熊本地震★被災地狙う“卑劣な窃盗団”横行 徘徊する不審者、3トントラックに乗る一団も

熊本県や大分県で頻発する群発地震で“2次被害”が多発している。無情に降り注ぐ冷たい雨とともに被災者を苦しめるのは自然の脅威だけではない。人気のなくなった住宅地などに侵入し、金品を奪う「火事場泥棒」が横行しているというのだ。熊本県警に寄せられた窃盗事件などの被害件数は22日午前6時現在、実に17件。被災地には不届き者に対する憤りや恐怖が渦巻いていた。 (報道部・宇都木渉)

 地震発生後、被災地に初めて強い雨が降った21日。熊本市の東に位置する人口7000人あまりの西原村は、ダムの決壊などの恐れがあるとして525世帯計1573人に避難指示が出された。

 一連の地震でこの地に決定的な被害をもたらしたのは震度計のデータに不具合があり「不明」となっていた16日の「本震」だった。後日、気象庁が「震度7」と訂正したこの揺れで、18日の時点で村民全体の約25%にあたる1809人が村内の6つの施設に避難している。

 不審な人間が出入りしているという目撃情報が出始めたのは、揺れが襲った直後のことだった。

 役場に設置された災害対策本部には、パトロール中の消防団員などから寄せられる「不審者情報」が張り紙で掲示されていた。その一部はこのようなものだ。

 《ヘッドライトをつけた男性。○○地区にてウロウロしているところ、消防団員が声をかけたら逃走した(同様の事案が2件発生)》

 村の職員が嘆息する。 「夜中に発生した出来事です。人がいないところで頭にライトをつけて何をやっていたのか。地元の人間を装うためか、消防団の作業服が盗まれたこともあります」

 昔ながらのつきあいが残り、住民はみな顔なじみだという西原村。よそ者が妙な行動をしていると非常に目立つため、次々と情報が上がってくるという。

 「東日本大震災を始めとした被災地では過去に窃盗による被害があったと聞いていたので、情報を共有しようと努めています」(職員)

 記者が訪れた21日夕方には別の地区では《早朝、××地区で軽自動車2台、3トントラック1台》の見かけない一団が目撃されたとの張り紙が追加された。職員から説明を受けている最中にも初老の男性が西原村の対策本部にやってきて、異変を報告していた。

 「知らない若い男たちがいたあたりに、ブランド品の空き箱が落ちている。マリフアナ(大麻)のようなものもあって怖い」

 現場に向かうと、ブランド品の空き箱は確認できなかったが、たしかに市販のタバコとは形状の違う「何かの吸いさし」が雨に湿って落ちていた。対策本部では現在のところ、村内での空き巣被害の報告は受けていないというが、住民の不安が尽きない。

 被災者の傷に塩を塗りつける卑劣な犯罪行為。許されるわけがない。



2016.04.23
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160423/dms1604231530002-n1.htm







ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ







関連記事