FC2ブログ

日本国内での朝鮮人の犯罪率は、他の外国人と比べてもダントツに多い

2012年5月11日、警察庁が「犯罪統計資料(平成24年1~4月分)」を発表した。


この資料では、都道府県別の犯罪検挙数が記載されているのだが、実は在日韓国人、朝鮮人など永住権を持つ外国人は全て日本人扱いでカウントされているのである。

外国人に関しては、「来日外国人」として日本に一時的にやってきた外国人の統計資料しか発表されていない。

また、国別に発表されているものは、重要犯罪・重要窃盗犯のみである。全ての犯罪者ではない。

まずは、その数を見てみよう。

1位:中国(39人)
2位:ブラジル(14人)
3位:アメリカ(10人)
4位:韓国・朝鮮(9人)
5位:フイリピン(8人)
6位:アフリカ州(8人)
7位:ベトナム(5人)
8位:インド(4人)
9位:スリランカ(4人)
10位:バングラデシユ(2人)
11位:ロシア(2人)
12位:カナダ(2人)
13位:イラン(1人)
14位:インドネシア(1人)
15位:タイ(1人)
16位:イギリス(1人)
17位:オセアニア州(1人)
18位:無国籍(1人)
-その他(17人)

(参考-警察庁-平成24年1~4月犯罪統計)





「犯罪統計資料(平成24年1~4月分)」では、在日外国人については全て日本人の犯罪の中に含まれカウントされている。

では、在日外国人の犯罪についての資料が無いかというと、最新では平成22年のものが存在する。

「犯罪統計資料」でなぜ分けて発表しないのかはよく分からない。

まず、国別の外国人犯罪者の総数と来日外国人犯罪者の総数は以下のようになる。

外国人犯罪者-来日外国人犯罪者が登録対象となる長期日本在留の外国人の犯罪者数と考えられる。

こんな面倒なことをしなくてはいけないのは、政府がきちんとした統計資料を発表してないためである。困ったものだ。


conhanzai111.jpg



cyonhabzai222.jpg



■長期日本在留の外国人犯罪者の数の順位は以下のようになる。

1位:韓国・朝鮮(3994人)
2位:中国(1252人)
3位:ブラジル(410人)
4位:フィリピン(380人)
5位:アメリカ(187人)
6位:ベトナム(132人)
7位:アフリカ州 の 国(93人)
8位:タイ(66人)
9位:イラン(24人)
10位:パキスタン(23人)
11位:インド(18人)
12位:バングラデシュ(18人)
13位:スリランカ(10人)
14位:オセアニア州の国(10人)
15位:インドネシア(7人)
16位:マレーシア(6人)
17位:カナダ(5人)
18位:国籍不明(3人)
19位:無国籍(2人)
その他(357人)




在留外国人数は2010年末のデータを使用しているが、それで犯罪発生率をみてみよう。


cyonhanzai444.jpg




韓国・朝鮮の国籍者の犯罪発生率が1位である。

2位となったアメリカ国籍者の倍以上という結果となった。



人口比でみた都道府県1位になった大阪府もかなわない0.706%という数字を出してきた。


大 阪 府(0.503%)

韓国人・朝鮮人(0.706%)





http://www.best-worst.net/news_3NJVVSMhi.html




■生活保護受給の外国人世帯が4万世帯超に増加、1位韓国・朝鮮人が全体の3分の2を独占、2位フィリピン人、3位中国人■



【生活保護を問う】外国人受給世帯4万世帯超 22年に最多更新

 今年度の生活保護費が当初予算で3兆7000億円に達し、不正受給に対する厳罰化など給付適正
化の議論が進む中、生活保護を受けている外国人の世帯が4万世帯を超え、過去最多を更新したと
みられることが30日、厚生労働省への取材で分かった。日本に永住、在留する外国人の数は横ばい
傾向だが、新たに生活保護を受ける外国人世帯は増加している。

 厚労省によると、平成22年7月現在、外国人の生活保護受給世帯は4万29世帯で、前年同期約
5000世帯増加した。昭和32年から始まった世帯別の統計では、41~61年は外国人の統計が
残っていないものの、外国人受給者の推移などから、これまでに4万世帯を上回ったことはないと
推定され、22年に過去最多を更新したとみられる。外国人が世帯主の受給者数は6万8965人
(22年平均)だった。

 法務省の統計では、日本に永住、在留する外国人は215万人前後でほぼ横ばいで推移。平成
17年から20年までは年約1000世帯のペースで受給世帯が増加していたが、21年に前年同期
比約4000世帯増。近年は特に増加傾向が加速している。

 国籍別では、韓国・朝鮮人(2万7035世帯)が全体の3分の2を占め、次いでフィリピン人(4234
世帯)、中国人(4018世帯)と続いた。


ソース:MSN産経ニュース 2012.10.1 00:38
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121001/trd12100100390001-n1.htm



ポチッと応援クリックお願いします









関連記事