中国の習近平を震え上がらせる米大統領候補★トランプにムカつき出した米国民、次の主役はテッド・クルーズ

序盤戦アイオワ州でトップに躍り出たキューバ系

 米共和党大統領候補の指名争いで支持率トップに立つ不動産王、ドナルド・トランプ氏の強敵は、何も元旦恒例のカリフォルニア州パサデナのパレードの空に出現した「トランプにはむかつく」を描かれた飛行機雲ではない。



 「予備選は短距離競争ではなく、長丁場のマラソンだ」と言い切り、2月1日から始まる予備選を前にトランプにじりじりと迫る筋金入りの保守理論派のテッド・クルーズ上院議員(44)だ。

 2月1日から正式にその火ぶたを切って落とす予備選。2月1日のアイオワ州党員集会。投票が行われる事実上の全米最初の予備選だ。

 同州は本選挙では「スウィング・ステート」と呼ばれる。選挙のたびに民主、共和両党の間で勝利政党が変動する州。そのアイオワ州だけを対象に行われた最新の6つの世論調査の平均値ではクルーズ氏がトランプ氏を3.6%引き離している。

 専門家の中には人種偏見に満ちた毒舌にそろそろ「トランプ・ファティーグ」(対トランプ倦怠症候群)現象が出てきたとの指摘もある。

 これまで無責任な、それでいてどこか米庶民の本音を代弁しているトランプ氏を面白半分で支持してきた一般庶民も、さすがにアジ演説だけで中身のない「政策なき大統領候補」に対し、いや気がさしているというのだ。

 そうしたこともあって、これまで支持してきた「草の根保守」や「宗教保守」の票もトランプから離れ始めたと言える。で、その票の流動先はとなると、同じ保守でも政治理念と政策に裏打ちされているクルーズに流れ始めたというわけだ。


東部エリート教育を受けたテキサス男


 いったいクルーズ上院議員とはどんな人物なのか。自身が著わしたのが本書だ。いわば選挙用自叙伝と言っていい。

 彼はキューバ移民の父親と英国系でデラウエア州出身の母親との間でカナダで生まれた。父親がカナダにある石油関連会社に勤めていた。

 その後家族はテキサス州に移住、幼年期から高校までテキサス州で過ごした。信仰心の篤い南部人独特の白人保守主義が体に染みついている。

 上昇志向型からか東部のエリート校に進むことを考えていたクルーズ氏は迷うことなく、プリンストン大学を選んだ。

「プリンストンは予想していた通り、鼻持ちならない東部エリート学生の集まり。テキサス育ちの田舎者にとっては住みづらいキャンパス生活だった。唯一友達になれたのはジャマイカから来た長身の学生だった」



 授業にはあまり興味が湧かず、唯一の親友と一緒に弁論部に入った。1年生の頃から頭角を現し、その後部長になる。持ち前の雄弁さに磨きをかけたのはプリンストン時代だった。

 その後、文系秀才の多くがそうするようにハーバード大法科大学院に進み、弁護士資格を取得。連邦控訴裁判所や連邦最高裁で調査官を務めたのち、上下両院議員のスタッフとして首都ワシントンで働き始める。

息子ブッシュの地盤とカバンを受け継いだ秘蔵っ子

 1990年の大統領選の際にはジョージ・W・ブッシュ陣営にはせ参じ、当選後は司法副次官に任命される。2003年から5年間テキサス州の訟務長官を務めたのち、2012年にはテキサス州から草の根保守「ティーパーティ」(茶会)の「公認候補」として上院議員に立候補して、みごと初当選を果たしている。

 1年生議員ながらその名前を全米レベルで知らしめたのは、2013年9月の予算審議でオバマ政権が推進する「医療保険制度改革」(通称オバマケア)に最後の最後まで反対、フィリバスター(議事妨害)で21時間以上にわたりノンストップの反対演説をしたこと。

 中間選挙に勝って、政権担当能力を示そうとしていた野党共和党執行部はこのクルーズ上院議員の独断行動に苦虫をつぶした。

 2016年の大統領選に向けて真っ先に手を挙げた。3月23日、宗教保守(エバンジェリカルズ)の本山とされるバージニア州のリバティ大学を立候補宣言の場所に選んだ。同大学創立者は宗教保守伝道師の故ジェリー・ファルエルだ。

 立候補と同時に選挙対策本部にはかってブッシュ政権で登用されたネオコン(新保守主義者)から1人、2人と集まり始め、現在は国内政治、外交、安全保障各面での政策立案に携わっている。

 ネオコンの一部は、支持率でクルーズ氏の後にぴたりとつけているマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)の陣営に加わっている。弟ジェブ・ブッシュ氏のブレーンは父ブッシュ元大統領の周りに集まった穏健保守主義者が多い。

 それ以後、クルーズ氏は共和党保守本流からは異端視されている。今回の大統領選でもそれが響いており、「最終的には共和党保守本流はクルーズではなく、穏健保守のルビオを選ぶ」(主要紙政治コラムニスト)とさえ言われている。


中国大使館の前を「劉暁波プラザ」と命名せよ

 クルーズ氏は今の世界情勢をどう見ているのか――。



 「ノーベル平和賞を授与されたオバマが政権を取ってからというもの世界平和は以前よりもより遠のいてしまった。オバマと国務長官だったヒラリー・クリントンは弱さを露呈、その弱さは挑発を呼び起こした」

 「ロシアのプーチンはウクライナに侵攻、さらにバルチック諸国への侵攻を虎視眈々とうかがっている。中国はグローバル・パワーを行使することで、周辺の米同盟国である韓国、日本、フィリンピン、さらには台湾、シンガポールを脅してその領土、領海権の拡大を模索する侵略行為に終始している」

 クルーズ氏は11月4日、ノーベル平和賞を受賞した中国の人権活動家、劉暁波・元北京師範大学講師が投獄されたことに怒りを込めてこう発言している。

 「ワシントンの中国大使館の前の広場を『劉暁波プラザ』と命名し、中国の人権抑圧に抗議しようではないか。『一人っ子政策』をやめたというが、中国共産党は強制的な人工中絶から人権活動抑圧まで専制独裁政治を続けている」

 本書では、クルーズは北朝鮮に対しても手厳しい指摘をする一方で、北朝鮮の金正恩第一書記を自制させる抑止力の可能性に触れている。

 「金正日がそうであったように息子の金正恩も何をやりだすか予想できない過激な男だ。そして誇大妄想狂的ナルシストだ。だがそうだからこそ、この男を抑止することは可能だ」

 「1つだけはっきりしていることは金正恩は自分の権力を失うリスクだけは絶対取りたくないという点だ。それをデターレント(抑止力)に使うのだ」

 共和党サイドでは、クルーズ上院議員にしろ、上院外交委員会東アジア太平洋小委員会筆頭理事を務めるマルコ・ルビオ上院議員にしろ、中国や日本について具体的に政策として言及している。バックには東アジアに精通した専門家たちが控えている。

 その意味では民主党サイドのヒラリー・クリントン前国務長官とこの2人による外交論争から目が離せなくなってきそうだ。

2016.1.5
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45690




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ


★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。


⇒ピーシーマックス


10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には絶対にオススメするサイトです。






 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。安心して利用できる有名老舗サイトです。





⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴です。







⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。










関連記事