日本の国会議員 「帰化朝鮮人ネットワーク」 いったいどちらの国益を大事にするのか 

【朝倉秀雄の永田町炎上】

■蓮舫女史の問題の本質は「二重国籍」よりもどこの国の国益を考えているかだ

 金田勝年法相は10月18日の記者会見で、一般論とした上で「(原則22歳までと言う国籍選択の)期限後に義務を履行したとしても、それまでの間は国籍法の義務に違反していたことになる」と述べているが、ともあれ、一時、世間を騒がせた蓮舫民進党代表の「二重国籍問題」もやっと下火になったようだ。

 だが、そんな形式的な法律違反よりも問題の本質は有村治子前女性活躍担当相が10月5日の参議院予算委員会で「閣僚を選任するときに二重国籍かどうかチェックしない中では、二重国籍の議員が外相になれる。国家機密を守る上で法的脆弱性はないのか」と指摘しているが、問題の本質は帰化人国会議員が果たして祖国と日本のどちらの国益を考えて政治活動もするかにある。

 トランプの事実上の米国大統領当選で環太平洋経済連携協定(TPP)発効の見通しは俄然、危うくなったが、安倍内閣は成長戦略の柱と位置づけているし、日本の国益に資することは間違いない。にもかかわらず蓮舫の参議院のTPP特別委員会での安倍総理に対する質問を聞いていると、最初から反対ありきの、まるで言いがかりのような内容で、日本の国益を全く考えていないように思える。


■国会には蔓延る帰化人議員

 帰化人であることをカミングアウトしているのは蓮舫と民進党の白眞勲、旧民主党の前議員ツルネン・マルテイ、自殺した自民党の故・新井将敬くらいのものだが、永田町に筆者の友人の大先輩秘書によれば、帰化人あるいは帰化人の子孫の国会議員は元職・現職合わせて一割近くいるという。筆者が知っているだけでも30人はいるから、「一割」というのもあながち誇張ではないような気がする。


 例えば民進党のF.Tだ。F.Tについては帰化した際の法務省の「官報」がインターネット上に出回っているが、参議院憲法審査会での発言を聞いていると、益々緊張度を我が国の安全保障環境などあまり深刻に捉えていないように思える。

 彼が果たして帰化人であるかどうかの判断は賢明な読者諸氏に委ねる他はないが、そんな愛国心が希薄な人物をかつての民主党政権は国家機密に接する機会の多い外務副大臣や内閣官房副長官として政府の中枢に置いたのだから、いかにも迂闊すぎよう。

助け合う「帰化人ネットワーク」

 帰化人あるいは帰化人の子孫というのは、互いにシンパシーのようなものを感じるらしく、裏で繋がっていることが多い。いわゆる「帰化人ネットワーク」だ。ちなみに筆者は平成6年に行政マンから国会議員の秘書の世界に身を投じたが、最初に仕えたのは、旧新進党の「半島系」のI代議士出会った。無論最初は気づかなかった。

 本会議で代表質問に立つことになった折にも、後に帰化人であることを告白し、自殺した新井将敬元代議士から突然、電話があり、筆者が受けると、「党の政審会長とよく打ち合わせをしてから、質問するようにと、先生に言っておいてくれ」と懇切丁寧な助言があったことや山陰地方の某市の市長を務めたI.Tが東京都知事選に出馬した際、Iとは一見、何の縁もゆかりもないはずなのに応援に行かされ、「この連中には、いったいどういう繋がりがあるのだろうか?」と首をひねったもので、だが、その疑問はだいぶ後になって氷解した。

 件のI.Tは後に旧民主党の参議院議員となって国会に現れるが、世の中は面白いもので、筆者はごく短期間だが、彼の政策秘書を務める羽目になった。間近でよく観ると、針のように細い目と餅のように平べったい顔が韓国の某大統領とそっくりだったからだ。

■反日政治家の代表だった故・土井たか子元衆議院議長

 反日政治家の代表といえば、何と言っても故・土井たか子元衆議院議長であろう。土井は旧社会党を北朝鮮の朝鮮労働党と友党関係にするなど一貫して「北朝鮮寄り」の姿勢をとり続けた。

 また「拉致疑惑など存在しない」などと公言し、拉致被害者の一人である有本恵子さんの両親が土井氏の事務所に相談を持ちかけても、すこぶる冷淡に扱い、「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望書」が韓国政府に提出された際にも、対象者の中に拉致実行犯と目される辛光洙が含まれているのに菅直人氏らとともに署名している。

 そのために雑誌『WILL』に「帰化人」と書かれたが、訴訟では一応土井側が勝訴している。もっとも民事訴訟というのは立証の範囲でしか真実は探求しない建前だから、実際のところはわからない。

 土井の「教え子」の福島瑞穂もかなり反日的だ。石原慎太郎元東京都知事は平成12年4月19日、「与党(同時の)党首や幹部には帰化人の子孫が多い」と発言した。それに早速反応したのが社民党の当時の党首の彼女で「私の両親は日本人で、帰化などしていない」と打ち消しにかかった。本人が否定する以上、それを信じるよりあるまい。

 何より困るのは、日本にウヨウヨしている北朝鮮や中国の秘密工作員が帰化人議員を標的にして接触を試み、秘書や友人として機密情報を取ろうとすることだ。実際、脇の甘い旧民主党には餌食になった者がいる。

 いずれにせよ、有権者は彼らの祖国との「有事」の際、帰化人あるいは帰化人の子孫の議員が祖国か日本か、いったいどちらの国益を優先させるかをよく見極める必要があろう。






帰化人、あるいは帰化人の子孫の国会議員は全議員の1割はいると言われているが、彼らもまた互いにシンパシーのようなものを感じるらしく、裏で繋がっている場合が多い。永田町では、彼らのことを「半島系」とか「あっち系」とか呼んでいる。

秘書が主人を選ぶ場合、その出自はけっこう重要な問題だ。なぜなら、民族が違うとなかなかわかり合えず、本当の信頼感を作るのが難しいからだ。それと帰化人議員には、密かに日本人の秘書に敵意を抱いている者も少なくない。酒が入るとつい本音が出て、秘書を虐めにかかることがあるという。

筆者の友人のある政策秘書などは、N氏がまだ衆議院議員だった頃、「俺の爺さんは日本に強制連行された。爺さんが日本人に虐められたことを考えれば、俺がお前らを虐めて何が悪い」などとしつこく絡まれたという。

ちなみに、行政マンから国会議員の秘書に転じた筆者が最初に仕えたのは南だか北だかわからないが、とにかく「半島」を祖国に持つ帰化人議員であった。むろん、最初は気づかなかったが、交友関係が明らかに元からの日本人とは思えない人物ばかりだし、筆頭秘書が「代議士はしばらく海外だ」と言うので、「どこへ行かれたんですか?」と尋ねると、「先祖の墓参りだよ」という答えが帰ってきたので、ピンときたわけだ。

帰化人や帰化人の子孫も出自がどうであれ、法的には日本人だから、国会議員として日本の国政の枢機に関わっても別に問題はない。しかし日本のように周辺に反日感情の強い国がある場合、「祖国」と「日本」の利害が対立しかねない。

あるいは「有事」が起こった場合に、帰化人にして政権の中枢にある者がはたしてどちらの国益を優先させるか予想がつかないと筆者は考えている。ある古参秘書によると、全議員の1割、70名くらいはいると言う。筆者が知っているだけでも20名はいるから、あながち大げさでもないような気がする。

文・朝倉秀雄(あさくらひでお)
ノンフィクション作家。元国会議員秘書。中央大学法学部卒業後、中央大学白門会司法会計研究所室員を経て国会議員政策秘書。衆参8名の国会議員を補佐し、資金管理団体の会計責任者として政治献金の管理にも携わる。現職を退いた現在も永田町との太いパイプを活かして、取材・執筆活動を行っている。
著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。最新刊『平成闇の権力 政財界事件簿』(イースト・プレス)が好評発売中。


http://dailynewsonline.jp/article/1237086/







■民主党 元内閣官房副長官は帰化朝鮮人 ⇒ 福山哲郎こと、陳哲郎 ■

★国会議員に90人以上成りすましや朝鮮人がいる★

私が「国会議員に90人以上成りすましや朝鮮人がいる」と聞いたのは、民主党内で誰もが頭が上がらない大ベテランの女性秘書本人。個別の名前も何人も聞いている。こういうだけでどこの誰かわかる人はすごいが、まぁヒントを出せば、小沢一郎の最初の女性秘書である。そんな人が言ってるんだから、鉄板ですわ。

官報の実物⇒http://ameblo.jp/hironk2005/entry-10629778531.html

陳哲郎こと 福山哲郎 S37年1月19日生  S50年8月19日帰化 

民主党の内閣官房副長官の福山哲郎ですよね。たしかに誕生日が一緒です。彼のプロフィールを見ても、京都の高校にいったとあるも、その前は不明。

別に帰化しててもいいですよ。売国じゃなければ。でも、大体こういう帰化朝鮮人って、外国人参政権に賛成して、朝鮮にカネ払うの大好きなんだよね。そうして立候補の時の「経歴」には、はっきりと「何年に帰化した」と記載すべきですよ。

http://xn--nyqy26a13k.jp/wp-content/uploads/2015/10/1554464_1238244486201704_538179849719587995_n.jpg

■福山哲郎(帰化前は陳哲郎)が政治家としてやってきた事■
1999年、国旗及び国歌に関する法律案の参議院本会議における採決で反対票を投じた
2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出する際、提出者の1人に名前を連ねた。
選択的夫婦別姓制度の導入に賛成







岩國 哲人(いわくに てつんど、1936年7月11日 - )

日本の政治家。自由民主党政務調査会顧問。
衆議院議員(4期)、
島根県出雲市長(1期)、
民主党副代表を歴任。

2009年5月に韓国東西大学経営学部の「碩座教授」に就任[4]。同年10月、日本の住友化学と世界最大のサウジ石油会社サウジアラムコ社が共同で出資した「ペトロ・ラービグ社」が整備・建設を進めてきた、総費用1兆円の石油化学プラントの完成記念式典に内閣総理大臣・鳩山由紀夫の特使として派遣された。

この式典はサウジアラビアの最高権力者である国王アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズの出席も予定されており、日本政府として原発メーカーを売り込む機会など、温室効果ガス排出量大幅削減を国際的に表明していた鳩山内閣にとっても重要であった。

しかし、国際的には無名でサウジアラビアに人脈もなく、政府の要職に就いているわけでもない岩國が政府特使として派遣されたため、サウジアラビア政府は外交プロトコル上、不相応であるとして国王の出席をキャンセルした。なお、経済産業省は当初、アラブ地域に人脈を持ち、かつて丸善石油(現コスモ石油)に勤務していた元首相・福田康夫の派遣を政府に対して強く求めていた[5]。

2010年、自由民主党政務調査会顧問に就任。政敵である民主党の重役を務めた人物を起用するという異例の人事で、自民党政策調査会長の石破茂に請われての就任である。

2013年11月、秋の叙勲で旭日重光章を受章した。

所属していた団体・議員連盟
憲法調査推進議員連盟
梅振興議員連盟
朝鮮半島問題研究会(会長)
日朝国交正常化推進議員連盟 (副会長)民主分権の会
リベラルの会
民主党娯楽産業健全育成研究会
スポーツ議員連盟
高速道路建設推進議員連盟
国際連帯税創設を求める議員連盟
活字文化議員連盟
林業振興議員連盟
日本アイスランド友好議員連盟
日中友好議員連盟
日韓議員連盟
日英議員連盟
日仏友好議員連盟
日本・アフリカ連合友好議員連盟
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟
民主党新時代娯楽産業健全育成プロジェクトチーム(顧問)
教育振興議員連盟
日本国際フォーラム



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ





★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。







関連記事