日本と戦わなかった朝鮮人たち。だからこそ日本を憎み続けるしかないのだ。

なぜなら、韓国が憎んでいるのは日本人ではなく、日本の統治に抵抗せずに従った、自分たちの祖父たちだからだ。

(中略)

ヨーロッパにも似たような例がある。オランダだ。

ナチスドイツが進行してきた時、……オランダはほとんど抵抗せずに従った。

にもかかわらず、戦後の1960年代まで、ドイツのことを激しく嫌っていた。

……オランダの大西洋沿岸の民宿には「ドイツ人お断り」と書かれていたほど嫌独感情が強かったのである。

ところがその反対に、ユーゴスラビアでは、ナチスドイツと激しい戦闘が行なわれ、双方に多数の死者が出たのだが、戦後の民宿の看板には「ドイツ人は無料」という看板が出ていた。

……この違いはなぜ生まれたのだろうか。……

戦後にユーゴスラビア人の多くは「俺はドイツ人と戦ったぞ」と誇ることができた。……

それに対して、オランダ人はドイツ人と戦わなかった。彼らは従っただけであり、そこが韓国人と同じなのである。


「中国4.0 暴発する中華帝国」 エドワード、ルトワック 著  p129~




中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

新品価格
¥842から
(2016/5/28 09:18時点)







ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ















関連記事