シリア停戦~各国の思惑★「犬猿の仲」であるはずのアメリカとロシアが、共同で「シリア停戦」をよびかけました。なぜ?

【RPE】★シリア停戦~各国の思惑

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1347



               2016/2/24


===========================================================

「犬猿の仲」であるはずのアメリカとロシアが、共同で「シリア
停戦」をよびかけました。

なぜ???


★シリア停戦~各国の思惑


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●世界秩序大崩壊!

既存の世界秩序が大崩壊しています。

・アメリカは、イスラエル、サウジを見捨てた。なぜ?
・「米英」という言葉は、もはや死語。なぜ?
・「欧米」という言葉も、もは死語。

世界情勢の最新動向を知りたい方は必読。
いますぐこちらをご一読ください。

http://diamond.jp/articles/-/86785  )



中東で、とても大きな動きがありました。

まだ確定ではないですが、成功すれば「歴史的」といえるかもし
れません。

なんでしょうか?

アメリカとロシアが2月22日、「シリア停戦」を共同で呼びかけた
のです。



<シリア内戦>焦点は「停戦の履行できるか」 米露共同声明

毎日新聞 2月23日(火)22時1分配信

【ワシントン和田浩明、モスクワ杉尾直哉】約5年間に及ぶシリア
内戦を巡り、米国とロシアが22日、シリア時間27日午前0時
(日本時間同日午前7時)からの停戦を呼びかけたことを受け、今
後の焦点は停戦の履行に移る。

25万人以上の死者を出した戦いに終止符を打てるのか。>



▼アメリカ、ロシアは何を提案したのか?



アメリカとロシアはこれまで、シリアで完全に別の勢力を支援し、
「シリア内戦」は、「米ロ代理戦争」の様相でした。

具体的には、ロシアが「アサド現政権」を支援し、アメリカは、「
反アサド派」を支援してきた。

それが「共同で停戦を呼びかける」のは、よほどのことです。

米ロは、どんな停戦条件で合意したのでしょうか?



< 米国務省が発表した共同声明によると、停戦条件は

▽シリアの政治移行行程などを定めた国連安保理決議の受け入れ

▽全ての攻撃の中止

▽支配地域拡大の中止

▽人道支援の受け入れ

▽自衛のための反撃時に過度の武力を用いない

--の5項目。>(同上)


見事な停戦合意ですが、「例外」もあります。


<停戦は、過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アル
カイダ系の「ヌスラ戦線」、国連安保理がテロ組織に認定した組織
には適用されない。>(同上)


「IS」やアルカイダ系「ヌスラ戦線」への攻撃は今後も継続される。

次に関係各国、関係勢力の思惑をそれぞれ見てみましょう。



▼アメリカ~はやく中東問題を終わらせたい



前々から書いていますが、アメリカは中東への関与を「なるべく減
らしたい」と考えています。

なぜでしょうか?


第1の理由は、「シェール革命」です。

アメリカが中東を最重要視してきたのは、中東が「資源の宝庫」だ
から。

ブッシュ(子)が大統領になったとき、「2016年にアメリカ国内の
石油は枯渇する」と予測されていた。

だから当然でした。

しかし、「シェール革命」で、アメリカはいまや「世界一の産油、
産ガス国」になっている。

それで、「中東とはあんまり関わりたくない」と思っている。


第2の理由は、「中国の台頭」です。

オバマさんが、「アジアシフト」を宣言したのは2011年11月
でした。

ところが、ダラダラと中東にかかわりつづけてきた。

そう、「シリア内戦」は、2011年にはじまったのです。

アメリカは、反米アサド政権を打倒するため、「反アサド派」
を支援しました。

2013年8月には、「アサド軍が化学兵器を使ったのでシリアを
攻撃する!」と宣言した。

しかし、翌9月には戦争をドタキャンし、世界を驚かせました。

これは何かというと、アメリカは本音で、「もう中東はどうで
もいい」と思っている。

アメリカの態度は煮え切らないまま、ダラダラと時間だけすぎ
ていきました。



ところが、2015年3月の「AIIB事件」で、目覚めます。

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、イスラエル、オース
トラリア、韓国

などなど「親米諸国」を筆頭に57か国が

中国主導「AIIB」への参加を決めた。

これでアメリカは、


「全世界の国々がわが国の要求を無視して中国に従っている!」

「中国はもはや『覇権国家』一歩手前まできている!」



こう悟った。

それで、「アジアシフト戦略」(=対中国戦略)を早急に進め
るため、「中東の整理」が不可欠になってきている


この二つの理由で、アメリカは「シリア内戦の終結」を本気で
望んでいます。

そして、「アメリカが平和を望んでいること」が一番重要なフ
ァクターなのです。

アメリカは戦争をはじめることもできるし、終わらせることも
できる。



▼ロシア~アサド政権を守りたい



シリアに海軍基地をもつロシア。

シリア内戦が勃発した当初から、親ロシア・アサド政権を支援して
きました。

2015年9月からは、シリアIS空爆を開始。

ついでに「ヌスラ戦線」など「反体制派」への空爆も行いアサドを
守ってきました。

ロシアの空爆に支えられ、アサド軍は息を吹き返し、失地を続々と
奪回しています。

プーチンは、アメリカが中東への関心を失っているのを見て、停戦
の主導権を握ったのです。


つまり、ロシアも停戦を望んでいる。

それは、アサド政権を守るためです。



▼アサド~生き残りたい



そして、もっとも停戦を望んでいるのがアサド自身でしょう。

2011年に内戦が勃発したとき、アサドは、イラクのフセイン、
リビアのカダフィのような、「暗黒の未来」を想像したに違
いありません。

しかし、ロシアとイランに支えられ、なんとか今日まで乗り
越えてきた。


「奇跡的」といってもよいでしょう。

今、ロシアだけでなく、アメリカも「停戦しようよ」といっ
ている。

戦況が有利なうちに乗ったほうがいいに決まっています。



▼反アサド~梯子を外された



では、反アサドはどうなのでしょうか?

これは、さまざまな勢力がいるので難しいです。


<停戦案を受け、アサド政権との和平協議(2月上旬から中断)に
参加している反体制派主要組織は、諾否に関する協議を始めた。

有力な反体制派組織のうち、世俗派「自由シリア軍」系の「南部戦
線」は停戦に前向きだ。

一方、イスラム武装勢力の「イスラム軍」と「アフラル・シャム」
は難しい対応を迫られている。>

(毎日新聞2月23日)



欧米が、「穏健派反アサド」というとき、「自由シリア軍」をさす
ことが多いです。

いずれにしても、「反アサド」は、アメリカから「梯子を外され」
戦闘を継続するのが難しくなっています。

それでもアサドとの戦闘を継続するのか、しないのか?

おそらく、「反アサド」の中で、意見が分裂していることでしょう。



▼欧州~難民の流れを止めるため、シリアに平和を



欧州は、シリアから大量の難民が押し寄せてきて困っています。

それで、「シリアが安定し、シリア難民が欧州に来ない状態をつく
りたい」という動機がある。


こう見ると、大国は皆「停戦」に賛成。

条件は「整っている」ように見えます。



▼抵抗勢力 ~ トルコ、サウジ、イスラエル



しかし、停戦、和平に抵抗する勢力がないわけではありません。

シリア内戦は、スンニ派の大国トルコ、サウジアラビア等と、シ
ーア派の大国イランの「代理戦争」でもあります。

アサドは、シーア派のアラウィー派で、イランから支援をうけて
いる。



当然スンニ派諸国は、今回の停戦に反対でしょう。

特にトルコは、既にシリア領内に軍隊を入れています。

(名目は、クルド人勢力の拡大を阻止するため。)

今回の米ロ合意前の記事ですが。(日付に注目)



<シリア停戦実現に暗雲 トルコ、2日連続のクルド砲撃

AFP=時事 2月15日(月)11時46分配信

【AFP=時事】トルコは14日、シリア国内のクルド系組織への新た
な砲撃を実施した。

シリア情勢をめぐっては同日、米国がロシアに対して反体制派へ
の空爆停止を要求。

関係各国が12日に合意した「1週間以内の停戦」の実現に暗雲が漂
ってきた。>



今後もっとも注目すべきはトルコの動きです。

しかし、アメリカがトルコを支持しなければ、NATOからの支援も
望めず、

トルコは、アサド政権を支援するロシアと単独で戦うことになっ
てしまう。

そうなるとトルコに勝ち目はなく、エルドアン政権の「自殺行為」
になってしまう。


「無謀」ですね。


とはいえ、歴史には指導者の「愚かな行動」が満ち溢れているので
、どうなるかわかりません。

エルドアンが、冷静な判断を下すことを望みます。


最近サウジアラビアも、「シリアに軍隊を派遣する」と宣言しま
したが、アメリカにとめられたそうです。


さて、今回の停戦合意にもっとも反対なのがイスラエルでしょう。

アメリカは、イランと和解した。

そして、反イスラエルのアサド政権は延命しようとしている。

これはイスラエルにとって悪夢以外の何物でもありません。



▼シリア内戦は終わるか?



というわけで、状況を整理しておきましょう。


・シリア内戦を終わらせたい国、勢力

アメリカ
ロシア
欧州
イラン
シリア・アサド政権
反アサド派の一部


・シリア内戦をつづけたい国、勢力

トルコ
サウジアラビア
その他のスンニ派国家
イスラエル
反アサド派の一部


こう見ると、アメリカとロシアが「和平を望んでいる」ことが最大
のファクターになります。

ウクライナの内戦時もそうでした。

ロシアのクリミア併合は、2014年3月。

その後、ウクライナ新政府と東部「親ロシア派」の内戦が勃発した。

2014年9月の停戦合意はダメになりました。

しかし、2015年2月の停戦合意は、いまに至るまでつづいています。

これはなんでしょうか?

15年2月の停戦は、プーチン、ドイツ・メルケル首相、フランス
・オランド大統領、ウクライナ・ポロシェンコ大統領

の合意によって実現しました。

アメリカは当初、これをぶち壊したかったようですが、翌3月に

「AIIB事件」が起こり、

「まあ、ウクライナはいいか。対中国の方が大事だ」

となった。


シリアの場合も、アメリカが「内戦継続を望まない」ことが決定的
です。

一回目でうまくいくかはわかりませんが、全体的にシリア内戦は終
息にむかっているといえるでしょう。

5年間の内戦で25万人の犠牲者が出たといいます。

シリアに平和が訪れることを、心から願っています。






ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ






★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。










関連記事