【この本読むべし】China 2049 マイケル・ピルズベリー (著),

China 2049 単行本 – 2015/9/3

マイケル・ピルズベリー (著), 森本 敏 (解説), 野中 香方子 (翻訳)






北野幸伯氏も推薦


内容紹介

本書はCIAのエクセプショナル・パフォーマンス賞を受賞した マイケル・ピルズベリーの経験に基づいて書かれたものだ。
「パンダハガー(親中派)」のひとりだった著者が、中国の軍事 戦略研究の第一人者となり、親中派と袂を分かち、世界の覇権を目指す中国の長期的戦略に警鐘を鳴らすようになるまでの驚くべき記録である。

本書が明かす中国の真の姿は、孫子の教えを守って如才なく野心を隠し、アメリカのアキレス腱を射抜く最善の方法を探しつづける極めて聡明な仮想敵国だ。

我々は早急に強い行動をとらなければならない。
──R・ジェームズ・ウールジー(元CIA長官、民主主義防衛財団会長)




1990年代後半のクリントン政権時代、著者のマイケル・ピル ズベリーは国防総省とCIAから、中国のアメリカを欺く能 力と、それに該当する行動を調査せよと命じられた。著者は諜報機関の資料、未発表の書類、中国の反体制派や学者への インタビュー、中国語で書かれた文献をもとに、中国が隠し ていた秘密を調べはじめた。

やがて見えてきたのは、中国の タカ派が、北京の指導者を通じてアメリカの政策決定者を操 作し、情報や軍事的、技術的、経済的支援を得てきたという シナリオだった


これらのタカ派は、毛沢東以降の指導者の耳に、ある計画を吹き込んだ。それは、「過去100年に及ぶ屈辱に復讐すべく、 中国共産党革命100周年に当たる2049年までに、世界の経済・軍事・政治のリーダーの地位をアメリカから奪取する」とい うものだ。

この計画は「100年マラソン」と呼ばれるようにな った。共産党の指導者は、アメリカとの関係が始まった時から、この計画を推し進めてきたのだ。そのゴールは復讐、つまり外国が中国に味わわせた過去の屈辱を「清算」することだった。




本書は、ニクソン政権からオバマ政権にいたるまで、米国の対中 政策の中心的な立場にいた著者が、自分も今まで中国の巧みな情報戦略に騙されつづけてきたと認めたうえで、中国の知ら れざる秘密戦略「100年マラソン」の全貌を描いたものだ。
私たちは、近くて遠い超大国、中国のことをあまりに知らなさ すぎる。本書には、日本に関する言及も随所にあり、この先 数十年の世界情勢、日中関係、安全保障、そしてビジネスを通すうえで欠かせない知識と情報がふんだんに盛り込まれ ている。




内容(「BOOK」データベースより)

米国を出し抜き、2049年に世界覇権を握るための秘密戦略、中国「100年マラソン」の全貌。

著者について

マイケル・ピルズベリー Michael Pillsbury
ハドソン研究所中国戦略センター所長。国防総省顧問。スタンフォード大学卒業、コロンビア大学大学院博士課程修了。リチャード・ニクソン からバラク・オバマにいたる政権で対中国の防衛政策を担当。ランド研究所分析官、ハーバード大学リサーチフェロー、上院の四つの委員 会のスタッフを歴任。外交問題評議会と国際戦略研究所のメンバー。
ワシントンD.C.在住。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ピルズベリー,マイケル
ハドソン研究所中国戦略センター所長。国防総省顧問。スタンフォード大学卒業、コロンビア大学大学院博士課程修了。リチャード・ニクソンからバラク・オバマにいたる政権で対中国の防衛政策を担当。ランド研究所分析官、ハーバード大学リサーチフェロー、上院の四つの委員会のスタッフを歴任。外交問題評議会と国際戦略研究所のメンバー。ワシントンD.C.在住





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







関連記事