中国メディア「駐日米国パイロットのヘルメットに『神風マーク』が

中国メディア「駐日米国操縦士のヘルメットに『神風マーク』が付着」

「米参戦老兵たちが見れば呆れるだろう」


(北京=聯合ニュース)イ・ジュンサム特派員

日本に駐留している米空軍戦闘機のパイロットのヘルメットに「旭日旗」「神風」マークが付着している様子が公開されて論議がおきていると中国国営環球時報が6日、報道した。


第2次世界大戦当時、日本軍が使用した「旭日旗」と、太平洋戦争時に爆弾を積んだ戦闘機を運転して連合軍の艦隊に体を張った「神風」は、日本軍国主義の代表的な象徴物である。


環球時報は同日、「最近、日本の(青森県の)三沢空軍基地に駐留する米軍が、日常的な訓練の姿を写した写真を公開した」とし、かれらの写真の中には、『神風ヘルメット』の写真などが含まれていたと伝えた。


「旭日旗」「神風」マークなどが盛り込まれた問題のマークは、F-16戦闘機の操縦に使用しているヘルメットの「カバー」に付着している。



このマークには、F-16戦闘機のイメージと「サムライ」(SAMURAI)という英語表記も刻まれている。


米軍のパイロットが何故このようなマークをヘルメットに付けたのかは確認されていない。


環球時報は「狂気に包まれた神風は、米軍を攻撃し、少なくない被害を与えた」とし、第2次大戦に参戦した米軍のベテランたちが、空でこのような後輩たちの姿を見ると、呆れるだろうと指摘した。


2016年05月07日
引用ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=001&aid=0008383588


20126571101.jpg

20126571100.jpg



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ








関連記事