【朝鮮日報】南米駐在韓国人外交官、現地の未成年女子生徒2人にわいせつ行為


この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ




南米の韓国公館に勤務する韓国人外交官が現地の未成年者に対しわいせつな行為をした疑いを持たれ、事情を聞かれていることが分かった。

これは、韓国外交部(省に相当)当局者が16日、「南米のある国の韓国大使館に勤務し、現地の子どもたちを対象に韓国語を教えていた文化業務担当外交官が、10代初めから半ばの女子生徒2人にわいせつな行為と見なせる物理的な接触をしたことが分かり、内部監査を進めている」と述べたものだ。

外交部によると、最初のわいせつな行為は今年9月に発生、女子生徒が現地放送局に情報提供したという。

放送局は別の未成年女子生徒を「韓国語を学びたい」として接近させ、 今月初めに外交官が女子生徒に対してわいせつな行為をする様子を隠しカメラで撮影したことが分かった。

この映像は近く、現地で放送される予定だ。

外交部は、この外交官に職務停止措置を下し、真相解明に着手した。 そして、事実関係を確認した上でこの外交官を帰国させ、懲戒処分手続きを踏むとのことだ。

外交部関係者は「事実関係が確認されても外交官の免責特権があるため、現地の法律に基づいて起訴されることはないが、現地司法当局の調査には積極的に協力するつもりだ」と語った。

在外公館に勤務する現職外交官が未成年者へのわいせつ行為で容疑を持たれるのは今回が初めてだとのことだ。


2016/12/17
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/17/2016121700408.html




チリで未成年者セクハラで波紋を起こした韓国外交官が12歳少女に送った文字内容が公開されて衝撃を与えています。中略

文字内容は衝撃的でした。パク某参事官は未成年者である12歳の少女に「私のXXを触りたいの?」という性的な 内容の文字を送り、自分たちの関係は不適切であると思ったのか「秘密にしよう」という言葉も残したことが確認されました。

またパク某参事官は自分に韓国語を学ぶ女学生に、外交官地位を利用し「韓国へ行けるように手伝ってあげる」という言葉を繰り返したという証言も出ました。中略

外交部はチリ側から今回の事件と係わった捜査資料を受け、直ちにパク某参事官を刑事告発する方針です。

http://news.nate.com/view/20161223n22476



■韓国人の外交官が未成年の少女に猥褻行為

https://youtu.be/_B_nMjaxkJs




https://youtu.be/f-ODGUHclEI



韓国の外交官が、全世界に恥をさらした。駐チリ韓国大使館に勤務する男性(49)が、現地の未成年者にセクハラ行為を行っている映像が公開され、批判を免れられない状況に追い込まれているのだ。

 チリの放送局「カナル13」は12月18日、『自分のワナに陥る』というルポ番組で、この外交官が自称13歳の少女の首に手を回し、キスをしようする姿を放送した。また、少女の手首をつかんで、強引に家の中に引き込もうとする場面もあった。

 実はこの映像は、ドッキリ番組用に撮影されたもの。隠しカメラで問題のシーンを撮影していたことを知らせると、外交官は取材陣の手を握り、「お願いだから放送しないでくれ」と何度も懇願。頭を下げ続けた。

 カナル13は15日、Facebookに同番組の予告編動画をアップ。すると、すぐに映像の再生回数は63万9,000回を突破、3,800人あまりがこの動画を共有、1,900以上のコメントが書き込まれた

 韓国外交部は19日、「この事実を非常に真剣に受け止める(中略)未成年者に対するセクハラのような重大な問題に関しては、『無寛容の原則』を適用するという方針に基づき、徹底した調査と法令による厳正な措置を、迅速にとる予定」としている。

 外交部はすでにこの外交官を職務停止処分にしており、事実関係を調査し、懲戒処分だけでなく、刑事告発も検討する方針だという。外交官は駐在国で免責特権が適用されるが、現地警察の捜査にも協力する意向を明らかにした。駐チリ韓国大使館は20日、大使名義で謝罪文を発表している。

 なおこの外交官は9月、14歳前後の現地少女に韓国語を教えるふりをして、セクハラまがいの行為をしているという疑惑が持ち上がっていた。今回の放送は、その被害少女の告発を受けたカナル13が、20歳の女優に未成年者のふりをさせて撮影したものだった。

 悪代官を成敗したチリの放送局に、賛辞を送りたい。

http://www.cyzo.com/images/channel13.jpg
http://www.cyzo.com/2016/12/post_30792_entry.html








この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



関連記事