在日朝鮮人の大学教授が、在日朝鮮人の生活保護受給率は4.4%に過ぎない…と発言

ヘイトスピーチの攻撃対象が在日コリアンに限定されてきたもう一つの理由は、在日コリアンだけが「在日特権」を享受してきたというものである。在特会は、あたかも在日コリアンに「特権」があるかのように主張するが、実際はどうなのか。

まず在特会はホームページ上に「在日(コリアン)が日本に寄生することを認めている」と書き、 そうした行為を認めている「特別永住資格」こそが「在日特権」であると主張している。

彼らが問題にしているのは、一般の永住資格をもつ在日外国人と違って、歴史的経緯をもって日本に滞在してきた在日コリアンだけが、入国審査時に顔写真の撮影や指紋採取の必要なく、証明書の携帯も求められていないという、特別な扱いを受けているという点である。

だが、こうした在日コリアンの処遇は、1965年の日韓条約における在日コリアンの法的地位協定に関する協議を経て、1991年に「(在日コリアンの)歴史的な経緯と日本での定着性を踏まえた配慮」として日韓で取り決められたもので、根拠のない「特別な扱い」ではない。

日本に定住している在日コリアン2世から5世までの多くが、日本の植民地支配の影響を受け、 戦時中の労務動員を含め日本に移動することを余儀なくされた人々の子孫であるという歴史的経緯を踏まえ、実施されたアファマーティブ・アクション的性格をもつ措置である。

また在特会は、生活保護についても在日コリアンへの給付率が「異常なほど高い」とし、在日コリアンが優遇されていると主張している。

確かに50年以上前は在日コリアンの生活保護受給率が高かった。韓国戦争休戦直後の1954年には、日本人の生活保護受給率2%に対し、在日コリアンは23%と突出していた。これは、朝鮮戦争による難民の発生と54年に出された行政通達の影響と考えられる。

現在はどうか。ネットでは「日本人の生活保護受給率0・9%に対し、在日コリアンは22・7%」(「在日の就業と生活保護の統計を見る過去ログ保存ページ」2001年) という怪情報が流されているが、これは事実ではない。生活保護に関する在日コリアンのデータはないが、在日外国人の受給者数はわかる。

例えば2003年の在日外国人の受給者数3万5038人のうち、在日コリアンの受給者数の構成比が8割 (浅川晃広「戦後『在日神話』としての国籍剥奪という嘘」『正論』2005年8月号)という「在日特権」派の研究者の指摘を認めたとしても、在日コリアンの受給者数は2万1110人となり、この数字を当時の在日コリアンの全体数(62万5422人)で割ると、在日コリアンの生活保護受給率は4・4%にしかならない。

この数字をみれば、在日コリアンへの給付率が「異常なほど高い」とはいえず、在日コリアンが特恵的に生活保護を受けているとはいえないことがわかる(宮島理「生活保護と在日」『嫌韓流の真実!ザ・在日特権』宝島社、2006年)。

かつて永住外国人への地方参政権付与に賛成だった政党は、その声をあげず、一部の政党とはいえ、 在日コリアンへの特別永住制度の見直しを党のマニュフェストに掲げる政党が出現する中、 少数とはいえ一部の排外主義グループが主張してきた声が日本の政治に反映されていく過程は、排外主義が、下から上に広がっていることを示している。

在日コリアンの権益擁護・獲得を求める団体にとって、ヘイトスピーチを禁止する法案制定を求めることは重要であるが、それ以上に大切なことは、「在日特権」という言葉に集約された在日コリアンへの誤解と偏見を取り除くために、また特別永住権の見直しを阻止するためにも、在日コリアンの置かれた差別的な人権状況を一人でも多くの日本人および日本の政治家に、正しく理解してもらう戦略的な情宣活動を展開していくことである。

ヘイトスピーチという病理どう立ち向かうか…朴 一(大阪市立大大学院教授)

(2016.1.1 民団新聞)
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=21338

★  ★  ★

「在日コリアンの受給者数は2万1110人となり、この数字を当時の在日コリアンの全体数(62万5422人)で割ると、在日コリアンの生活保護受給率は4・4%(原文のママ)にしかならない。 」

生活保護って、「各家庭ごと」に支給されるんですよ。
一人ひとりに支給されるのではないのです。

在日朝鮮人の生活保護の受給者数が2万1110人(受給家庭数)
在日朝鮮人の全体数が62万5422人(この中には幼児や子供も含まれる


在日朝鮮人の総人口(この中には幼児や子供も含まれる)から、
在日朝鮮人の生活保護受給者(受給家庭数)を割って
4.4%(?)という数字を導き出しても無意味ですよ(笑)

もし、在日朝鮮人の生活保護受給率の大まかな数字を計算するなら

在日朝鮮人の総数62万5422人を、一家庭の人数を4人と推計して
在日朝鮮人の家庭数は約15万6300家庭となります

そうすると在日朝鮮人の生活保護受給率は約25%くらいになりますね(笑)




■日本の生活保護を食い物にする在日朝鮮人達■
…2009年、民主党政権となり、韓国籍の金本大祐が念願の生活保護課へ異動! 「自分は在日韓国人のために働く」と発言
2009年、民主党政権となり、韓国籍の金本大祐が念願の生活保護課へ異動!

「自分は在日韓国人のために働く」と発言

現在は、民主党党市議からも生活保護行政の専門家として厚い信頼を受け、 川崎市で民団と供に生活保護の支給に大活躍している(日本国民の血税が食い物にされている)。
 
http://bakunin.exblog.jp/6693761/



■生活保護を受けてる在日韓国・朝鮮人■

日本の総人口  127560000人(平成15年4月1日)
生活保護 日本人 1,148,088人 (厚生統計要覧13年度)
日本の人口に対する生活保護の割合  「0.9%」

-------------------------------------------------------
在日韓国・朝鮮人   625,422(平成14年末)
生活保護を受けてる在日韓国・朝鮮人  およそ142000人
生活保護を受けてる在日韓国・朝鮮人の割合  「22.7%」




■外国人3万5000世帯が生活保護受ける…一番多いのは朝鮮人■
生活保護を受ける外国人は2009年に約3万5000世帯に上り、全受給世帯の2・9%になる。
厚生労働省によると、保護を受けている外国人は永住や定住、日本人の配偶者の在留資格を持つ人が中心で、09年のデータでは韓国・北朝鮮、フィリピン、中国の順に多い。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111115-863881.html





自分の意思で日本の年金を払わなかった在日朝鮮人達

■在日韓国人二世、竹田青嗣氏の述懐

※1995年8月23日の毎日新聞より抜粋
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuunidai?

また「我々はいずれ祖国に帰るのであるから、福祉とかそういうものはいらない。 日本は祖国の統一の邪魔をしない、日本に望むことはそれだけだ。」
「厚生年金なんて強制的に取られるけど、私等は祖国に帰国するので 年金は貰えない。年金を納めるなんて我々には無駄だ。」
「日本人と違った取り扱い方をされるから、我々は民族の自覚を持つのだ。日本人と同じ処遇を求めるのは同化を求めることであり、民族を否定するものだ。」

というような物言いは、20年前まではごく当たり前のことであった。

「朝鮮人は朝鮮に帰る」というのは彼ら自身の主張で、「暴言」でも 「差別発言」でもない話であったのだ。
これを思い出すにつけ、今の在日の活動には隔世の感がある。
彼らは、自分らの先輩たちが20年前まで担ってきた民族運動の歴史を総括せず、 それどころか忘れてしまったのではないか、と思ってしまう 。




■密入国してきた在日朝鮮人達が日本に住める理由■

戦後、自衛隊が存在しない期間(1945年8月から1954年6月までは日本領土を守る組織がなかった) 韓国はその隙をついて竹島を不法占拠しようと考え、1952年に国際法を無視して李承晩ラインを一方的に設定。 日本の外務省は直ちに抗議、アメリカ・イギリスもそれを支持した。

韓国は竹島周辺で漁業をしていた日本の船舶を漁船に擬装した武装船で 至近距離で警告なしに射殺、拿捕。捕虜には地獄のような拷問を繰り返した。

328隻を拿捕、漁民3929人を拉致監禁、日本人44人を虐殺。

韓国は人質を解放する条件として日本の刑務所にいる朝鮮人凶悪犯罪者など472人を、 放免して特別残留許可を与えることを要求、日本はその条件を受け入れた。

同時期に、韓国政府は密入国朝鮮人の祖国への強制送還の受入れを拒否。 収容しきれなくなった密入国朝鮮人に日本政府は一時的な在留を許可した。

自衛隊は、1954年7月1日に設立された。


▼1955年 衆議院会議録情報 第022回国会 法務委員会 第23号より
(昭和三十年六月十八日(土曜日)午前十時五十九分開議)

★小泉政府委員 
60万人と推計をせられる朝鮮人のうち、 日本から母国に帰りたいという者は一人もいないといっても大した言い過ぎではない。
一方向からは、入れれば、それこそ手段方法を選ばず、 命がけでも密航をして、方法さえつけば怒濤のごとくどんどん入ってくる。 そしてこちらから強制送還をしようといたしましても、韓国の政府がこれを容易に受け付けない 。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/022/0488/02206180488023a.html






■ 韓国の反日デモの風景 ■
「日本人を殺せ」というプラカードを掲げ…
日の丸を燃やし、
日の丸の上で鶏を殺害し、
日の丸に小便をかけ
日の丸を踏みつける。

こんな民族?(生物)が日本の隣に生息しているのです。
こんな連中と「友好」なんて意味あるの?
画像あり⇒http://hoi333.blog.fc2.com/blog-entry-507.html





★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。


⇒ピーシーマックス


10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には絶対にオススメするサイトです。






 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。安心して利用できる有名老舗サイトです。





⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴です。







⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。








関連記事