし、日本のテレビニュースにも出て
いることでしょう。

というわけで、今日はこの話をします。

ここ数年の動きを順番に追っていきます。

とはいえ、全部詳細に話すと長くなるので、ポイントだけ抑えてい
きます。



▼反アサド派、驚愕の正体とは?



まず基本的な知識として。

シリアのアサド政権は、「反米」「親ロシア」です。

中東における親ロシア勢力は、主にイランとシリア(アサド)。


中東における親アメリカ勢力は、主にイスラエルとサウジアラビア。

7月にアメリカ、ロシア、イラン(と英独仏中)は、イランの核開
発問題を事実上解決しました。

米、イラン関係がよくなった。

それで、アメリカと、イスラエル、サウジアラビアの関係に亀裂が
入っています。

しかし、本題ではないので、詳しくは触れません。


シリア。

中東、北アフリカ諸国で2010年ごろから「アラブの春」と呼ばれる
革命運動が活発になりました。

実際にいくつかの国で、独裁政権が崩壊しています。


2011年末、独裁者アサドが支配するシリアでも、「革命運動」がお
こってきた。

ロシアは当然、事実上の同盟国であるシリアのアサド現政権を支持。

一方、アメリカは、「反アサド派」の支援を開始しました。

この辺は、皆さんご存知ですね。


欧米マスコミは、「反アサド派 = 民主主義を求める善の勢力」
とプロパガンダしていた。

しかし・・・。

実をいうと、「反アサド派」は、とても「民主主義勢力」と呼べ
るような人たちではないのです。

皆さん、「目を皿のようにして」次の記事を熟読してください。

「反アサド派が仲間割れしていたが、仲直りした」という記事で
す。



<シリア北部の町占拠、反体制派とアルカイダ系勢力 対立の背景

トルコとの国境沿いにあるシリア北部アレッポ(Aleppo)県の町、
アザズ(Azaz)で18日に戦闘になったシリア反体制派「自由シ
リア軍(Free Syrian Army、FSA)」と国際テロ組織アルカイダ
(Al-Qaeda)系武装勢力「イラク・レバントのイスラム国(Islamic
State of Iraq and the Levant、ISIS)」が停戦に合意したと、
イギリスを拠点とするNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory
for Human Rights)」が20日、明らかにした。>([AFP=時事])



同じ反体制派(=反アサド派)内の「自由シリア軍」と「イラク・レバ
ントのイスラム国」(ISIS)が仲間割れして、戦闘になったと。

そして、この「イラク・レバントのイスラム国」は、「アルカイダ系武
装勢力」である、とはっきり書いてあります。


ここで重要な事実が明らかになります。

欧米が「民主主義を求める善の勢力」と宣伝している「反アサド派」
の中には、

アメリカで9.11を起こしたとされる


【アルカイダ系】


がいる。

もう一度、最重要部分を引用します。


<国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系武装勢力

「イラク・レバントのイスラム国(Islamic State of Iraq and
the Levant、ISIS)」



じっくり声に出してよんでください。

国際テロ組織アルカイダ系武装勢力「イラク・レバントのイスラム
国」とあります。

皆さん、もうおわかりですね。


欧米が大騒ぎしている「イスラム国」は、つい最近まで、「民主主
義を求める善の勢力」であるはずの「反アサド派」に属していた。

整理します。


1、欧米が「民主主義を求める善の勢力」と宣伝している「反アサド
 派」にもいろいろな勢力がいる。

2、その中には、アメリカで9.11を起こしたとされる「アルカイダ系」
もいる。

3、欧米が敵視している「イスラム国」は、「元アルカイダ」である
と同時に(善であるはずの)「反アサド派」だった。

4、欧米は、この仰天の事実を知りながら、「反アサド派」への支援
をつづけていた。

5、「イスラム国」が急速に勢力を拡大した最大の理由は、欧米から
の支援が間接的に彼らに流れていたことである。



▼「化学兵器」を使ったのは誰だ???



さて、アメリカの欺瞞は、これで終わりません。

欧米の願いに反して、アサド政権はなかなか崩壊しませんでした。

業を煮やしたオバマは2013年8月、「シリアを攻撃する!」と宣言
します。

理由はなんでしたか?

皆さん覚えておられることでしょう。

そう、「アサド軍が、【化学兵器】を使ったから」です。

これ、「世界の常識」と思われていますが。

以下の記事、「目を皿のようにして」熟読してください。



<シリア反体制派がサリン使用か、国連調査官

AFP=時事5月5日(月)配信

[AFP=時事]シリア問題に関する国連(UN)調査委員会のカー
ラ・デルポンテ調査官は5日夜、シリアの反体制派が致死性の神経
ガス「サリン」を使った可能性があると述べた。

スイスのラジオ番組のインタビューでデルポンテ氏は、「われわれ
が収集した証言によると、反体制派が化学兵器を、サリンガスを使
用した」とし、「新たな目撃証言を通じて調査をさらに掘り下げ、
検証し、確証をえる必要があるが、これまでに確立されたところに
よれば、サリンガスを使っているのは反体制派だ」と述べた。>


どうですか、これ?

化学兵器=サリンガスを使っているのは、


【反体制派だ!】


とはっきり書いてあります。


皆さん今まで、

「悪のアサド」

「善の反アサド」

と思っていませんでしたか?

もちろん独裁者アサドが「善だ」とはいいません。

しかし、「反アサド」が「善だ」とも、とてもいえない状況
なのです。



▼プーチンの目的



さて、オバマが「シリア攻撃」を断念したのは2013年9月です。

アサドは、プーチンの指示に従い、「化学兵器破棄」に合意し
た。

(アサドが化学兵器を使ったかどうかは不明だが、化学兵器を
保有していたことは事実である。)


その後「元反アサド派」だった「イスラム国」は独自の勢力と
化した。

イラクとシリアで急速に勢力を拡大しています。

日本人を含む多くの人々を「公開処刑」し、動画をユーチュー
ブにアップする。

確かに深刻な脅威になっています。


で、アメリカと同盟国は、2014年8月から「イスラム国空爆」
を開始した。

1年ちょっとで、空爆を3000回も実施したといいます。

ところが、それでイスラム国は弱体化するどころか、ますま
す勢力を拡大している。

そして、欧米が支援する「反アサド派」同様、アサド政権に
とって、「深刻な脅威」になってきた。

こういう状況を、ロシアはどう見ているか?


「イスラム国」はアメリカの敵ではある。

しかし、アメリカは、【反米親ロ】のアサド政権を打倒するために、

「イスラム国を利用しているのではないか????」


こう見ている。

だから、シリア空爆の第1の目的は、当然、


・反米親ロシアのアサドを守ることである
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

空爆のターゲットになるのは、アサド政権を脅かす


・イスラム国

・欧米が支援する「反アサド派」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

である。

今、アメリカは、「プーチンはウソをついて、イスラム国では
なく『反アサド派』を空爆している」と批判しています。

こういう批判が出ることはわかっていた。

それで、ロシアはこんなことを主張しています。


<今回の空爆について、ロシア側は「シリア側の要請を受けており
、合法的」と訴えている。

「米、オーストラリア、フランスによるシリア空爆は、アサド政権
や国連安保理の承認を得ておらず国際法違反」(プーチン氏)との
主張を強調し、ロシアの軍事行動の正当性を訴える狙いがある。>

(毎日新聞10月1日)



▼ウクライナ情勢との類似点



シリア問題は、ウクライナ情勢と似ている部分があります。


アサドと、2014年2月の革命で失脚したヤヌコビッチは、
共に


・独裁者である

・反米親ロである


さらに、ウクライナのクリミア(ロシアに併合された)には、

ロシアの「黒海艦隊基地」がある。

つまり、「軍事的に重要」である。

同じようにシリアのタルトゥースには、ロシア海軍の拠点がある。


ロシアがクリミアを併合した一番の理由。

それは、革命で政権についた親欧米派政権が、

「ロシア黒海艦隊を追放し、NATO軍をクリミアに入れよう」

としていたこと。

同じように反米親ロのアサド政権が崩壊し、親米傀儡政権が
誕生すれば、ロシアは中東の重要な軍事拠点を失いかねない。

それで、ロシアはアサド政権を守りたいのですね。



▼なぜ今空爆をはじめたのか?ロシアの情勢判断



シリア問題は、2011年末からつづいている。

では、なぜ「今」空爆をはじめたのでしょうか?


まず、シリア問題がはじまったとき、プーチンは首相。

大統領は軟弱メドベージェフでした。

2012年プーチンは大統領に返り咲いた。

そして、上に書いたようなアメリカの「ウソ」を拡散することで、
2013年9月に予定されていた

アメリカ主導の「シリア戦争」を止めました。

ちゃんと「シリア情勢」に関与しているわけです。



2013年11月、ウクライナでデモが活発になってきた。

2014年2月、ウクライナで革命が起こり、親ロシア・ヤヌコビ
ッチ政権が倒れた。

同3月、ロシアはクリミアを併合。

プーチンは、アメリカの「敵ナンバーワン」になり、厳しい
制裁を受けることになった。

それで、シリアに関与する余裕がなくなった。


しかし、2015年になってから状況が変わってきます。

まず2月、ウクライナで「停戦合意」がなり、今も継続中。

3月、「AIIB事件」が起こり、中国がアメリカ最大の敵となっ
た。

5月、米中は「南シナ海埋め立て問題」で対立。

「米中軍事衝突」の懸念も聞かれるようになる。



同じ5月、米ケリー国務長官はロシアを訪問。

「ウクライナの停戦合意が維持されれば、【制裁解除】もありえ
る!」

と発言。


7月、アメリカとロシアは、「イラン核問題」を解決。

9月末、習近平訪米するも、まったく歓迎されず。

米中の対立が深刻であることが明らかに。


こういう状況の中で、ロシアは、


1、アメリカは中国との戦いで忙しく、シリア問題に本気で取り
組めないだろう。

2、欧州は、シリアからの「大量難民問題」で苦しんでおり、批
判はしても、ロシアのシリア介入を歓迎するだろう。


皆さんご存知のように、欧州は今、シリアなどからの大量難
民問題で苦しんでいます。

なぜ、彼らは欧州に逃げてくるのか?

一つはシリアで内戦がつづいているから。

もう一つは、恐怖のイスラム国が勢力を伸ばしているから。


結局難民の流れを止める一番の方法は、「シリアを安定させること」
しかない。

でも、彼らはアメリカと一緒に「反アサド」ということになってい
る。

だから、「アサドを支援してシリアを安定させる」という選択肢が
とりにくい。

それで、口ではロシアの空爆に反対しつつも、本音では「プーチン
がんばれ!」ということなのです。


というわけで、アメリカも欧州も、ロシアを非難する。

そうなのですが、「実際何もできやしない」とプーチンは読んで
空爆を実施した。


何度も書きますが、目的は「反米親ロ」の「アサド政権を守るこ
と」。

だから、空爆のターゲットは、「イスラム国」と「反アサド派」
なのです。

アメリカメディアは、ロシアが「反アサド派を空爆した!」怒っ
ている。

アメリカは、「反アサド派」を支援しているので、怒るのは当然
ですね。


しかし、上に挙げたふたつの「仰天情報」を見てもわかるように、
単純に、「アメリカは絶対善」「ロシアは絶対悪」ともいえませ
ん。

ただ、「事実はこういうことなのだな」と認識しておきましょう。


ちなみに「シリア情勢」、メルマガでは長く詳細に書くことがで
きませんでした。

この本に詳しく書いておきましたので、「さらなる仰天真実」を
知りたい方は、是非ご一読ください。




●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。


【3刷決定!】

●アマゾン、「国際政治情勢部門」「外交・国際関係部門」
「社会一般部門」
「トリプル1位!」


●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://hec.su/hHN )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>



▼危機克服本コーナーへ
================================================================

===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★お勧めする「優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトで
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの「ミクシイ」グループが運営している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。





関連記事