【中国問題】軍事専門家の張軍社氏「中国の空母、少なくとも3隻が必要 5-6隻ならばなおさら良い」

中国国防部が先月31日に開いた定例記者会見において、楊宇軍報道官は中国が2隻目の空母を独自に設計・ 建造していることを初めて裏付けた。2隻目の空母が海南省に配備されると海外メディアが予想したことについて、 軍事専門家の張軍社氏はインタビューに応じた。要約は下記の通り。

 同空母の配備について論じるのは時期尚早だ。海南省の配備は考えられる案だが、直面する脅威、港湾の適応性、 全体的な配備状況に基づき総合的に検討しなければならない。

 2隻目の空母は中国が独自に設計・建造する国産空母で、中国の総合的な実力が一定の程度に達したことを示す。
空母は大国の標準装備であり、国民に誇りを抱かせる。1隻目の「遼寧艦」と比べ、2隻目の空母は艦体の建造、 システムの設計のすべてが改善されており、総合性能が向上する。まず大きさは遼寧艦をやや上回り、排水量は5万トン級だ。
次に動力システム・電子システム・武器システムという3大システム間の統合性・協調性・融合性がさらに向上し、相互干渉を 減らす。これは空母の作戦能力と全体性能を大幅に高める。

 張氏は中国が保有すべき空母の数について、次のように述べた。

 米国は10万トン級の原子力空母を10隻保有している。隣国のインドは輸入した2隻の空母を保有し、初の国産空母も すでに進水しており、2隻目の国産空母の建造に向けた入札を行っている。2隻目の空母は原子力空母となり、排水量が 6万トン級に達する見通しだ。これと比べると、中国は空母の発展で遅れを取っている。中国が必要な空母の数は、 国家の経済力と国防の需要の間でバランスを取る必要があるが、2隻では絶対に足りない。中国は面積が広く、 1万8000カイリ以上の海岸線を持つ。近海防衛、中国および世界の航路の安全保障のいずれの面から見ても、 少なくとも3隻の空母が必要で、5-6隻ならばなおさら良い。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2016年1月6日
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-01/06/content_37472131.htm






★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。









関連記事