朝日新聞が、皇后さま78歳の誕生日に「両陛下の葬儀方法の見直しについて…」 宮内庁「慶祝する日に適切ではない」

■皇后さま、78歳の誕生日に朝日新聞が「両陛下の葬儀方法の見直しについて…」質問 宮内庁「慶祝する日に適切ではない」■





【北野隆一、島康彦】皇后さまは20日、78歳の誕生日を迎え、宮内記者会の
質問に文書で回答を寄せた。天皇陛下が2月に冠動脈バイパス手術を受けた後、
「一時は本当によくなるだろうかと心配しましたが、春の日ざしが感じられる
ころからご回復のきざしが見えました」と振り返った。

■皇后さまの文書回答全文

3月の東日本大震災1周年追悼式に陛下が出席できたことを、「何よりも
安堵(あんど)しました」と述べた。陛下の健康を考え、毎朝一緒に散策するほか、
食事に炒(い)り豆腐などの手料理を添えることもあるという。

ご自身の体調については「痛かったり、不自由の感じられる体」
と表現。宮内庁によると最近、起床の際にかなり強い腰痛があるが、
早朝、陛下と一緒に散策することで軽減するという。昨年夏に
頸椎(けいつい)症性神経根症で左肩から左手にあった強い痛みは解消したが、
現在も左指先に軽いしびれを感じるという。宮内庁は「長年お体を
酷使された影響」として「これからはもう少し休養をとっていただくよう考えなくてはなりません」と述べている。

 東日本大震災による2700人以上の行方不明者の家族の心労や
放射能の影響下にある福島県の人々の不安を思いやり、「人々が安全で安定した
生活ができるよう願います」とつづった。

ロンドン五輪やパラリンピックでの日本選手の活躍を「心楽しい興奮と、少し眠い数週間を
贈ってくださいました」とたたえ、山中伸弥教授のノーベル賞受賞を喜び、
「山中さんの研究に業績が重ねられ、難病の患者や苦しむ人々の幸せにつながるよう願います」と記した。
シリア内戦取材中の山本美香さんの死亡を「日本の女性ジャーナリストの惜しまれる死」と悼み、
大相撲での新横綱誕生に触れ「一人横綱を務めた白鵬関の長い間の苦労を思っています」とねぎらった。

 5月開業の東京スカイツリーに触れ「陛下と散策中、ビルの上に少しずつ姿を現し、
完成に向かう姿を見ました。大工事が大きな事故もなく終了し安堵と誇りを覚えます」と記した。

記者会は皇后さまに対する年1回の質問の機会である今回、両陛下の意向を受けて
宮内庁が葬儀方法の見直しを検討することについて尋ねた。宮内庁の判断で回答は示されず、
別の機会に伝えるとした。宮内庁は「質問は両陛下のご喪儀に関することで、
皇后陛下の誕生を慶祝する日に適切ではない」と説明している。



http://www.asahi.com/national/update/1019/TKY201210190583.html







ポチッと応援クリックお願いします








関連記事