民進党・蓮舫代表「都合の悪いことは幕引きする姿勢に断固として異議を唱えます。理由も堂々と語っていただきたい」



この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ




■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。





★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★







予算委の集中審議は今後も必要だと考えるのか

共同通信:共同通信の〓トヨ** 00:09:53〓です。予算委の集中審議についてなんですけれども、与党側が天下りの集中を拒否、あまり前向きではないということなんですけれども、森友問題ですとか天下りの幕引きを狙っているというふうにみられるんですけれども、民進党としての考えと、あと予算委とか決算委の集中審議が今後も必要だと考えるかどうかをお願いします。

蓮舫:政府にとって都合の悪いことはもうこれで終わりだと、幕引きをする姿勢には断固として異議を唱えます。森友の問題も、あるいは天下りの問題も、これは国民の極めて関心の高い事項であります。しかもその案件としては国有地の払い下げ、あるいは文科省が省庁を挙げて違法な再就職をあっせんしていたという事実でありますので、やはりこれは集中を、予算委員会で開いていただいて国民の前でしっかり立法府としての役割を果たすことが大事だと思っています。与党がこれを拒否するというのは実際に予算委員会開かれているときに天下りの調査は今から行いますからということで、結果が出たときには集中を開いてくださいという筆頭間での約束がありました。これは衆議院でも参議院でもです。

ですから、このことをほごにするというのであれば、その理由も堂々と語っていただきたいとも思いますが、まずは予算委員会の集中審議を開いて天下り調査の結果を受けて何が事実で何が問題で、どういうふうに改善策を講じたのかをしっかり明らかにしていただきたいと強く、これも引き続き要請をします。

司会:はい、その他、いかがですか。〓カ** 00:11:33〓さん。

日本が核兵器禁止条約に参加しないことについて

記者1:〓ウィ****カ* 00:11:39〓です。蓮舫さんがいろいろ言われたことはまったく私はそのとおりだと思うんですけども、やっぱり数の力でなんでもできるんだっていう感じでぐいぐい押していって、ただそれに対してうまく対抗できないことに対しての少なからぬ国民がじれったさを感じているんじゃないかと思うんですね。何から手を付けていいかっていう順番があると思うんですが、まず優先順位ですね。いろんなものがあるんだけどもその優先順位をどう考えてるかっていうことを教えていただきたいなと。

あとこれは具体的な質問なんですが、やっぱり今、国際的な問題では核兵器禁止条約、唯一の被爆国の日本がこれに参加しない、これで核保有国が参加しないからっていうんでまったく核保有国側についてしまったことについては内外、外国からもいろんな批判があります。これについて、どのように効果的にこれに対抗していくかっていうことで何かご所見があれば。この2点、お願いします。

蓮舫:優先順位は明らかです。現段階においてはまさに今夕に文科省から天下りの調査が出ますので、衆参の予算委員会で天下り調査結果を受けた集中審議を開く。同時に安倍昭恵さんの国会への招致、これを行って事実を明らかにしていきたい。それ以外にも同時進行でやらなければいけないことはありますが、それは通常の国会の活動として行っているところであります。

ご指摘の核兵器禁止条約について、わが国が参加をしないと表明したことは極めて遺憾です。特に国連で、被爆された方がスピーチをされた。これはやはりとてもとても尊くて重い言葉だったと、私も一部ですけれども拝聴させていただきそのように思いました。去年のオバマ大統領の広島の訪問も受けて、やっぱり私たちは唯一の被爆国として核兵器なき世界を求める、その橋渡しの役を担う、その責任を有しているという立場だったと去年までは政府もそうだったと私たちは承知していますので、どこで変わられたのか。なぜ変わられたのか。やはりその部分は納得ができないものがありますので、このことはまた国会の中でもきっちりやり取りはさせていただこうと思います。

THE PAGE 3/30(木) 16:24
https://headlines.yahoo.co.jp:443/hl?a=20170330-00000011-wordleaf-pol&p=1



蓮舫は自分の二重国籍について、日本の国民に納得のいく説明をすべき

◆蓮舫は 「100年に一度の災害に備えるのは無駄 」 と言い放ち、  安全保障、防災耐震、備蓄(原油・塩)、除雪、科学技術費等々 日本の国体を弱体化させる方向に仕分けしまくった

■二重国籍議員「蓮舫」の主な実績■

・日本の防災予算を大幅削減
・アメダス観測削減
・スーパーコンピュータ予算を大幅削減
・宇宙事業予算を大幅削減
・自衛隊人員増員却下
・自衛隊装備(制服や弾薬など)を中国発注案
・離島振興事業削減
・ノーベル医学賞山中教授の再生医療研究を三分の一に削減
・ノーベル物理学賞梶田先生のニュートリノ研究予算削減
・海上保安官署設備経費削減
・南極観測の予算が大幅に圧縮 基地の備蓄燃料危機に
・スポーツ振興基金仕分けでなでしこジャパン極貧生活へ

※仕分け総額約1兆円、中国に黄砂対策費として1兆7千億円
※尖閣衝突事件の際に領土問題化させようとする

★小池百合子@ecoyuri
中共の「日本解放工作要綱」にならえば、事業仕分けは日本弱体化の強力な手段。
カタルシスを発散させながら、日本沈没を加速させる…。
2009年11月27日 - 0:01



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。





関連記事

0 Comments

Post a comment