世界各国のホテルマネージャーを対象に行った国別観光客のイメージ調査において、日本人が3年連続で『世界最良の旅行客』に選ばれた。

米エクスペディアホールディングスが世界各国のホテルマネージャーを対象に行った国別観光客のイメージ調査において、日本人が3年連続で『世界最良の旅行客』に選ばれた。


  日本人観光客は「礼儀正しい」、「行儀の良さ」、「部屋をきれいに使う」、「騒がしくない」、「不平不満が少ない」の5項目において一位を獲得しての受賞であったが、『日本人のマナー』は世界各国で定評があるようだ。


  この『日本人のマナー』について、中国人ブロガーの遠足氏が「なぜ日本人観光客は歓迎されるのか」とする文章を自らのブログに掲載した。


  遠足氏は九州にキャンプに出かけた際の出来事を綴る。「友人たちとバーベキューをした際、食べて飲んでの大騒ぎをした。翌日に私が目を覚ますと、皆がすでに起床していたばかりか、前日の後片付けをしていた。キャンプ場は原状を取り戻したばかりか、ゴミはまとめて車に乗せて持ち帰った」と語り、「キャンプ場の経営者の立場であれば、こうした客がいることは幸せなことだと思った」と綴る。


  続けて氏は、上述のエクスペディアホールディングスによる調査結果を掲載した上で、「個人的経験に照らし合わせて言えば、日本人が3年連続で一位を獲得した結果は偶然ではない」と結んでいる。

  日本人観光客のマナーの良さには定評があるようだ。ちなみに同調査のワースト一位はフランス人観光客、ワースト三位が中国人観光客であった。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1015&f=national_1015_001.shtml







■欧州でも嫌われ者の朝鮮人…多くの店では韓国語で「韓国人御遠慮願います」■

以前、出張でドイツに来た(韓国の)大企業の幹部たちを案内したときのことを
思い出すと今でも顔が赤くなる
コンビニエンスストアに入ったとき、ここは禁煙だというと床にタバコを投げ捨てて
「先進国なのに、なんて不便なんだ」といい、高層ビルが少ないのを見て
「ずいぶん貧しいんだな」などど、見当違いの不遜な態度をとる。

★実際、ヨーロッパの有名な観光地の多くの免税店では…韓国語で「韓国人御遠慮願います」
と書いてあるし、多くのホテルでは韓国人の団体客を受け付けないのが現実である。

        ◆「英語は絶対勉強するな」 P97 鄭 讃容 著…より◆




■外国で悪い事するときは「私は日本人です」という…韓国のTV番組で大爆笑…■

★  http://youtu.be/_UXvKDGZnA8


チョーセン男A: 外国で悪いことする時は「私は日本人です」というんだよな(得意げな顔で…)
チョーセン女A: …爆笑
会場のチチョーセン達: …会場 大爆笑
チョーセン男B: 他人の足を踏んだら「日本語で…スミマセン…と言うんだよ」(得意気に…)
会場のチョーセン達: …会場 さらに爆笑
番組の司会者のチョーセンC: …小さな愛国心ですね(笑)
番組の司会者のチョーセンD: ええ、小さなね…(笑)

★「チョーセンジン」という生物の生態がよくわかる番組ですね(笑)





■夏の有る日、ホテルのコーヒーショップに入った。すると一番奥のテーブルでホテルの警備員と何人かの客が英語を
使って口喧嘩をしていた。姿格好や英語の発音から彼等が韓国人であることは一目瞭然だった。
おそらくウェイトレスをからかったために警備員が駆けつけたらしい。すると赤いポロシャツを着た男が
「アイ・アム・ジャパニーズ!」と英語で喚き、一緒にいた仲間たちも大声を張り上げては相槌を打った。
そのうち眼鏡をかけた男が「この中国人野郎。俺達が日本人だってことがわかっているのか?」と韓国語のソウル言葉を
口にした。やはり思った通り、彼等は本当は韓国人だったのだ。

…『韓国人よ、常人になれ』 金文学 著より…




ポチッと応援クリックお願いします











関連記事