日英同盟はなぜ破棄されたのか?







まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ





RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1279


                         2015/10/15


===========================================================

今日は、「日英同盟」が破棄された理由です。

今の私たちに、大きな教訓を与えてくれます。

★エゴ~日英同盟はなぜ破棄されたのか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●まぐまぐニュースに記事が載りました。

☆逆襲のロシアと、沈黙のアメリカ。激変する情勢で日本の針路は?

http://e.mag2.com/1jmuYAQ

☆プーチンがいま考えていること。ロシアが米国を倒す5つのステップ

http://e.mag2.com/1NDnYvV

メルマガ版を見落とした方は、ぜひご一読ください。)


さて、私は常々、「自虐史観から脱却しましょう」と書いて
います。

しかし、それだけでは足りません。

次に必要なことは、「なぜ日本は戦争に負けたのか」を冷静
に分析することです。

冷静に分析するだけでなく、今の時代に活かす。

でなければ、「また敗戦」ということになりかねません。


日本史、世界史を研究してみると、

「日ロ戦争まで、日本、イギリス、アメリカの関係は非常に良好だ
った」

という事実がわかってきます。

しかし、日ロ戦争後、アメリカは明確に「反日」になっていきまし
た。

アメリカは日ロ戦争時、戦時国債を大量に購入し、資金面で日本を
サポートしました。

そして、講和の仲介もした。

終戦後、鉄道王ハリマンは、「日ロ戦争で日本がロシアから譲りう
けた南満州鉄道を共同経営しよう!」と提案。

日本はこれを拒否します。

今考えると、とても残念なことでした。

なぜか?

「日本は悪くなかった説」の重要ファクターは、「ロシアの南下政
策」です。

日本が韓国を併合したのも、満州にむかったのも、「ロシアが脅威
だから」でした。

そうであるなら、満州にアメリカを入れたらどうなったでしょう?

そう、ロシアの南下をアメリカが食い止めてくれたでしょう。

日本にとって、安全保障上非常においしい話だったのです。

しかし、日本政府はこの提案を拒否した。

それでアメリカは、「日ロ戦争時、日本を一生懸命支援したが、
利用されただけで何も得ることがなかった。日本は、満州利権
を独占したいのだ」と激怒します。

そう、「第2次大戦敗北」の種は、終戦40年前すでにまかれてい
たのです。



▼イギリスの恩に「仇」で報いた日本



さて、日本が世界最強の陸軍国ロシアに勝った。

もちろん、日本軍が死力を尽くして戦ったことが第1の理由です。

しかし、当時世界の覇権国家だったイギリスと同盟関係にあっ
たことも非常に大きな要因でした。

(日英同盟 = 1902~1923年)


イギリスは、

・フランスやドイツが、ロシア側に立って戦わないようけん制し
てくれました

・戦費の調達を助けてくれました

・軍事情報を提供してくれました

・情報戦において、国際世論が日本に味方するよう誘導してくれ
ました

・ロシアが「軍艦を購入しようとしている」情報があれば、イギ
リスが先回りして購入。ロシアが軍艦を買えないようにしてくれ
ました

・バルチック艦隊がこれないよう、足止めしてくれました



などなど、最大限のサポートをしてくれたのです。

そんなイギリスですが、日ロ戦争から10年目、史上最大の危機
に直面します。

そう、第1次大戦が勃発したのです。

日本は、地中海に艦隊を派遣し、大いに貢献しました。

しかし日本は、陸軍派兵の要求を拒否しつづけた。

イギリスは、同盟国日本の冷淡さに、心底失望します。


「我が国は、日ロ戦争時、全力をあげて日本を助けた。

しかし、今我が国が存亡の危機にたっているとき、同盟国日本は、
われわれを見捨てるのか!」

と。



▼イギリスの失望と怒り



日本側の冷淡さについて、駐日イギリス海軍武官エドワード・
H・ライマー大佐は、1918年3月11日「日本の現状」という文書
の中で、以下のように報告しています。


<われわれが強い態度で状況を明確に説明し、

イギリスが過去いかに日本を援助したか、同盟国として何をすべき
かを明確に説明し、

同盟国としての義務に耐えるべきであると強く示唆すると、

日本人はわれわれから離れてしまう。

そして、イギリスが援助を哀願し、へつらい譲歩すると、賢い者
はうまくやったと秘かに得意になり、

無知な者は単に自信を増加させ要求をエスカレートさせるだけで
ある。

(中略)

日本は金に酔いた太平洋のリーダーという夢に目が眩んでいる。>



第1次大戦中、駐日大使だったウィリアム・C・グリーンさんは、


<戦争が勃発しわれわれが手一杯の時に、わが同盟国にいかに
失望したかを語る必要はないであろう。

任期中に加藤高明、本野一郎、後藤新平、石井菊次郎の四人の
外務大臣に接したが、、

イギリスの協力要請に対する対応は常に同一態度、

すなわち、直ちに拒否するか、

後程回答すると述べて拒否するか、

未だ考慮中と述べて時間切れを待って拒否するか

の何れかであった>


当時の日本政府には、「同盟国イギリスを助けよう」という気持ち
は「まったくなかった」ようです。


外務次官ニコルソンさんは、


<私は日英同盟を全然信用していない。

日本は最小のリスクと負担で最大の利益を引き出そうとしている>


そして、最大の衝撃は、1917年3月に大英帝国会議で配布された、
「日英同盟に関する覚書」でしょう。


<日本人は狂信的な愛国心、国家的侵略性、個人的残忍性、

基本的に偽りに満ちており、

日本は本質的に侵略的国家である。

日本は自分の将来に偉大な政治的未来があると信じている。

すべての日本人は侵略的な愛国心、近隣の黄色人種、褐色
人種よりも優れているとの優越思想を、

生まれた時から教えられてきた。

そして、近隣諸国に日本独自の文化を押し付けることを道
義的義務と考えている。

この日本の侵略的な野望とイギリスの適正な要求とを調和
する余地があるであろうか。>


う~む。

「世界一広大な植民地をつくったイギリスに、『道義云々』
を口にする権利があるのか?」

と突っ込みたくなりますが。

しかし、事実として、イギリス議会は日本に対して大いに
憤っていたのです。

これは「人種差別」でしょうか?

もちろんそういう要素もあったでしょう。

しかし、「イギリス史上空前の危機に、日本は同盟国としての義務
を果たさなかった」ことが最大の理由といえるでしょう。


第1次大戦の結果、イギリスは「日英同盟破棄」を決意します。

そればかりではありません。

大戦時イギリスを救ってくれたアメリカと急速に接近していった。

米英はこの時から、「日本をいつか叩きつぶしてやる!」と決意
し、「ゆっくりと殺していく」ことにしたのです。

日本は、日ロ戦争直後、第1次大戦時の不誠実な対応で、

「敗戦への道」を歩みはじめていたのでした。



▼現代への教訓



さて、「日英同盟破棄」から私たちは何を学ぶべきでしょうか?

「集団的自衛権行使容認」について、反対している人がたくさんい
ます。

その一番の理由は、「アメリカの戦争に巻き込まれて日本人が死ぬ
から」です。

わかります。

しかし、同盟国アメリカの立場から見てみましょう。


日本は、「有事の際、アメリカは日本を守らなければならない」と
当然のごとく考えています。

つまり、


「日本人がアメリカのために一人死ぬのは絶対ダメだが、

アメリカ人が日本のために何千人死のうが、それは『当然だ』」


と。

もちろんそんな風には考えていないでしょうが、アメリカから見
るとそうなります。


日英同盟のときもそうでした。

「イギリスが日本を助けるのは当然だが、日本はイギリスを助け
たくない」

これは「エゴ」であり、「不誠実」です。

日本は「武士道」の国なのではないですか?

日本は「道義国家」なのではないですか?


「おまえ(アメリカ)が俺(日本)のために死ぬのは当然だ。

だが、俺(日本)は、おまえ(アメリカ)のために、決して
死なない。

なぜなら、俺(日本)は『平和主義者』だからだ」


こういう論理は、果たして「尊い」のでしょうか?


アメリカから見ると、ただの「狡猾さ」にしか思えないでしょう。


ちなみにアメリカから、「日米同盟はおかしい」という声があが
っています。

大統領選で人気ナンバー1のドナルド・トランプが、


「日本が攻撃されたとき、アメリカは日本を守る。

アメリカが攻撃されたとき、日本は何もしない。

これはおかしくないか?」


と叫ぶ。

すると会場にいるアメリカ人はみな、「イエ~~~ス!!!」
と大声で叫んでいます。


国家は、皆「自分の利益」(国益)を追求しています。

それは、私たち自身、あるいは会社も同じ。

しかし、会社が利益をあげるために不誠実な行為をしたらどうでし
ょうか?

短期的には、利益を増大させることができるでしょう。

長期的にはお客さんの信用を失い、失墜していきます。


国も同じですね。

どの国も、自分の国の利益を第1に考えています。

しかし、あからさまに不誠実な行動をすれば、それはブーメラン
のように自国に戻ってきます。

日本は第1次大戦時、ほとんど無傷ですみ、好景気で大いに儲けま
した。

しかし、長期的には、自分の不誠実な行動でイギリスを敵にして
しまった。


今、日本はアメリカの同盟国です。

自国の利益ばかり最優先で考えていれば、アメリカは日本に失望
し、「中国と組んで日本を叩きつぶそう」となることでしょう。


ちなみに今回は、平間洋一先生の


●「日英同盟 ~ 同盟の選択と国家の盛衰」

(詳細は→ https://hec.su/bNKU )


を参考にさせていただきました。

30年海上自衛隊で勤務された平間先生の本は、濃いです。

絶対お勧めです。










ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ






★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。







関連記事