「戦争にチャンスを与えよ」(ルトワック著)が発売されました。決して「戦争をしろ」というものではありません。この真意は「介入すると戦争が長引く」という、いわば「戦争不介入論」


┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2017年04月22日「戦争にチャンスを与えよ」(ルトワック著)が発売されました。
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【Youtube無料動画 再生リスト】

▼「戦争にチャンスを与えよ」
 エドワード・ルトワック著(文春新書)
 を訳者:奥山真司が徹底解説
https://goo.gl/BBiJvg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□






おくやま です。

すでにご存知の通りの新刊のご紹介です。

『戦争にチャンスを与えよ』エドワード ルトワック著

すでに予約の段階で
どこかのカテゴリーで一位でしたが、
発売日から好調でして、
この手の本としては珍しく
100位以内にランクインされております。

まずは目次ですが、以下のようになっております。

日本の読者へ──日本の新たな独立状態と平和

1 自己解題「戦争にチャンスを与えよ」
2 論文「戦争にチャンスを与えよ」
3 尖閣に武装人員を常駐させろ──中国論
4 対中包囲網のつくり方──東アジア論
5 平和が戦争につながる──北朝鮮論
6 パラドキシカル・ロジックとは何か──戦略論
7 「同盟」がすべてを制す──戦国武将論
8 戦争から見たヨーロッパ──「戦士の文化」の喪失と人口減少
9 もしも私が米国大統領顧問だったら
──ビザンティン帝国の戦略論
10 日本が国連常任理事国になる方法

訳者解説(←私が書いてます)

タイトルですが、これはもともと1999年に
ルトワック自身がフォーリン・アフェアーズ誌に発表した
論文のタイトルから元になっておりまして、
決して「戦争をしろ」というものではありません。

すでに簡単な書評をお書きになっている方も気づいておりますが、
この真意は「介入すると戦争が長引く」という、
いわば「戦争不介入論」でありまして、
その矛先はNGOや国連などの
戦争の当事者ではない「第三者」に向けられております。

ところがあまりにも日本語版のタイトルが刺激的なせいか、
すでに出版社の方には発売前から
「お前らはなんつータイトルの本出すつもりだ!けしからん!」
とのお怒りの電話があったとか(苦笑

朝鮮半島情勢がきな臭くなっている点で、
本書の第5章の「北朝鮮論」は結果的に
実にタイムリーなものとなっておりますが、
あとがきにも書きましたとおり、
すでにインタビューは昨年10月半ばに行われておりまして、
その時に語っていた内容を編集したものです。

全体的にはすでに発表した論文(2章)のほか、
インタビューを中心に構成しておりますが、
講演録なども参考にしておりまして、
ルトワックの戦略家としての「世界観」(worldview)を
じっくり披露してもらうことを念頭において構成してもらいました。

インタビューの文字起こし自体は
昨年の12月の時点で終えておりましたので、
私はその内容をすでに忘れている部分もあったのですが、
編集段階であらためて読み直して気づいたことがあります。

それはルトワックが深刻なトピックを語っている最中に、
ちょくちょく「ネタ」を投入してくる、ということです。

すでにお読みになられた方はお気づきでしょうが、
金正恩のヘアスタイルに言及している箇所や、
ホルブルックに対する肘鉄の話、
それにCNNのアンカーに対する意見など、
本気なのか冗談なのかもわからないような
コメントを定期的に使ってくるのです。

個人的に最も気に入っている章は、
なんといってもルトワックの戦略論の神髄を
説明した第6章から第7章にかけてでして、
この戦略のメカニズムの説明が
最もしっくりきたと思っております。

もちろん生々しい戦略論の議論であるために、
かなりの議論を巻き起こしそうな内容ですが、
あとがきにも書いたとおり、この本の主眼は、
読者に知的挑戦を突きつけて考えさせる
という点にあると思います。

第2章をのぞけば、全般的には語り言葉で
できているので読みやすいはずです。
ぜひ戦略家の世界観を味わっていただければと思います。

紙面の都合で、残念ながら
省略したエピソードがいくつかあるのですが、
それについては後ほど別の場所で
披露していけたらと考えております。

ということで、知的興奮を受けること間違いなしです。
ぜひ書店でお見かけしましたらお手にとってみてください。

( おくやま )

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼ルトワックから学ぶ 究極の戦略

世界三大戦略思想家の一人である
エドワード・ルトワック氏の現在まだ日本で公開されていない論文まで、
ほぼすべてをチェックした奥山先生が、ポイントを大きくまとめたCD講座を作り、
戦略の立て方と注意点を簡潔にまとめました。

内容は以下のようになります

1:ルトワックとは何者か(約11分)
2:『中国4.0』第6章解説(約60分)
3:ルトワックの戦略論7つのポイント(約65分)
(合計約135分)

・・・続きはこちらから↓

http://www.realist.jp/cgel.html


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼「奥山真司のアメ通LIVE!」番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "マネー/株式/投資情報"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
http://www.mag2.com/w/0000228369.html  日刊

日々心安らかに暮らすための珠玉の言葉から、政治・外交・安全保障、グロー
バル・マーケット、そして誰も語らない「世界の真実」まで元キャリア外交官
でリスク・戦略シナリオ構築と企業人財育成の専門家、そして経営者でもある
代表・原田武夫が平日毎日書き下ろす無料メルマガ。「教養」「経営」「投資」
「人財育成」そして明日への希望を抱くためのメッセージが満載!特別の催し
物のご案内もいたします!

★発行者webもご覧ください↓
http://www.haradatakeo.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『マネーボイス』オススメ記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「10年に1度の暴落」で生き残る投資家と消える投資家の違いは?-PR-
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f5cb1e8c584

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『まぐまぐニュース!』人気記事TOP3
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日台関係は揺るがず。台湾の日本人像を破壊した犯人とその後ろ盾
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f842416e2f7

●こども保険に騙されるな。国民に負担させる「見えない税金」の典型
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f842416fe50

●屈辱の容認。なぜ中国は北朝鮮をあっさり捨てたのか?
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f8424172949

まぐまぐニュース!: http://i.mag2.jp/r?aid=a58f8424175828
2万人が創るニュースサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽注目の著者 独占インタビュー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●早川正士氏「“地震は予知できない”は地震学者の結論。我々の考えとは違います」
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f0b17d8bd0d

●高城剛氏「いくらあれば、どの国に移住できるか?今はデュアルライフの時代です」
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f0b17d8d862

●池田清彦氏「地震より怖いのは破局噴火だよ。火砕流は海を渡るし、山も登る」
http://i.mag2.jp/r?aid=a58f0b17d8ebea




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







関連記事

0 Comments

Post a comment