「中絶大国」韓国の実態 男子選好出産の弊害 断ち切れぬ悪循環

韓国が「売買春大国」「強姦(ごうかん)大国」であることは、よく知られている事実だが、いま一つ知られていないのは「中絶大国」であることだ。売春婦や強姦被害者の中絶もあるだろうが、大きな比率を占めるのは男児を得るため、女児と分かった場合に措置をするケースだ。

結果として、韓国がいま直面しているのは、結婚適齢期の世代の「男性>女性」問題だ。しかも、適齢期の女性のうち数万人は「海外遠征売春」に出ているのだから、男女数の格差は、より深刻になる。それがまた、性犯罪につながり…悪循環は断ち切れない。

男児選好が強いのは中国と同様だ。ただ、中国のような「1人っ子政策」は施行されたことがない。だから、第1子だけ見れば、男児の比率がわずかに高い。自然の摂理に従った姿だ。ところが、第2子以降は違ってくる。

2003年の調査だが、中央日報(2005年10月31日)は「第1子は女児100人当たり男児104・9だが、第2子は107・0に高まり、第3子以降は136・6に急上昇」と伝えている。同紙が「韓国の男児出生比率が高いのは『男子選好思想』のほか、『選択的妊娠』をしているためと分析された」と、きれいごとを書いているのには驚かされる。

選択的妊娠とは何か-。羊水検査などにより、女児と分かったら中絶することに他ならない。

これが増えたのは1980年代からだ。そのころに生まれた第1世代が今、男女数の不均衡に苦しんでいるのだ。

今時、珍しい韓流おばさんが「韓国は中絶が禁止されているし、カトリックが多いから中絶はほとんどありません。中絶天国の日本は韓国を見習うべきです」と言っていたが、とんでもない。

2014年8月14日に訪韓したローマ法王フランシスコは、一連の到着儀式を終えるや、16日には忠清北道のコッドンネ胎児園を訪問して、中絶された生命のために祈った。

その模様を伝えた韓国メディアは、末尾にこんな解説を付けていた。

「わが国は、いくつかの例外を除いて中絶を禁止しているが、堕胎率は世界最高と分析されている。年間妊娠中絶件数は30万件を超えるが、実際にはこれよりも多くの子供たちが殺されていると推定されている。1994年のギャラップ調査では、1年間に60万人が生まれ、150万人が中絶されていることが明らかになった」(ニュース1、14年8月16日)

この国のマスコミがことあるごとに「われわれは日本に対して“道徳的優位”にある」などと、うそぶくのだから、善良なる韓国人も平衡感覚をなくしていくわけだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160428/frn1604281140001-n1.htm


ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ








関連記事