米国、EUでも外国人に地方参政権など与えていない

■米国、EUでも外国人に地方参政権など与えていない■


韓国も外国人参政権を認めているが、高い制限があり権利を持つ日本人は50人程度
万が一日本で認めたら、在日朝鮮人50万人が参政権を持つことになる。


移民問題でヨーロッパは比較的寛容といわれるが、しかし英仏独伊など
主要西ヨーロッパ諸国で外国人に地方参政権を与えているのはEU加盟国の内部同士
であって、外部からの移民にはいっさい与えていない。


国政レベルの参政権付与はEU加盟国の内部同士でも行なっていない。

アメリカやカナダやオーストラリアは代表的な移民国家だが、そこでさえも、
地方・国政の両レベルで参政権付与はなされていない。


ただ一つだけ不幸な例外の国はオランダである。

オランダはEU域外の外国人への地方参政権付与からトラブルが始まって、やがて内乱
に近い状態になった。外国人は都市部に集中してゲットーに居住し、別国家のような
観を呈した。そこにオランダ人が足を踏み入れると敵意を示す。外国人はオランダの
生活習慣や価値観を嫌い、祖国のやり方を守るだけでなく、オランダの文化や仕切りを
自分たちの流儀に切り換え、変革しようとさえする。自国の宗教や文化を絶対視し、
若い狂信派を育てて、オランダの社会システムを破壊し、つくり変えようとする。
オランダ政府はいろいろ手を打ったが、すべて手遅れである。外国人が一定数以上を
超え、政治発言力を持ち始めると、取り返しがつかなくなる先例をオランダに学ぶべき
である。
…SAPIO 2009.8.5より


http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=862
http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/90.html?guid=on






■外国人地方参政権問題・・オランダの崩壊■


11月2日、オランダでイスラム系社会を批判する映画を作った、映画監督
テオ・ファン・ゴッホ氏が、モロッコ人に殺害された。ゴッホ氏は、あの19世紀の
画家ゴッホの遠縁。オランダのTこの暗殺事件は、かなり根の深い問題で、欧米では
この暗殺事件がかなり注目されています。


高名な映画監督Theo van Gough 暗殺は起こるべくして起こった事件である。
多文化共存=外国人移民に寛大な政策などとると大変なことになるということを
オランダ政府は認めざるを得なかった。皮肉なことに、この多文化融合主義政策に
オランダ政府が力を入れたことが逆にオランダ衰退の原因となっているのである。


オランダ人のほうも不快感はつのり、 危険さえ感じるようになった。とくに
新たに流入してイスラム系移民たちの暴力、犯罪や組織犯罪が目立つようになって
からこの傾向はひどくなった。


またこういう状況下にあって、オランダ人は法律の保護によって自分の身を守れる
かというとそうは思っていないようだ。ヨーロッパの他の国も同様だが、この30年間に、
左翼イデオロギーによって法律そのものがねじ曲げられ、 犯罪に対して寛大すぎて
弱化し過ぎて、法律によってイスラム過激派の危険に対抗するどころが、逆に法律が邪魔をして
イスラム過激派を助けているという面さえある。


たとえば、 北米テロリスト・グループへの支援という罪状で逮捕された12名のイスラム系
オランダ人は有罪にはいたらずに釈放された。また2002年のパリのアメリカ大使館爆破計画
で起訴された4人のイスラム系テロリストはロッテルダム法廷で無罪をかちとり、釈放された。
いずれも重箱の隅をつつくような、法の条文の技術的な解釈によってそうなったのである。


ゴッホ暗殺事件以前に、オランダのエリートたちの国外脱出と、資金の避難流出は既にひそかに
始まっている。 ”イスラム教徒に対する恐怖”がそうさせるのである。

もしも事態が急速に制御不能のコースをたどれば、もっと多くの目先のきく「ネズミたち」は
沈み行くオランダ国という船を見捨てるに間違いない。………何を隠そう、この船の沈没の仕組み
をつくった、「ネズミたち」本人が逃げ出そうとしているのである。 

 
http://musume80.exblog.jp/1326745



ポチッと応援クリックお願いします







関連記事