韓国は生き地獄 低成長が生んだ「夢を持てない社会」

】「韓国経済の悲鳴」「輸出、金融危機後 最大の下落幅」??。2月初め、韓国各紙は今年1月の輸出額が昨年同期比18.5%減と激しく落ち込んだことを大々的に伝えた。
下落幅は、リーマン・ショックによる2009年8月の20.9%減以来の大きさ。国内総生産(GDP)に対する輸出額の割合である「輸出依存度」が53.9%(13年、世界銀行)と極めて高い韓国経済において、危機感を募らせるに十分な数字だ。

 主要因は、最大の貿易相手国である中国経済の減速とされる。韓国政府は「輸出をめぐる対外要件が当初の予想より悪化しており、回復は容易ではない」と厳しい見通しを示している。

 韓国経済の厳しさが増す中で、若者の就職も容易ではない。14年の国民全体の失業率は3.5%と日本の3.6%より低いが、青年失業率に限ってみると9.0%と日本の5.1%の倍近い。

 若者は「恋愛、結婚、出産」をあきらめざるを得ない「3放世代」と呼ばれ、最近ではこれに「人間関係、住宅購入、希望、夢」を加えた「7放世代」との言葉まで飛び出している。

 「夢を持てない社会」を象徴するかのような世論調査結果が、大手経済紙・毎日経済新聞の元日付紙面に掲載された。
「科学部門での初の韓国人ノーベル賞受賞者が誕生する時期は」との質問に対し、50代以上の53.2%が「10年以内」と楽観的な見通しをしたのに対し、20代は38.1%が「30年以後」と回答した。

 また「科学技術の蓄積ができない最も大きな理由」について34.4%が「失敗を認めない社会文化」を挙げた。

 一方で、将来住んでみたい理想的な海外の都市は「余裕のあるシドニーやバンクーバー」がトップで49.4%。
次いで「雇用が多いサンフランシスコ」が28.0%、「清潔で治安の良いシンガポールや東京」が17.5%と、厳しい競争社会にうんざりした様子が読み取れる。

 こうした状況から、昨年後半は「ヘルチョソン」という言葉が流行語となった。英語のヘル(地獄)に「朝鮮」の韓国語読みである「チョソン」をかけた造語で、韓国は生き地獄、という意味だ。

 「韓国が嫌いだから」。「ヘルチョソン」の象徴として昨年、ベストセラーとなった小説のタイトルだ。作者は、保守系大手紙・東亜日報の元記者、張康明(チャン・ガンミョン)さん(40)。
張さんはタイトルがあまりにストレートなため、批判も覚悟していた。だが、実際にはほとんどなく、韓国人の社会不満の強さを改めて感じたという。

 主人公は、20代半ばの女性。ソウル大や延世、高麗大という名門ではないものの、ソウルで一定の知名度を誇る大学を卒業。金融機関に3年余り勤めたものの「私は韓国では競争力がない人間だ」と思い至り、オーストラリアに渡るという移民物語だ。

 韓国では、大惨事や政府の失態などが明らかになるたびに「移民しなければ」という言葉がはやる。
ただ、移民用ビザなどを取り扱うソウル・江南の弁護士事務所「国民移住」の朴慶児(パク・キョンア)次長によると、かつては経済難から海外での職を求めるケースが多かったが、
14年4月の客船セウォル号沈没事故などにより社会に失望し、海外での教育を受けさせたいと移民を希望する30?40代の親が増えているという。

 張さんは執筆にあたり、実際に海外へ移民しようとする若者らに取材しインターネットでも情報を集めた。
その結果、若者らは厳しい競争社会を勝ち抜こうと幼い頃から努力を重ねてきたにもかかわらず、就職もうまくいかず「社会全体に拒否されていると感じ、復讐(ふくしゅう)したい気持ちがある」と実感したという。

 元産業部記者である張さんは、不満の背景に経済の低成長があり、世代間摩擦が強まっていると見る。
韓国銀行によると、15年のGDP成長率は2.6%で、13年2月に朴槿恵(パク・クネ)政権が発足してからの3年間の平均成長率は2.9%。過去の政権の同期と比べると、
金大中(キム・デジュン)政権5.3%→盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権4.5%→李明博(イ・ミョンバク)政権3.2%と鈍化は明らかな状況だ。

 「李前政権は『社会の摩擦を経済成長で克服しよう』と掲げたがまったく達成できなかったのに、朴政権もまた同じことをやっている」と、発想の転換が必要だと考える。

 低成長は日本のバブル崩壊後の「失われた20年」を連想させ、韓国では警戒感が強まっている。しかし「日本では20年間の低成長にもかかわらず、社会は平和に推移してきた。これは学ぶべきことだ」と強調する。

 若者の社会不満は、外にも向かいかねない。若い世代ほど昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意に反発が強かったように、概して彼らは朴政権に批判的だ。
張さんは「若者は社会での挫折感が深まっており『敵』が必要な状況だ。悪い方向にエネルギーが向かっている」と、日本にも矛先が向くことを懸念する。







ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ






★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。










http://mainichi.jp/articles/20160215/mog/00m/030/005000c

関連記事