フィリピン「Kクライム」現場を行く 現地在住韓国人が被害者…生意気な態度が犯罪呼ぶ

韓国国内の地方大の教授だったパクさん(68)はフィリピン・マニラ近隣カビテ州に「セカンドハウス(別荘)」を持った。7年前に引退した後、毎年数カ月間はフィリピンに滞在し、ゴルフなどを楽しんだ。家族もよく遊びに来た。
しかし幸せな老後生活は長く続かなかった。先月22日、自宅で刃物で刺され、死亡した。

現地に派遣された韓国警察庁の捜査官5人は防犯カメラの映像を分析した。事件発生時点にパクさんの家を出入りした20代のフィリピン人女性Aを有力容疑者として逮捕した後、殺人の動機などを調べている。

2000年代半ばまで「K-POPブーム」の震源地だったフィリピンが、この数年間に韓国人殺害事件が相次いだことで「犯罪の地」と認識されている。2013年以降、フィリピンで命を失った韓国人は34人(30件)。毎年10人以上も死亡している。
フィリピンで20年間にわたり事業をしてきたキムさん(50)は「K-POPの代わりにKクライムという言葉を使わなければいけないほど」と語った。年間120万人にのぼるフィリピン観光客の恐怖も深まると予想される。

しかし中央日報が警察庁と外交部の支援を受けて先月1日から5日間、フィリピンのマニラ・アンヘレスを現地取材し、2013年から3年間に発生した韓国人殺害事件を全数調査した結果は意外だった。
この期間に殺害された韓国人34人のうち観光客は一人もいなかった。33人はパクさんのような「ローカルコリアノ」(Local Koreano=フィリピンに定着し、現地人のように暮らす韓国人を意味するタガログ語)だった。
残りの1人は昨年フィリピンにいる息子の家に行き、2日後に拉致、殺害されたホンさん(74)だ。

分析の結果、被害者の平均フィリピン滞在期間は7.3年、平均年齢は48.7歳の男性だった。職業は自営業者が64.7%(22人)だった。マニラ所在のコリアンデスク(フィリピンに派遣された韓国警察)で勤務中のソ・スンファン警正(39)は
「韓国人殺害事件のうち観光客の被害者はなく、現地定着韓国人が被害を受けている」とし「殺害の動機も15件が事業上の争いや金銭をめぐる恨みだった」と説明した。

実際、昨年12月20日にフィリピンのバタンガス州で銃で撃たれて死亡したチョさん(56)は約20年前にフィリピンに定着した韓国人第1世代だ。建築・賃貸業をする自営業者だった。また30件のうち20件の犯行道具が銃器だった。
フィリピンで銃器所有は合法だが、違法銃器も100万丁以上流通しているという。

請負殺人事件の背後人物が検挙されない理由について、在フィリピン韓国大使館のホン・ドッキ治安領事は「ガンマン(Gunman、殺人請負業者)は捕まっても金銭的な支援が続けば背後人物を明らかにしないため」と説明した。

不十分な捜査力と治安状況も韓国人殺害事件が増える主な原因に挙げられる。外交部によると、過去1年間に海外で殺害された現地韓国人は35人だが、うち11人がフィリピンだ。単一国家の中で最も多い。
フィリピン国内の殺人事件数も9945件(2014年基準)、一日に27件ずつ発生し、韓国(938件)に比べ10倍以上多い。しかし人口が1億人のフィリピンで警察の数は約14万人だ。フィリピンの人口の半分ほどの韓国と警察の数が似ている。

アンヘレス所在コリアンデスクのイ・ジフン警監(33)は「フィリピンで犯罪が発生すれば、警察は私金で燃料費を負担して捜査しなければいけない」とし「それほど捜査の意志が弱い」と説明した。

先月3日に訪れた首都マニラの代表的な歓楽街マラテでは、酒に酔った韓国人が大声で暴言を吐く姿があちこちで見られた。また大通りから少し外れると迷路のような貧民街につながる。暗い貧民街には防犯カメラは全くなかった。

違法私製銃器が流通しているのも問題だ。現地住民R(57)は「1万5000ペソ(約38万ウォン)で38口径の私製拳銃が手に入る。登録証もなく、いかなる記録もない銃」と話した。

現地人を無視する韓国人の態度も犯罪を呼ぶ要素だ。「マヤバン」(生意気な態度を意味するタガログ語)を見せている一部の韓国人のためだ。
2013年4月にアンヘレスの食堂で食事して出てきたイムさん(34)ら3人をフィリピンの強盗が銃で殺害した事件の背後にも情報を提供した元運転手がいた。
在フィリピン韓国大使館のシン・ギョンソ協力領事(52)は「韓国人の振る舞いに恨みを抱いたフィリピン人が雇い主の居場所を強盗や請負殺人業者に知らせて殺人に飛び火するケースが少なくない」と話した。

http://japanese.joins.com/article/677/212677.html


朝鮮人って、自分らがなぜ世界中で嫌われるのか、
考えたことあるのだろうか?



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ






★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。









関連記事