【韓国】専門知識に欠ける韓国の工大卒、企業は驚き

 「電気工学を専攻したと言っていましたが、電気回路が描かれた図面を読むことができませんでした。材料工学科出身の社員に『ガラス、セラミックス、銅の中で電気が最もよく通るのは何か』と聞くと慌てます。こんなことで、どうやって世界をあっと言わせる技術を開発することができるでしょうか」

 プリンター製造メーカー代表のチェ・グンスさん(60)は、最近になって新入社員を採用する際に専攻に関する試験を実施し始めた。大学の成績も良く、TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)の点数も高い学生を選んでも、いざ専攻についてはよく知らないといったケースが多いためだ。チェ代表は「一体工業大学で何を教えているのか分からない。少なくとも研究や開発に必要な基本概念や技術などは、大学で責任を負わなければならないのではないか」と主張する。

 産業現場では「即戦力になれる人材が足りない」と、うめき声が上がっている。研究面における才能を備えた人材を採用し技術開発に投入したいが適当な人材が見つからない、というのが企業側の嘆きだ。大企業は、新入社員を採用した後、結局1人当たり数千万ウォン(数百万円)を投入して再教育を実施する。求人難に資金力もない中堅・中小企業は、泣きながら従業員を採用する羽目になる。ある中堅企業の最高技術責任者(CTO)は「修士、博士クラスはそれでも何とかなるが、学部卒で入社した社員は実務能力が事実上ゼロに等しい状態で入ってくる」ともらす。

■専攻知識に欠ける工科大卒

 産業現場では、理工系出身者の最大の問題点として「専門性の不足」を上げた。本紙が、韓国産業技術振興協会(産技協)と国内の250社に上る中小・中堅企業、大企業の役員クラスの最高技術責任者たちを対象にアンケート調査を行った結果、10人に7人(72.4%)が「引き受けた業務についてよく知らないのが問題」と回答した。専攻者との理由で採用しても業務理解度が低く、素早く適応することができないというのだ。「専攻に対する基礎知識が不足している」(31.2%)という点も指摘された。中小企業の代表を務めるAさんは「微積分もまともに理解できず、工学的概念もしっかりしていないのに、生半可な各種融合教育だけを経験した卒業生たちがたくさんいる。業務上の指示を下せば『そんなの習わなかった』としらを切るが、採用を白紙に戻すこともできず、ただただもどかしい限り」と苦言を呈す。

 企業家たちは「理工系人材の不足は誰の責任か」という質問に「大学教育にある」(48.4%)と口をそろえる。その中でも「素早く変化する技術的トレンドを反映した教育を、大学側ができていない」(53.2%)と回答した企業家が最も多かった。大多数の大学が毎年同じ試験問題を出題し、産業現場の技術的変化には目をつぶったまま毎学期全く同じ講義だけを繰り返すというのだ。学生は既出問題が掲載されたマル秘ノートを丸暗記して答案用紙を埋め、大学は実習と研究に使う実験道具や最新機械の普及には投資を拒むため、工科大生たちは4年間にわたって古い理論だけを学ぶ悪循環が繰り返されているという話だ。

産技協の関係者は「ある大企業を訪問したところ、大きなCAD(コンピューター利用の設計・製図)室が別にあるため用途を聞いてみた。すると『新入社員が6カ月間勉強する教育室』だと説明された」という。あるIT(情報技術)業者の代表は「コンピューター工学科の卒業を間近に控えた学生たちを対象に行われた特講で『コーディング(coding/コンピュータープログラミング)』をするよう言ったところ、まともにできた学生はほとんどいなかった。コーディングもできない工大卒に入社されれば、企業はどうにもならない」と話す。


■依然として進まない産学協力教育

 企業は、工科大の教授たちが企業現場に関心を持っていないことも大きな問題だ、と指摘する。企業現場にふさわしい人材を育てることは結局工科大の教授たちの責任だが、教授たちが企業をよく知らないため、まともに教育できないというのだ。韓国科学技術院(KAIST)のカン・ソンモ総長は「工科大は産業現場の問題を解決するのが先決だ。そうするためには現場の弱点を理解し協力できる部分が何なのかを把握しなければならないが、教授たちが積極的ではない」と指摘する。

 学生たちを企業現場に送って大学の実習教育を補う産学協力教育も進んでいない。浦項工科大(ポステック)のキム・ドヨン総長は「企業は自分の会社の従業員になるかどうかも分からない学生たちを教育するのが時間とコストの無駄だと考え、大学も適当な企業を探すのを煩わしく思っている」と指摘する。企業現場の専門家たちが大学で教えられるようになるまでの道のりも、ほど遠い。ほとんどの工科大が教授採用の際に現場の専門家たちにはあるわけがない論文実績を優先的に求めている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/11/2016111101415.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/11/2016111101415_2.html





ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ





★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。









関連記事