日本は「心神」の開発によって「海老で鯛を釣ることに成功した」=中国

第5世代戦闘機の開発が世界各国で行われている。日本では「先進技術実証機(ATD-X)」が、中国では「殲-20(J-20)」の開発が進められている。中国では日本の先進技術実証機について、通称の「心神」という呼称が定着しているが、中国メディアの騰訊網は12月29日、「心神」は中国の殲-20にまったく及ばないとしながらも、「日本は心神を使って海老で鯛を釣ることに成功した」と論じている。

 記事はまず心神の細部に言及し、「どう見ても第5世代戦闘機の性能があるとは思えない」と分析している。心神のいくつかの部分にステルス機能がなく、またエンジンのパワーも足らず超音速飛行ができないと指摘、心神は搭載機器は最新鋭でも総合力では殲-20にまったく及ばない「4世代半」の戦闘機だとしている。

 しかし、日本の心神開発には真の目的があるとしている。真の目的は心神の実用化にあるのではなく、米国の第5世代戦闘機設計技術を掌握することだと主張した。

 戦闘機の開発には莫大な費用がかかり、特に「次世代型」と呼ばれる戦闘機の開発は一国の予算でまかないきれるものではない。例えばある分析では米国の第5世代戦闘機「F-35」は10カ国が出資する国際共同開発プログラムだった。こうした背景のもと、日本が第5世代戦闘機を「自主開発する力がある」ことを米国にアピールするなら米国は次世代戦闘機の共同開発パートナーとして日本を指名してくれる公算が高いという分析だ。

 事実、日本は米国のF-35を42機導入する予定だが、そのうち38機を日本国内で生産することを許された。これは非常に大きな事であり、ステルス技術を含む米国の第5世代戦闘機の設計技術を把握できることを意味する。ちなみに韓国もF-35を導入するが核心技術の移転は許可されていない。心神の自主開発にはこのように海老で鯛を釣る目的があったと記事は指摘している。

 F-35の日本国内での生産については、次世代戦闘機の共同開発パートナーとなり得る日本の技術力を底上げする狙いが米国にあるのかも知れない。


2016-01-04
http://news.searchina.net/id/1598682?page=1




この記事を読んでも、中国は日本の最新鋭戦闘機を恐れているのがよくわかりますね。

しかし、中国は「先進技術実証機(ATD-X) 心神」を誤解しているようです。

「心神」は研究用の飛行機で、この研究成果を元に本格的な「ステルス戦闘機」開発が開始されます。






先進技術実証機 「心神」、その開発と性能とは

http://oyajika.com/2073.html



先進技術実証機 (Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X) は、日本の防衛装備庁が三菱重工業を主契約企業として開発を行っている先進技術実証用の航空機。

プロジェクト初期にはこの先進技術実証機は「心神(しんしん)…富士山を意味する」と呼ばれていたが現在では使われていない。


■先進技術実証機(ATD)とは

この先進技術実証機は将来の国産戦闘機に適用できるステルス技術のノウハウを蓄積することを目的としている研究機である。一般的な戦闘機と比べて機体は大幅に小型で、エンジン1基あたりの推力も小さく機体に武器の搭載能力はない。

したがって、このATD-X自体が制式採用され、量産、実戦配備されるといった予定や計画はない。

この実証機の開発により、防空用レーダーなどにステルス機が実際どのように映るかを解明し、ステルス機の探知能力とステルス性と運動性を持つ将来国産戦闘機の実現を目指している。

防衛省は、F2の退役時期までに、独自開発を選択肢として考慮できるよう、国内において戦闘機関連技術の蓄積、高度化を図るとしている。

F2の後継機となるF3は強力なエンジンの搭載で大型化し、機体デザインも先進技術実証機(ATD)とは 全く別物となる。



■先進技術実証機の開発スケジュールと、国産ステルス戦闘機の開発

先進技術実証機の開発においては実物大模型のRCS試験や、5分の1縮小サイズ無人モデルの飛行テストは成功している。2009年(平成21年)度から実機の開発が開始され、2012年3月28日に愛知県飛島村の三菱重工業、飛島工場にて試作機の組み立てが開始されている。2016年(平成28年)1月以降に初飛行を予定されている。

この研究開発の結果をふまえて、2018年(平成30年)頃に国産ステルス戦闘機の開発が開始される予定である。


■先進技術実証機「心神」開発の詳細

先進技術実証機は双発機で、低RCS(Radar Cross Section、レーダー反射断面積)を実現する為に、機体側面にチャイン(ストレーキ)を持ち、2つの垂直尾翼を外傾させ、機体構造部の多くに新複合材料が採用されている。

この機体サイズは約14mほどで約8トンの離陸重量を実現する実証エンジンの搭載が予定されており、F-22の全長18.92mに対して大幅に小型である。


■先進技術実証機の主要諸元

全長:14.174m
全幅:9.099m
全高:4.514m
離陸重量:8t(想定)
エンジン:IHI XF5-1(アフターバーナー推力約5t)×2(想定)
最大速度:不明


■実証エンジンXF5-1

XF5-1は、先進技術実証機への搭載を想定しているアフターバーナーを備えたターボファンエンジンである。XF5-1に設置される推力偏向機構とレーダーブロッカー等は、通常の戦闘機では制御不可能な失速領域においても機動制御を維持し、かつ高運動性を確保するものでXF5-1の噴射口に3枚の推力偏向パドルを取り付けている。


■国産ステルス戦闘機F3の開発

航空自衛隊の戦闘機「F2」の後継機となる戦闘機「F3」に搭載する「ハイパワースリムエンジン(HSE)」は「先進技術実証機(ATD)」に搭載された推力5トン級の「実証エンジン(XF5)」の技術を生かしながら、IHIと防衛省技術研究本部が開発する。

2015(27)年度予算の事業として心臓部の圧縮機や燃焼機、高圧タービンの試作に着手し、2018(平成30)年度をめどに試作エンジンを仕上げる計画である。

このF3は対空戦闘で他国の最新鋭戦闘機を凌駕する性能を目指していて、HSEは第5世代戦闘機に搭載される。

HSEを2つ搭載した双発戦闘機は、アフターバーナーを使わずに、常時音速以上で飛行する「スーパークルーズ(超音速巡航飛行)」が可能となる。ステルス戦闘機の場合、正面から見た断面積をどこまで小さくできるかがステルス性能の差となって現れるのだが、HSEの推力は実証エンジンの3倍ながら、直径は実証エンジンの70センチに対して約1メートルに抑え。世界的にもこの馬力のエンジンの直径としては極めて小さい。

さらに推進方向を機動的に変えられる機能も持ち、完成すれば世界有数のステルスジェットエンジンとなる。

すでに実証エンジン(XF5)では加速性能の目安の一つである「推力重量比(地上最大推力÷エンジン重量)」で米国製を上回っている。


中国の飛行機製造技術で、日本の飛行機を凌駕する物が作れるのでしょうかね?(笑)




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ

★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事