韓国旅行会社が海外での登山服着用を禁止!?理由は「マナー」にあった=韓国ネット「恥ずかしい」「若い世代が変えていかないと」

2016年5月10日、韓国・SBSによると、最近、海外旅行に出かける旅行者に対して旅行会社が「登山服の着用は控えるように」と通達していたことが、ネットユーザーの間で波紋を呼んでいる。

韓国の中年層には登山時のみならずファッションとして普段着に「登山服」を着る人が多く、海外旅行に出かける時も例外ではない。欧州では登山服が韓国人観光客の目印になっていると言われるほどだという。

登山服の着用を控えるようにとの通達は、服装自体の問題というよりも、韓国人の「マナー」の問題が大きい。(1)謝らない(2)四六時中うるさい(3)時と場所を選ばず飲酒(4)外国でも韓国料理にこだわる―などの「マナーの悪さ」が、派手な色合いの登山服とあいまって、現地の人々や他国の観光客が眉をひそめる原因となっているという。記事は、「大切なのは登山服の着用禁止ではなく、エチケットを広め、守る姿勢にある」としている。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「この前シンガポールに行ったけど、登山服を着てた100人のうち99人は韓国人だった(汗)」
「(マナーの悪さで)中国の座を脅かしてるってことか」
「恥ずかしい。中国のことをどうこう言える立場じゃない」

「韓国の地下鉄でもおじさん、おばさんのマナーは悪いし、まして海外に出たら…。今の20~30代がこれからの文化を変えていくべき。つまり、今は無理」
「みんな40代以上の中年層を非難するけど、若者もマナーが悪い。時が過ぎて世代が交代しても、韓国人は『お客様=王様』という意識を捨てない限り、外国でのマナーの悪さはなくならないだろう」

「記事の指摘を直してマナーを守れば、服装のことなんて言われない!」
「旅行会社も『登山服禁止』ではなく、ガイドに基本的なマナーをたたき込んでしっかり案内させるべき」

「ほとんどの人が(服装やマナーを)知らないからだと思うけど、韓国社会が容認してるから当たり前のことだと考えてしまう」
「でも、正直言って登山服はカッコ悪い。高いメーカーの登山服を着ると自信が沸いてくるのかなんなのか知らないけど、ファミレスや病院にまで着て行くファッションセンスはどうかと思う」

2016年5月15日

http://news.livedoor.com/article/detail/11523591/




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ









関連記事