米大統領オバマ、韓国の朴大統領に激怒する




2015年の後半、習近平の訪米後に、朴槿恵大統領が訪米したが、合同記者会見の席で、オバマ大統領はボディランゲージで怒りを露わにしたのである。

「中国は(南シナ海で)国際的な規範を守るべきだ」と説いたのだ。

まるで中国のメッセンジャーであるかのような朴大統領の行動を非難したのである。

この時のCNNの報道映像は、とても象徴的なものであった。

というのも、このニュースの前後の画像に、朴大統領が同年の北京の抗日戦争勝利70周年記念の軍事パレードに参加して、他の独裁国家の首脳達と並んでいる様子が映されていたからだ。

そこにはカザフスタンのヌルスルタン、ナザルバフェフ大統領やロシアのプーチン大統領と並んだ朴大統領の姿があった。

オバマ大統領は、「君は独裁国の首脳たちと一緒にいたわけだから彼らのメッセンジャーガールだ」とみなした上で、彼女の前で「われわれは中国の勝手な行動をゆるさない」と主張したのである。


「中国4.0 暴発する中華帝国」 エドワード、ルトワック 著  p125~




中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

新品価格
¥842から
(2016/5/28 09:18時点)







まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ



関連記事